※前回の記事↓からの続きです。
2年半ぶりに、運命の人に会いに行く。


:::::

私なら絶対に電車移動ですが(笑)、
叔父さんがタクシーを拾ってくださって、
新地までビューンと楽々移動でした

運転手さんへ行き先を告げる時の道案内もスマートで、
噂には聞いていたけれど、
どうやら本当に新地は叔父さんの庭なのかもしれない


:::::

到着したのは、落ち着いた雰囲気の素敵な串カツ屋さん。
お店に入るとまずカウンター席が並び、
そこを通り過ぎた先にある個室に通されました。

カウンターでお食事をされている方の客層を見るに、
ここは相当ランクの高いお店だなと
絶対に美味しい物が食べられるに違いない!
と期待が膨らみます


お店の方とのやり取りを見るに、
叔父さんはどうやらこのお店の常連の模様。
キープしているボトルのお酒も登場したので間違いないw

お店の方はこちらの食事のスピードを見ながら、
ちょうど良いタイミングで次から次へと
揚げたての串カツを持って来てくださいます。

串カツと言うと…、
庶民的な食べ物のイメージがありますが
こちらのお店は高級食材を贅沢に使用した串カツで、
7年連続ミシュラン一つ星を獲得されているそうです

ストップをお願いするまで
ずっと串カツが運ばれてくるシステムで
まず最初に叔父さんがストップされたのだけど、
その時に店員さんに


「僕はもうストップで。
こちらのふたりには、どんどん持ってきてあげて。」

と言っていたのが、妙にかっこよかった
もうね、正直永遠に食べ続けられそう。
ストップしたくない。
何を食べても美味しい、美味しすぎるっ!!


でも心配。とても心配。


北新地という土地で、高級食材を扱うミシュラン獲得店。
この雰囲気、サービス、そしてお味…。
ディナーで1人1万円を超えると、
相当な贅沢をしたなぁという気になるけれど、
おそらくこのお店は、そんなレベルではないはず。
客単価は2万円くらいなのではなかろうか…。
そんな考えが頭をよぎり、
早めにストップをかけた方がよいのではないかと、
遠慮しぃで気遣いぃな私は
途中からそんなことばかり気になってしまいました


その結果、本当はまだまだ食べ続けられるけれど、
70%ほどのところでストップをw
それでも結構な量をいただきました。
にもかかわらず、まったく胃がもたれなかったのは
やはり良い油を使っているからなのでしょうね。
我が家の食卓とは大違い

この日はトリュフ、フォアグラ、キャビアと、
世界三大珍味も全て贅沢にいただきました、
私の庶民的な胃がビックリしてるだろうな。


お店の方が何度か
「よろしければ○○がございますが、いかがですか?」
とオススメに来られたお品があるのですが、
叔父さんはすべて、


「こちらの二人に持ってきてあげて。」

と即答してくださって、夢のような時間を味わいました
あぁ、今年「最初」で「最後」の贅沢だわw


お食事が美味しかったのはもちろんのこと、
それ以上に叔父さんとの会話があまりに実りあるもので…、
感動で胸があつくなり、
涙がこぼれそうになる場面も多々ありました。

懐が深く、器が大きく、情に厚く、
こんなにも素敵な方が存在するなんてと驚くと共に、
そしてそれがとても身近な存在だなんて、
私たちは本当に幸せ者だと思いました。


::::

ところで、帰宅後にネットで調べてみたら
やはりごちそうになったお店の客単価は
15,000~20,000円と紹介されていました。
ふたりはお酒も結構飲んでいたし、
3人分の食事代の合計は一体どれほどになったのか、
想像すると怖いのでやめておきます


ちなみに個室といえども、
こんなにも素敵な雰囲気のお店の中で
出てきた食事をパシャパシャ撮影するのは
さすがの私も気が引けて、今回はやめておきました。
よって画像はございませんw

串カツを食べに行って、ひとり2万円かぁ。
夫婦だと4万円かぁ。
結婚記念日だとか特別な日だとしても、
私にはちょっと選べないお店なので
本当に叔父さんには感謝でございます。
このお店に来るまでに、
もうすでにプレゼントもたんまりいただいているわけで
至れり尽くせりな一日でした

しかも叔父さんは、
「アサリはもう来なくてもいいし(笑)、
またまゆりんこさん、ひとりでも会社おいでよ。
美味しい物食べに行こう!」
と誘ってくださったので、
ワタクシ遠慮なくひとりで押しかけてしまいそうです



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.31
※過去記事↓の続きです。
リビングのカーテン選びに、悩む。


:::::

アサリくんとカーテン選びに悪戦苦闘するも、
時間切れで購入に至らぬまま、慌てて退店

ちなみにこれはどうでも良い話なのだけど、
SHOPの中の暖房がきき過ぎていたのか、
それとも「妊婦に冷えは大敵!」と
割と着込んできてしまった私側の問題なのか、
すごく汗をかいてしまって気持ち悪くなった私は、
汗ふきシートで全身を拭きたい衝動に駆られまして。

でもこの日は持って来ていなかったので、
お手洗いの個室に備え付けられている
便座をふくための消毒液をトイレットペーパーにふきつけて、
それで体を拭いてしまいました
(っていう話をアサリくんにしたら、怒られたw)

それにしても、もういつの間にか
汗ふきシートなんかが要る季節になったのですねぇ。
お産の時にもたくさん汗をかくだろうし、
入院グッズの中に入れておこうと、この時思いましたw


:::::

この日、会う約束をしていたのはアサリくんの叔父さん。
私からみるとお義父さんの弟さんなので、
さほど関わりのない方と言えばそうなのだけど、
ちょっぴり訳があって、私にとっても非常に思い入れのあるお方。

なぜかと言うと、結婚式でこんな出来事があったから。
ぜひこちら(↓)の過去記事をご参照ください

【過去記事】 運命!としか、思えない。




この結婚式当日から、
「まさか○○さんところの娘さんと結婚するとはなぁ…、
今度大阪まで出てこいよー。一緒に飯でも食おう!」
と誘ってくださっていて、

「アサリが仕事で無理なら、
まゆりんこさんひとりだけでも良いから絶対来いよー。」
なんてことまで言ってくださっていて

半分、社交辞令なのかなと思っていたけれども、
毎年届く年賀状にお誘いの一文を添えてくださっていて、
それが「また時間があれば来てください。」ではなく、
「時間を作って来てください。」という感じなので(笑)、


「マメが生まれたら外出は厳しいやろうから、
来週カーテンを見に行くついでに、会いに行こうか。」

とアサリくんが計画してくれたのでした。


:::::

叔父さんのご自宅は、私の実家のすぐ近所なのですが、
(それもまた奇跡だと思う!)
大阪で会社を経営されていて、オフィスまで来てくれれば
好きなだけ商品を持って帰って良いとのこと
というわけで、この日は食事に行く前に
まずはオフィスにお邪魔する約束をしていました。

もちろん初めての訪問だったわけですが、
失礼ながら、こじんまりとした会社なのかと思っていたら
かなり大きくてビックリしたーーー
大阪だけではなくて東京にもオフィスがあるそうだし
叔父さんすごいーーっ!

本当は従業員の皆さまに、
ハラダのラスクを差し入れで持って行きたかったのだけど、
思いのほかカーテン選びに時間がかかってしまったため、
並ぶ時間がなくなってしまって、断念。
他のお菓子にしました。
ここは本当にいつも並んでますよね…。
ここでバイトをしたら、時間が経つのが早いだろうなぁw
っていうのは余談ですが。

叔父さんから、オフィス内にある商品を見て回り、
少しでも気になる物があれば、
迷わずにもう手にとっておきなさいと言われ、
結局6点ほどプレゼントしていただきました

私が商品を見て回り、気になるものがあれば
隣でついて回っているアサリくんに渡す、という方式。
アサリくんは完全に荷物持ち。
当然私は値札など見ておりませぬ。
なんだか百貨店内で外商員を引き連れ、
お買い物をしているVIPな外商顧客になった気分


最終的に私が選んだ物は、
叔父さんがポケットマネーでお支払いをすることになるので、
たかが「甥っ子の嫁」ごときにそんな事をさせるわけには…
と気を遣うし、また正直なところ、
自分の好みとかテイストとは少し違ったりもしたのですが。

「好みの物があまりない。」となるよりも、
それなりに選んで素直にプレゼントしてもらった方が
逆に喜んでもらえる気がしたので半ば強制的に選びました

ちなみに後でアサリくんにも、
「うん、まゆりんこの判断は正解。
気持ち良くもらっておいたほうが喜んでもらえるよ。
付き合ってくれてありがとう。」
ってなぜか逆にお礼を言われました


叔父様、本当にありがとうございます


さて、私の商品選びが終わった後は、
3人でオフィスを出て食事に向かうことになりました。
どうやら叔父さんが、
行きつけのお店を予約してくださっているようです。



新地です


タクシーの拾い方や、運転手さんとの会話など、
叔父さんの言動の全てがスマートで素敵過ぎました




<続く>

** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.31
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

油分を一切使用しない化粧品でおなじみの
ORBIS(オルビス)から2017 年1 月23 日に
新・アクアフォース”が誕生していることはご存知でしょうか。

170325orbis.jpg

アクアフォースシリーズと言えば、
オルビスブランドのルーツともいえる主力商品!
そのリニューアル商品ということで期待も高まります


オルビスのモニターに参加させていただき、
実際に自分の肌でお試ししてみましたので、
さっそくご紹介いたします。


アクアフォーストライアルセット 
 1,200円(税込1,296円)

017e03ad1cb6c19c83d26beb5eecce14eb91f7dbe1.jpg

約3週間お試し出来る内容量になっていて、
「L(さっぱり)」「M(しっとり)」の2種類から選べます。
私は「しっとり」をお試ししました。

014a8646e6b685812479dfa05d5fa17875f8d1afee.jpg

箱の中にはオルビスのスキンケアの基本、
“3ステップ”がそろっています。

01c2d546cb7b9f7e802ddfb35aa146a6a9e551a1a8.jpg

左から順に、

* アクアフォースマイルドウォッシュ (洗顔料)
* アクアフォースローション (化粧水)
* アクアフォースモイスチャー (保湿液)

で、朝晩ともこの順で使用します。

01d887cc483adefa12b9130f3342915d7e34f96215.jpg


今回のリニューアルでは、
浸透力が抜群に良くなっているそうですよ。
そのために新たに配合されたのが、
「うるおいマグネットAQ」という、
肌とうるおいを引き寄せてつなぐ保湿成分です。

オルビスでは、
たった0,02mmしかない角層内の水分量が、
お肌のコンディションに大きく左右することを発見し、
隙間のない角層づくりに取り組みました。

角層に隙間があると、
そこから潤いが逃げて乾燥肌になりますが、
新配合の「うるおいマグネットAQ」がその隙間をめがけて
グングン入っていく仕組みになっているとのこと

そして隙間を満たした後は、角層とうるおいをくっつけて、
つなぎとめてくれる働きまでするのだとか。
その結果、新アクアフォースは、




すぐ、うるおう。 ずっと、続く。


ことが可能なスキンケアへと進化を遂げたのです


:::::

 アクアフォースマイルドウォッシュ (洗顔料)

015f53a14bac8a82850d0ff9efa40bc8a225bdbce1.jpg

3つの中では、これが一番好きでしたっ

・ 少量でたくさん泡立つ
・ しかも簡単にモコモコと泡立つ
・ 泡切れヨシ!
・ 洗い上がりも、つっぱらずしっとり

で、使い心地が最高でしたよ


 アクアフォースローション (化粧水)/M(しっとり)

01b9068ec188fb8377af3591b6fb64d342bd708d55_20170329201439aaa.jpg

化粧水は無色透明。
さほどとろみはなく、
手を傾けると流れてしまうような軽いテクスチャー。
それゆえ顔にのせた後は、丁寧になじませるというよりは、
スーっと速やかに浸透していく印象です。
素早くお手入れしたい人には、このスピード感は嬉しいかも!


 アクアフォースモイスチャー (保湿液)/M(しっとり)

0193dda70546484f818f1cbf073bc830a6afa89dae_20170329201440c83.jpg

こちらも同じく無色透明ですが、
ジェル状になっているので、
化粧水よりはゆっくりと肌になじませていく感じです。


この3ステップでお手入れすると、
進化した保湿力のおかげで、確かにお肌はしっとり
ただ一口に「しっとり」と言っても、
このアクアフォースシリーズの特徴は、
みずみずしくて心地よい感触を追求した、しっとり感

どちらかというと、
まださほどお肌悩みが深刻化していない方向けかな、
という印象でした。
アクアフォースシリーズのメインターゲットが
20代であることも、それを物語っていると思います。
ただ年代関係なく、油分のべたつきが苦手な方には
このみずみずしい心地よさはやみつきだと思いますよっ


しばらく継続使用してみて気に入った点は、
「なんとなく今日はお肌の調子が良い!」
と感じる日が増えたこと。
これって女性にはとても重要なことですよね。

朝起きて肌の調子が良いと、自然と笑顔も増えて、
その日の仕事も頑張れてしまいそうな気がしたり、
いつもよりも穏やかな心で過ごせたり

なんと言っても、3週間もじっくりお試しできて、
1,200円(税込1,296円) という嬉しい価格なので、
旅行用にも良いですね!



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.29
アサリくんと一緒に、カーテンを探しに行って来ました。

本当に本当にお恥ずかしい話なのですが、
結婚して今のおうちに引越してきてから約2年半の間、
「買わないと!」と思いつつもずーっと買うことなく
ズルズルとここまで来てしまいました
現在、全くサイズの合っていないカーテンで過ごしています。


経緯を説明すると、
このマンションが建って入居開始になったタイミングで
アサリくんは元妻と別居を開始(何ともセツナイ!)。
そんな夫婦仲だったため、
新居用のカーテンを探しに行くということもしておらず、
とりあえず以前の自宅で使用していたカーテンで代用。
なんとかギリギリ役割は果たしているものの、
当然ながらサイズが合っていません。

結局その後は、
別居が解消されることがないまま離婚が成立。
ずっとインテリアに興味のない男の一人暮らしだったため、
さほど気にもならずずっとそのまま使用を続け、
再婚して私がこの家にやって来た時にも、
そのサイズの合っていないカーテンがついている状態。

さすがに私は気になったので、
新しく買おうという話になっていたものの、
そうこうしているうちに、義弟が魔女と結婚することになり、
しかもあろうことか、我が家の真ん前に引越してきた

魔女の出現により、
私たち夫婦の間では離婚話までもが持ち上がり、
なんだかんだで(ひとまず)離婚は免れたものの、
魔女ののエネルギーから身を遠ざけるため、
私たち夫婦の間では引越しを検討し始めることに。

となると、今このタイミングでカーテンを買うのは
さすがにもったいない…。
と言うわけで、ずーーーっと買えずにいたのです。


ところが探してはいるものの、
なかなか良い物件には出会えないし、
もうすぐ赤ちゃんも生まれてくるし、
産後は来客も増えるだろうし…、
例え近い将来引越しすることになったとしても、
とりあえずもう、今のおうちに合ったカーテンを買おう、
ということになったのです。


:::::

予め、気になるカーテンSHOPを2つ見つけていて、
それぞれのお店で、
候補のカーテンをピックアップしていた私は、
後はアサリくんにも一緒に見てもらって
彼の希望や意見を聞きながら最終決定をすればいいやと、
比較的簡単にお買い物は終了すると思っていました。


とーこーろーがー。



まぁ、私の性格の何て面倒なこと
その日の気分によるのか、
お店を訪れる度に、気になるカーテンが変わるのです。
それはまるで、オーラソーマのごとく。

170329.jpg

というわけで、カーテン選びは振り出しに戻りました。
ふたりの好みも微妙に違うので、なかなか決まりません。
気になるSHOPは2つあるので、その間を行ったり来たり。
移動にも時間がかかります

それでもなんだかんだで、
やっとドレープカーテン(厚地)は決定しましたが、
今度はレースカーテンで意見が割れるっ

と言うのも、
出来るだけ薄い生地を希望するアサリくんと、
とにかく透けないことを重視したい私。
ふたりの希望は、真逆だったのです。

透けないことを優先するとなると、
当然生地は厚くなるし、外からの光も入りにくくなります。
外の景色も見えにくくなり、
場合によっては閉塞感さえ感じるかもしれません。
それでも、なぜ透けないことにこだわるのか。
理由はただ一つ、










魔女




目の前には、魔女が住むマンションが建っています。
向こうから見られるの嫌だし、
自分の視界に向こうのマンションが入るのも、嫌。
全ては魔女対策のためです


というわけで、ふたりの意見が合わず…、
そうこうしているうちに、そろそろお店を出ないと
叔父さんとの待ち合わせに間に合わない時間になってしまい、
結局見積もりを出してもらうに留まり、
この日は購入にまでは至りませんでした


:::::

今もまだ、迷い中。
でも私の心境にも多少の変化が表れました。

出来るだけ“魔女を感じにくい生活環境”
を整えることは大切なこと。
だけど、こんな風に何かを選択する場において、
イチイチ魔女なんかに左右されるのって、
どうなんだろうって。

私だって本当のことを言えば、
お洒落なレースカーテンが良いのに、
そこに魔女の存在を加味するから、
だったら厚めの生地にしておこうか、という選択肢が表れる。
それはそれで、悔しい気もしてきたのです。
魔女なんかに影響されている自分が。


もうあまり時間がないので、
納得がいくまで考えて悩んで、早く発注してしまおうと思います。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.29
先日アサリくんと一緒に大阪までお出掛けして来ました

行きの電車で座れたのは良いけれど、
座りながら何だかワンピースに窮屈さを感じてしまって、
ちょっぴり息苦しかったです
カーディガン&コートを着ているから見えないし、
よっぽどワンピースの後ろのファスナーをおろしてしまおうか、
と思ったおのですが、結局勇気が出ずにそのまま我慢。

つい1週間前にも同じお洋服で
大阪まで電車でお出掛けしたのに
その時は全然平気だったから、
この1週間でまたお腹が大きくなったのかもしれないなぁ。

赤ちゃんが無事に成長してくれていることに
安心感や喜びを感じると共に、
日々変わっていく自分の体型に多少の戸惑いも。

って言うかやはり
いい加減マタニティ買わないと駄目かも
妊娠してから購入した妊婦専用のお洋服は、
マタニティ&授乳ワンピ1枚と、
裏起毛レギンス1枚、タイツ2枚のみ。
あとは普通のお洋服やタイツで過ごしてきました。

ちなみにタイツ2枚というのは、
3Coinsで購入したものだけれど
たった1度履いただけでダルンダルンに伸びてしまって、
全然駄目だったため、もう捨てました
買わなければ良かった―。安物買いの銭失い


もうこれからはタイツっていう季節でもないので、
スカート派からパンツ派に移行しようかと思い、
ネットで初めてマタニティパンツを注文してみました。
まだ届いていなけれど、サイズが適切かが不安


:::::

この日は、アサリくんの叔父さんと
3人でお食事をする約束をしていたので、
お昼過ぎから大阪に行って、まずはカーテン探し
その後に叔父さんの会社まで向かって、
一緒にお食事に行く、という予定でした。

カーテンに関しては、
あらかじめ私ひとりで少し下見をしていたので、
比較的スムーズにお買い物が終わると予想していたけれど、
予想以上に時間がかかってしまって大変でした!

色々と長い一日になったので、
少しずつ記事をUPさせていただきますね。


** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.29