仕事の関係で
アサリくんが4日間家をあけることになったので
実家の母が我が家に泊まりに来てくれました

退院後に実家で生活していた頃のように、
掃除、洗濯、買い物など家事は全て母に任せて、
私はマメちゃんのお世話に専念。
この4日間は母のおかげで
いつもよりも睡眠時間が確保できて、
精神的にも体力的にもエネルギー補給が出来ました。

そんな4日間があまりに心地良かったので、
母が帰った後ものすごく寂しくて涙が出てしまった


:::::

お義母さんも色々と心配してくれて、
「いつでも行くし、何でもするから遠慮なく言ってね。」
と言ってくださってとても嬉しいのですが、
やはりどれだけ仲良しと言えども
頼めることと頼めないことが、ある気がする。



「じゃあ私は今から寝るし、その間にゴミ捨てヨロシクね。」
とか、

「これ、ポストに投函してきてもらえる?」
とか、

「プレミアムフライデーやから、
セブンイレブンでソフトクリームもらってきてー。」
とか、

「ちょっと、そこの○○取ってくれる?」
とか、

「お腹すいたー、何か作ってー。」



とか、こういうことはやはり実家の母にしか言えない
(実家の母でもコキ使い過ぎだろって話ですがw)


今まではあまり気にならなったけれど、
マメちゃんの出産を通して、
お義母さんとの距離の取り方が難しいな、
と感じるようになりました。

とは言えお義母さんとしてもきっと
何かと頼ってもらえた方が嬉しいのだろうとも思うから
どういう形で甘えていけば良いのだろうと模索中。


とりあえず母が泊まりに来ることは
アサリくんから聞いてご存知だったようなので、
こんなに近くにお義母さんが住んでいるのに
わざわざ実家の母を呼び寄せたことに対して
不快な思いをさせたら申し訳ないと思い、
「母がこちらに来ている間に
よろしければ是非いらしてください」とLINEを送り、
我が家でいつものように女子会を開催してみました

マメちゃんに会えて嬉しそうだったし、
母同士も楽しそうにお話ししていたし、
とりあえずはよかったのかな


育児で疲労困憊のこんな大変な時でさえ
気を遣ってしまったり、
自己犠牲の精神が捨て切れない自分の性格が、
とてもしんどい。
もっとユナ様を見習わなければ。(←悪意ある言い方w



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.07.04