先日アサリくんが
私の実家の父とふたりでりに出掛けました
誘ったのは、父の方。

元々その日は、私とアサリくんとで
チャイルドシートを見に行く約束をしていて、
もう出産まであまり日が無いこともあって
正直どうしようか迷ったのですが…、

父とアサリくんの休みが合うこと自体が珍しいし、
さらにその日が釣りに適したお天気であることも珍しいし、
何よりアサリくんと一緒に行けたら
父も嬉しいだろうと思ったので、
「せっかくだから行っておいで。」
と、父にアサリくんを譲ることにしました


:::::

待ち合わせは、私の実家に3:30頃。
仕事から帰宅して、
仮眠もせずに父を迎えに行ってくれたアサリくん。

各自が自分の車で現地に集合にするか、
アサリくんが父を迎えに行って一台の車で行くか…、
悩みどころではありましたが、父曰く
「仕事終わりでここまで来るのだけ
ちょっと辛いかもしれないけど、たぶん一台の方が楽。
後は私が運転してあげることもできるから。」
と、アサリくんを気遣ってくれてそうなったようです。
あとはサンドイッチとおにぎりも、
父が手作りで用意してくれていました

翌日のお昼には帰ってきましたが、
ふたりで楽しい釣りが出来たようで、
そんな様子を想像すると私まで嬉しくなりました

ちなみに私はちょっとおかずをと思い、
「とり天」と「卵焼き(明太子入り)」を
持って行ってもらったのですがそれを食べた父が


「実家にいる時は料理なんて全然しなかったのに、
まゆりんこは、腕を上げたなぁ。」

と言っていたそうです
やったー。
料理上手な父から褒められると嬉しいです。

でもやっぱり一番嬉しかったのは、
アサリくんが親孝行をしてくれたことかな。
自分の親を大事にしてくれるパートナーって素敵ですね。
私の母も先日LINEで話していた時に、
「娘婿は2人とも最高で幸せ。」と言っていました。
(もうひとりは、妹の旦那さんのこと。)

前の結婚の時には、
私に男性を見る目がなかったせいで
心配をかけたり辛い思いばかりさせてしまい、
そんな事を思わせてあげられなかったので、
遅咲きながらホっとしました



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.19
「不満」と言えば語弊があるのかもしれないけれど、
ここのところ何だか
アサリくんに対してモヤモヤしていることがあって、
だけどそれを口に出すのは、避けていました。


最近、義弟(三男)からDSを借りたアサリくんは、
ここのところ時間さえあればゲームばかりで、
仕事から帰宅して食事を終えたらゲーム。
そこからは寝るまでは、ずーっとゲーム。
当然、会話もほとんどありません。

一方私はと言うと、
出産と入院を控えて準備しなければいけないこと、
調べなければいけないこと、
勉強しておかなければいけないこと、
買い揃えるにあたり
選ばなければいけない物なんかがたくさんあって。
ただでさえ出産が近付いてきた不安を抱えながらだから、
なんだか精神的に追い込まれてしまっていました


だけど。


アサリくんは、一日中外でお仕事を頑張ってくれていて、
おうちに帰ってきてやっと自分の時間がとれるわけだから、
帰宅してから寝るまでくらいは、
自分の好きなことをしてリラックスしてもらいたい、
とも思うので、ゲームばっかりしていることを、
責めたことはありませんでした。


ただ、一緒に決めたいなと思っていることはありました。
例えばチャイルドシートとか、
ふたりで相談しながら決めたいことも色々あって。

病院からもらった資料についても、
「『ご主人にも目を通してもらってください』
って言われたから、また時間のある時に読んでね。」
と伝えても、それに目を通してくれたことは一度もないし。

決してそんな事は無いのだろうけれど、
私の妊娠・出産に関して無関心のような、
そんな気がしてしまう瞬間が出てきて、
ある日そんな感情が爆発して、
気付いたら涙がバーっと溢れて泣いてしまったのです。


私の涙に気付いたアサリくんが、
「どうしたん?」と聞いてくれたけれど、
話せば彼を責めてしまう言葉が出てしまう気がして
最初はずっと黙っていました。

でもアサリくんもずっと
私と向き合った位置に座ったままで
私が話し出すのを待ってくれていたので、
今私が何を感じているのかを伝えないといけないと思い、
泣きながら訴えました。


「最近ずっとゲームばかりしてる。
でも一日お仕事を頑張ってくれているわけだから、
帰宅してからの時間くらい
好きに過ごさせてあげたい気持ちもあって、
言いたくなかった。

だけど仕事から帰ってきたらゲームで、
休みの日は釣りに出掛ける。
だったらアサリくんは一体いつ、
この件について時間を取ってくれるんだろう?
って考えてしまう。
 
例えばチャイルドシートは
私が自分で好きなのを自由に選べば良いって
思ってくれているの?どう考えているんだろう?

病院からもらった資料も、
時間のある時に読んでねって声をかけたけど、
一度も読んでくれたことないよね?
私がその資料を一旦回収しちゃったから
見やすい環境を作ってあげられていなかったのも悪いけど、
「あの資料どこにあるの?」
って聞いてくれたことすら無いのも悲しかった。

立ち合い出産って、
ただ横で傍観者になることを言うんじゃないんだよ?
一緒になって頑張ることを言うんだよ?
もしも私がアサリくんの立場だったら、
自分は何をすれば良いんだろう、
その時自分には何が出来るんだろうって
予め色々調べておきたくなるから、
人それぞれそのへんの感覚は違うのかもしれないけど、
なんだか出産に関して無関心のように思えて、
何もかも私ひとりに押し付けられているような気がして
悲しかったぁぁああああ


というようなことを、伝えましたw



アサリくんは、
「そんな思いをさせていたなんて悪かった。
もっと配慮するべきだった。
でも決して無関心というわけではない。」
というようなことを言っていました。

そしてその次の日から、
「チャイルドシート色々見てみてんけどさー。」
なんて話しかけてくれるようになって、
単純と言うか素直というか、可愛い人だなぁと思いました


ちょっぴり気が利かないところもあるけれど(汗)、 
言えば分かってくれる人なんだよね。
だったらそれで十分だなって思いました。

(元夫がそうだったように)
相手を尊重することなく、
自分と違う意見は頭ごなしに全否定する人もいるから、
ちゃんと他人の意見にも耳を傾けられるアサリくんは
やっぱりいい旦那さんなんだろうな、と思います。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.19
少し前にアサリくんの叔父さまに
大変豪華なディナーをごちそうになった、
という記事をUPしていましたが、その件に関連したお話です。

【過去記事はこちら↓】
ミシュラン1つ☆のお店で、贅沢ディナー。


:::::

お会いした当日は、
何かと周囲に気を遣ってしまう私の性格を見抜かれたのか、


「叔父になんて気遣ってたらアカン。
遠慮してたらアカンで!!」

と事あるごとにそう私に言ってくださって、
割とそれが真剣なトーンだったので、
叔父様はきっと気を遣われるよりも
喜んで素直に甘えられた方が嬉しいのだな
という気がしていました。

「家族なんやから。」と言ってくださったりもして、
かしこまった雰囲気よりも、
フレンドリーな方がお好みなのかな、とも。


:::::

そんな叔父さまには
プレゼントをいただいたりお食事をごちそうになったりと
大変お世話になった一日だったため、
何かお礼の品をお送りしたいと思ったのですが、
そんな叔父さまの性格を考えたり、
お会いした当日に従業員の方にと
菓子折りを持参したこともあり
あまり丁寧過ぎたりかしこまり過ぎるのもどうだろうと思い、
叔父さんとの距離感がうまくつかめなかったので
お礼の品についてアサリくんに相談してみたところ、


「いらんよ。何もしなくて良い。」


と言われてしまいました。即答で。
ただ何もしないというのはさすがにマズイ気がしたので、
せめてお礼状だけでも…と、お送りしたのですが。



なんとご丁寧にそのお返事が届いたっ



しかもすっごい達筆!
実際にお会いするととってもフレンドリーな方なので
そのキャラと手紙が、似ても似つかないほどに大人な文章。

018c43ee3f25ad96a02b8cc641bf32190fa42f89db.jpg

あちゃーと思いました。

私は親しみの意を込め、あまり距離感を取らないようにと、
あえて堅苦しい文章を避けて書いたのですが、
やはりこういう時は
きちんとした大人な文章にした方が良かったかしらと
叔父様のお返事を見て、後悔したのでした
ということをアサリくんに話すと、

「あの年代は逆に
“少しだけ崩した文章”という加減が出来ないんちゃう?
堅苦しい文章しか書けないんやろ。」

と相変わらず優しくフォローしてくれたのですが、
アサリくんの妻としてこれでよかったのかと
少し気になっております

でもまぁ、気にしているのは私だけで
叔父様はそういうことは
全く気にされない心の広いお方だとは思いますが



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.18
この間「クシュン!」って何気なくクシャミをしたら、
ちょっぴり尿漏れしたのでビックリしました!
人生初の尿漏れ。つまり尿漏れデビュー
なんだか感慨深いw

すでに3児の母である妹に話すと、
「産後はもっとするから。」とサラリと言われたw
女性の身体ってすごいなぁ。
妊娠すると本当に神秘的で感動することが多くて、
尿漏れさえも感動します


ついでに言うと、妊娠中に(切れ痔)にもなりました。
最近は随分とマシだけれど、
ひどい時はお手洗いに行くのが恐怖だったなぁ
しかしそんな痔にさえも感動を覚えるわけです


:::::

妊娠中の変化と言えば、
情緒不安定になってしまったのか
先日アサリくんの前で泣いてしまいました。
アサリくんに対するちょっとした不満だったはずが、
いつの間にか積もり積もって爆発してしまった模様。

でも話したら分かってくれたし、
話すきっかけをくれた涙に感謝です。
その件については、また後日UPしたいと思います。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.17
数日前に近所のスーパーで
魔女を見かけてしまいましたぁぁあああ


私が外から店内に入る瞬間の出来事でした。
なぜか妙に気になる場所があり、
そちらに視線をうつしたところ、
私がその時にいた入口から見て、
一番手間のレジに魔女がお会計待ちで並んでいたのです。
もう心臓が止まるかと思いました

おそらく向こうは気付いていなくて、
私も当然ながら見なかったことにしてスルーしましたが、
その後もしばらくは呼吸が乱れたり
ドクドクドクと心拍数が異様に上がってしんどかったです


何せマンションが目の前にあるので
存在を感じて不快な思いをするのは毎日のことですが、
ここ半年ほどは実際に姿を見ることはなかったので
なかなか順調だったのですが…、
残念ながらこれ以上は記録を更新出来ず

一瞬でも魔女を見てしまったことで、
お腹のマメちゃんに何かあったらどうしようと本気で心配で
この日はいつも以上に胎動チェックをしてしまいました。


レジに並んでいた魔女は、仕事帰りなのか疲れた様子で
大きな口を開けてあくびをしていました。
おそらくこれは“坊主憎けりゃ袈裟まで憎い”
というやつだと思うのだけど、
手で口元を隠しもせずにあくびをする人って…、
やっぱり嫌いだと思った

一方的に見かけただけでも随分不快な思いをしましたが、
もしもあと少しタイミングがズレていたら、
出入り口ですれ違ってしまったかもしれず、
そうなったら声をかけられていたかもしれないわけで、
今回の件は、不幸中の幸いだと思うことにします。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.16