少し前のことになるのですが、
アサリくんが私の父とふたりで釣りに行った日の翌日、
お魚がたくさんあって私たちだけでは食べきれないので
義理実家におすそわけしに行くことになりました

ちょうどそのタイミングでアサリくんの弟(三男)から
「そろそろDS返してー。」
という連絡が来たらしく、


「魚があるから良かったら一緒に食べないか。」

とアサリくんが誘ったため、
義弟夫婦(三男)も一緒に食事をすることに


義弟のお嫁さん(ユナ様)と会うの、久し振りだなぁ
魔女のような、自分の意志ではどうにも出来ない
魂レベルでの嫌悪感とかは全くないし、
決して悪い子ではないけれど、
あの決して人の悪口を言わない
仏のようなお義母さんでさえ、時々チクリと毒をはくほどの
ちょっと変わった人なので、正直言って得意ではナイ

ユナ様の言動には、
違和感を覚えることが多くて、しんどいんだよね。
「きっと最近の若い子は、こんなもんなんだろう。」
と考えてスルーするようにはしていますが。

そんなわけで、どんなお食事会になるのかと
多少の不安を抱えながら向かいましたが、
やはりこの日も色々と突っ込みどころは満載で、
途中でお母さんも少し苦笑されている様子の時もあって
見ているこちらが冷や冷やしちゃうっていうね

当の本人は何も感じていなくてケロっとしているから、
そういう資質だったり、性格だったり、人間性だと、
随分生きやすいだろうなと羨ましくなるほど。
ちょっと分けてほしいなと本気で思いましたデス


私があれこれ動いていると、義弟が
「まゆりんこさん、何もせずに座っておいてくださいね。」
って妊婦を気遣って優しい言葉をかけてくれたのだけど、




「いやだって、おたくの嫁が動かんからよw」


ってひとり心の中で突っ込んでしまった


…っていうようなやり取りがあった後も、
ユナ様は一向に動こうとしないし、
空気の読め無さが卓越してて、むしろ清々しいわ(゚∀゚)


でも大丈夫。
一応、私は得意なのです。
どんなに苦手な人でも、表面上はうまく付き合うことが。
(ただし魔女だけは、なぜか無理

だからなユナ様に関しては、
「おいw」とか「えっw」とか「ちょwww」などと
心の中で突っ込むことはたくさんありつつも(笑)、
顔には一切出さず、
表面上は仲良くお付き合い出来ています。
まぁ親戚付き合いなんて、こんなものよね。


だが唯一、魔女だけは無理←主張2回目。


男3兄弟が結婚してもなお
皆、実家から車で10分の距離に住んでいる、
というのは私の周りではあまりない珍しいケースで、
友人に話すとたいてい「うぎゃー、面倒だねぇ
なんて感想をもらうのですが(笑)、
私自身もどちらかと言うと
こういう密過ぎる環境は得意ではないのよね

でもユナ様に関しては、
別に夫同士が同じ仕事をしているわけではないし、
“家が真ん前”
なんていう悲劇が起きているわけでもないので、
こうして年に数回だけ顔を合わす程度なら、
何の支障もないかなぁ。


「ま、色んな人がいるよね(゚Д゚)」


で片付けられるレベルです。
たぶんユナ様だったら、近所のスーパーで出くわしても
何とも思わなかったと思うし。




** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.23
転院するまで通っていた産婦人科は、
自宅のすぐ近くなので徒歩圏内でしたが、
転院してからは電車に乗らねばならず、
さらに最寄駅についてからも、20分ほどの距離を歩きます

私は歩くことは全く苦にならないので、
「運動不足解消になるし一石二鳥だわ
と、自力で歩いて通う気満々で転院したのですが、
どうやら周囲の目には
「そんなに長い時間歩かないといけないなんて…。」
と気の毒にうつるらしく…

お義母さんもアサリくんも、
何とか都合をつけて車で送迎しようとしてくれます
ありがたいですね、本当に。

徒歩20分って、私にしては大したことないのだけど、
車生活に慣れている人にとっては、
「え、そんなに歩くの?!
という感覚なのかもしれませんね。


特にお義母さんは、
「来週は病院に行く日よね?何曜日?
お迎えに行くから遠慮なく言ってね。」
と声をかけてくださるので…、
特に私から何も言わなくても、
検診のタイミングをきちんと把握してくださっている模様。


先日の妊婦検診の時も、
「ひとりで歩いて行けるので大丈夫ですよ。」
と何度かお断りしたのですが、それでも
「遠慮しなくても大丈夫よ。
せめて駅まで電車で来てくれたら、
そこから病院までは送ってあげられるから
と言ってくださって、
なんて優しいお姑さんなんだろうと改めて実感しつつも、



「本当に遠慮しているわけではなくて、
少しでもお産を軽くするために歩きたいのです。」


という自分の本心を丁寧にお伝えしました。



お義母さんのお気持ちも、何となくわかる気もするのです。
私には「里帰り出産する人が多い中、
こちらで産むと言ってくれたことが嬉しい。」
とおっしゃっていたし、私の母にも
「本当に(里帰りでなくても)良いんですか?」
と聞いてきたそうなので…、
おそらく近くにいる身として、私の実家の母の代わりとして、
出来だけのことはしてやりたい、
というお気持ちを持ってくださっているのだと思います。

だからきっと私もお義母さんに遠慮し過ぎずに、
素直に色々甘えたりお願いしたりする方が
むしろ喜ばれるのだろうと感じてはいるのですが…、
体力の無さと、運動不足だけは本当に心配なので、
出来るだけ歩きたい。これが本音です


:::::

で、歩いて来ました。
しかも駅からの20分間の距離だけではなく、
さらに電車に乗らずに、
もうおうちまで歩いて帰ってみました
グーグルマップで調べたら40分ほどだったので、
お天気も良いし、お散歩しようと思って




結果、楽勝でした



私は大の運動嫌いですが、
やはり体を動かすって言うのは気持ちが良いものですねw
お天気が良い中をお散歩する心地良さも去ることながら、
何よりも「身体に良い事したゾ!!」
という満足感が癖になりそうです

いつもiPhoneに入っている「ヘルスケア」を
万歩計代わりに使っているのですが、
普段の5倍くらいの歩数になったので、もう嬉しくて
これからもお天気が良い日には
出来るだけ電車を使わずに歩いて行こうっと。

でもそうなると、スニーカーが欲しいなぁ。
お恥ずかしながら、
スニーカーは一足も持っていないのだぁあ
今回はこれで歩いたので、ちょっと足が痛かったかも。

01538ff0df6f6b16e0c0593505135663d5bdd1778b.jpg


いい加減、無理があるから買うことにします。
何にしようかな。迷うな。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.22
検診に行って来ました。
マメちゃんの推定体重は2,452gになっていて、
先生から



「もし今生まれてしまっても、もう大丈夫ですよ。」


と言われて、胸がジーンとなりました。
この私に…、これほどまでに
順調な妊婦生活が送れる日が来るなんて。

次回からついに、妊婦健診は1週間ごとになります。
いよいよだなぁ。


:::::

前回の妊婦時代は、
最初からずーっと1週間ごとに病院に通っていました。
それは、



お腹の赤ちゃんが、くなっていないかを確認するため



でした。
もしも亡くなってしまったことに気付かず
そのまま生活をしていると、
感染症などのリスクがあり母体が危険にさらされるため、
赤ちゃんの生死確認のために
必ず一週間に一度通院するよう指示されていたのです。

もう毎回エコーが怖くて怖くて、
当時は【健診=恐怖】でしかなかったので、
今のように


「早くマメちゃんに会いたいなぁ
って、次の健診を待ち遠しく感じるという感覚は
3度目の妊娠にして、初のこと。


:::::

ちなみに、
「もう生まれてしまっても問題ないけれど、
まだまだ生まれませんよ。」


とのことでした
もう臨月(正期産)に入ってしまえば、
予定日より早めに産んでしまいたい私としては、
ちょっとガッカリw

でも子宮底長や腹囲を計ってくれた看護師さんから
「なんか急激にお腹が大きくなったね。」
と言われたので、なんだかんだで
やっぱり“その日”は着実に近づいている模様。

そうなんだよね、もうお腹が重くて苦しい
靴下をはいたり、足の爪を切るのが辛過ぎる。
でもこの苦しさは、
マメちゃんがちゃんと成長してくれている証。
ありがとう。



もしもあの時に死産を体験していなければ、
順調な妊婦生活しか知らなければ、
「当たり前」だと思って特段幸せに感じなかったこと、
感謝の気持ちを持たなかったことって、
きっとたくさんあるんだろうな、と思います。

出来れば避けて通りたかった体験ではあるけれど、
もう自分の身に起きてしまったことは
今更変えることも出来ないので…、
せめてそれをプラスの力に変えていけるように、
ポジティブに生きていきたいな、と思う今日この頃。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.22
ちょっとぉおおおおおーーーーーーーー


もういい加減にしてほしい…。


って、一体誰に
この怒りをぶつけたら良いのか分からないけれど。
(だからブログで愚痴ってしまうのだけど。)

:::::

またもやスーパーで魔女を見かけてしまった
先日見かけたのは19時くらいだったので、
この時間は危険なんだろうなと思い、
あえてその時間を避けて20時頃に行ったのに、






いた…



魔女が目の前のマンションに引っ越してきてからというもの、
スーパーに入るとまず、
魔女の存在が無いかを確認するのが日課になりました

この日も念のため
軽く辺りを見渡してチェックしたところ、
何と20mほど先に買い物中の魔女を発見
彼女が放つのオーラは尋常ではないので、
そこだけ空気がどんよりと暗く曇っているから、
すぐに分かるのです。


最悪だ…。


私はもう買うものは決まっているので、
サササっと選べばすぐに終わるはずのお買い物でしたが、
何せ進行方向に魔女がいるため、
彼女を追い越さないよう細心の注意を払わねばなりません。

そしてよりによってこの日の魔女は
まだ献立が決まっていないのか、
立ち止まっては品定めをして悩み…の繰り返し。
ゆっくりゆっくりと見て回っています。

そこでこれを待っていては埒が明かないと思い、
ゴールから逆走することにした私w
でもそのまま逆走を続けると、
いづれは鉢合わせしてしまうので
途中で折り返してまたスタート地点に戻ったり…、
真ん中の通路からキョロキョロと辺りを見渡して
魔女の現在地を把握し(汗)、
自分の進むべき経路とスピードを計ったりしていました。


もうね、完全に私は不審者ですよ


もしも万引きGメンとかがいれば、
私は真っ先にマークされていたことでしょうw


しかしその甲斐あって、何とか鉢合わせせずに
お買い物を終えることが出来ました。
でもレジを終えてスーパーを出たら、10mほど先に、
先にお買い物を終えた魔女が歩いているのが見えたので
あえて遠回りをして別の道で帰宅しました

だってスーパーから自宅までの帰り道って
全く同じなんだもん。
何せ目の前のマンションですから


あーあ、魔女夫婦が引っ越してくるまでの
平和だった生活を返してほしいです

魔女を見るたび、お腹のマメちゃんのことが心配になる。
この日も魔女を見かけた瞬間、
「マメちゃんが死んじゃう!」
って本気で思って必死に逃げ回りました…。


ここのところ、魔女を見かける頻度が急に増えて
もうこれで3度目ではないかなぁ。
なんとか目が合わないように、
会話を交わさなくても良いようにと努力しているけれど、
このまま無事に出産までたどり着けるかしら。

今のところ、魔女だけでなく義弟(次男)にも
私の妊婦姿は見られていないです。
あと1ヶ月なんとか無事に乗り切れますようにっ



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.20
父と釣りに行ったアサリくんが、
「お義父さんから預かって来たよー。」
と、色々とお土産を持って帰ってきてくれたのだけど、
その中で一番嬉しかったのがコレです!


のラムネ

01b2a1778a81caad2cebcd11e514d66b06b2d77fd0.jpg

きっと奈良県民なら見ればお分りになるかと。
時々TVでとりあげられたりしているので
他府県の方でもご存知の方がいらっしゃるかもしれません。

イコマ製菓のレインボーラムネは、とにかく入手困難。
地元民でもなかなか手に入れることが出来ません。
年に2回、はがきで注文を受け付けてくれて、
抽選で当たった人にだけ購入の権利があるラムネですが、
申込が殺到するのでなかなか当たらないのです

一度食べたら病みつきになる、
本当に美味しいラムネで大好きなのです
大きなお魚も釣って帰ってきてくれたけれど、
私はラムネの方が何百倍も嬉しかったっ



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.20