大阪までお出掛けー。
美容部員時代の後輩ちゃん2人と、ランチして来ました
3人で会ったのだけど、私以外の2人は小さな子連れのため
個室のある和食屋さんをチョイス。

01c568a9b3cfcc68ec9418070447d437735c6fd9e1.jpg

「いつも育児で大変だろうから、たまにはアツアツのご飯食べ~。」
と、後輩ちゃんに変わってお子ちゃまに離乳食を与える私。
その間に、後輩ちゃんは自分のお食事を。

お子ちゃまのお相手が終わってから、私もご飯を食べ始めましたが、
おうどんはのびのび&冷め冷め
ママはいつもこんな感じなんだよね。大変だね。頑張ってるよね。
子育てママを尊敬します!!


ランチの後はお店を変えてカフェタイム

01ef462954a31996e7d835d5a9b9f4892b83393f40.jpg

01bb8814c013cc548c993f69014c9fbab4dbeff1f4.jpg


みんなとお話して改めて感じたことは、
「悩みのない結婚生活なんて存在しないんだなー。」ということ。

結婚後、ご主人様の態度が変わってしまって
「騙されたっ!」と感じていたり(笑)、
逆にご主人様はとても優しくて不満は無いけれど、
お姑さんの配慮に欠ける言動に心を乱されたり…、
みんなそれぞれにプチ不満は抱いているんだなーと。


01ae89ebc1d9254c21b29495a487d80905b52d91c0.jpg

でも何だかんだ言って幸せそうなふたりを見て、
とっても安心しました
彼女たちが入社してきた頃には、
まだふたりとも今のご主人様と出会ってすらいなくて、
「彼氏欲しいですー。」なんて言っているのを聞いていたのに、
その後出会いに恵まれて結婚し、ママにまでなった姿を見て
なんだかジーンと胸が熱くなる思いでした。

ちなみに私は、やはりまだ子供が欲しいという気にはなれません。
あの例の女の件が原因で、
「離婚」の2文字は常に頭の中にあるので。


それにしても、後輩ちゃんたちは相変わらず美肌で美しく、
待合せの前に百貨店に寄って化粧品を買っていたらしく、
高級ブランドのショッパーをさげていました。
羨ましい


** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2015.10.31
アサリくんから聞いたのだけど、
例の運気が下がりまくりの義弟が、
今度は目の上を真っ赤にはらして出勤してきたらしい。
まぁこれに関しては大したことは無いらしいけれど、
それでも病院に行くようすすめるほどだったとか。


全てをあの女にこじつけて、
全てをあの女のせいににするのもどうかと思うけれど、


それまでは至って健康体であり、
元々運が悪いタイプでもなかったのに、
あの女とお付き合いが始まってからと言うもの、
病気やら事故やら入院やら…、
あり得ないほどの不幸が連続して起きているのは事実で、
今でもその不幸の連鎖は終わる気配はありません

あの女と縁を切る、
それしか、この負の連鎖を断ち切る方法は無いですし。



お付き合いが始まって少し経った頃から、
義弟のオーラがとんでもなくどんよりとしてきたので、
こんな短期間でこれほどまでに影響を受けるなんて、
相手の女性がよほど強烈負のエネルギーを放っているのだろうと、
会う前から容易に想像は出来て。
このままだと義弟の身に次から次へと良くないことが起こるだろう、
と危惧していたけれど、全部本当にそうなっていて、
アサリくんもさすがに恐怖を覚えているらしい…。



まぁ、あの占いのおじさんから



相手の何もかもを剥ぎ取る女ですよ、


と太鼓判押されちゃってますからね。


:::::

そんな義弟の変化に気付いているのは私だけでは無いらしく、
今年の夏くらいに、アサリくんと義弟と、
ふたりの共通の知り合いであるA氏と
3人で食事に行ったのですが、
つい先日、アサリくんがそのA氏と2人で会う機会があって。

その時に、A氏は義弟について


「何か雰囲気変わったよなぁ。あんな空気感で職場にいて、
周りに悪い影響を与えないんやろかって、実はちょっと心配はしてた。」

と言ったそう。




また、職場の従業員Bさんが
アサリくんにこんなことを聞いてきたそう。


「義弟の結婚が決まったと聞いたけれど…、大丈夫ですか?
普通、結婚を控えた人ってもっとキラキラ輝いていたり、
幸せオーラが隠しきれなかったりするものだと思うけど、
義弟はそういうの全く無いから…。」


と。



まぁ恐らく、本人は幸せに感じてはいるのだろうけれど、
相手の女から受ける負のパワーがあまりに強烈で、
ちょっと敏感な人は、何となく漠然としたものではあるけれど、
何かしらそういうのを感じてしまうのかもしれないですね。


お義母さんはそのあたりは鈍感でいらっしゃるようで、
何も感じないらしいですけど


占いのおじさん曰く、
私のように少し特別な何かを持っていて、
オーラだとか視覚情報として見えてしまう人もいれば、
お義母さんのように、な~んにも見えなければ感じない人もいる。
そんな風に世の中には色んな人がいるからこそ、
成り立っているのだとか。

「まぁ、普通は何も分からないものですよ。
分からなくて普通です!」
とおっしゃっていました。



はぁああああ~~。
義弟の身に、次は何が起きるのだろうか。


** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2015.10.31

もうすっかり恒例になりました、お義母さんとの女子会ランチ
今回は、最近最近TVでも紹介されていた
びわこ大津館まで行ってきました。

旧琵琶湖ホテルだそうで、
過去には皇族の方々やヘレン・ケラーもお招きした歴史があるほど
格式高いホテルとして有名だったそうです。

:::::

隣接のイングリッシュガーデンに行ってみました。

0139ea9cb841d53cf2b9afdca104e6bdefe1afe26b.jpg

きれいは、きれい、うん確かに。
けれども期待が大き過ぎたのか、どこかガッカリ感が否めない…。

0169925e7c0c5bed7f6f53bc2d45e9e687db1952c0.jpg

入園料がひとり300円でしたが、正直ぼったくりと感じてしまった。
このレベルなら、無料で開放してほしい。
普段は絶対に否定的な言葉を使わないお義母さんが
「しょぼい」とポツリとつぶやかれたので、よっぽどかと

:::::

さて、お待ちかねのランチです。
レストランに到着すると、平日にも関わらず「満席」とのこと。
予約していて良かったですー。

景観は文句なし。
どのお席からも琵琶湖が望めます。

0134a5f68a59fa50ea372a3fa8dc9eec69999f420f.jpg


サラダと、

010e984f4d19da752bc51ef7a754d2bf91bf70902b.jpg

パン or ライス

0180c273a32a3517ed47779b7724767713532a8b15.jpg

メインは3種類から選べます。私は自家製の生ハムを。

01f1f14a83afd16fd8df180bd6c38894918756fa30.jpg

食後にはデザートと、コーヒー or 紅茶

01554325f3c69573cc69d9d5643aa68c02402ef80e.jpg

で、1,700円のランチをいただきました。
お味はフツー。中の中
これは完全に場所代だと思いました。



それよりも、この日はお義母さんと
お互いに本音でお話出来たのがとても嬉しかったのです。
うまく説明出来ないけれど、
お互いがお互いの性格やタイプを理解していて、
信頼もし合えているのがすごく実感できたと言うか。

その上で自分が何を感じているのかを素直に話せたし、
お義母さんも何を感じているのかお話してくださって、
今までよりもさらに絆が深まったランチでした。


“これからもお互いに、本音で向き合いましょう条約”
を結んできました


少しずつ、だけど確実に、
良い関係を築けているような気がしています。
嬉しい


** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2015.10.28
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !



0180d81cb8cb8e18c10e0cb9b05fecf0d6228eea47.jpg


今年に入って、もう何本消費したことか…。
大好き過ぎて、夏にはほぼ毎日食べていたのに
それでもなかなか当たらないので、
「どうせ元から当たりなんて入ってないんちゃうの。」
とやさぐれていた私ですが、どうやらそんなことも無いらしい。

たかが70円くらいのことなのに、
思わず大声が出ちゃうほど、やたらとテンション上がりました


人生で2度目です



** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2015.10.27
前回の予告の通り、占いのおじさんに会いに行って来ました。
氏名や生年月日といった、
あの女の情報を自分の中に取り入れることが嫌で嫌で、
行こうと決断するまでに本当に随分悩みましたけれど



読者様もご存知の通り、
性格やその人の宿命、人生において起きる事柄など、
とにかく恐ろしいほどに全てを的中させる方なので、
そんなおじさんが、もしも例のあの女のことを
「そんなに悪い人じゃないですよ~。」
と言うのであれば、それはとてもしんどい事ではあるけれど、
何とか努力して見方を変えてみなきゃいけないかもな、
と思ったりもしていました。
むしろそうだといいなと、少しの望みがあったかもしれません。


:::

これまでおじさんに占ってもらう時は、
たいてい恋愛における相性占いで、
いつもは自分と相手の生年月日や氏名を用紙に書いていたのですが、
今回は占いたい内容がちょっと違うので、おじさんに聞きました。


「義弟の婚約者のことが、嫌いでたまらない。
その女には重大な問題があると感じているので見てもらいたい。
その女のことを考えると蕁麻疹が出たり体調を崩すほど。
親戚にならないといけないなら、離婚したいと思うほど大嫌いだ。
誰の何を書けば良いですか。」

と。
内容をザックリ伝えると、おじさんに笑われたんですよ。
「そんな大袈裟なぁ」って。



ところがですよ。


指示された通り、義弟とあの女の情報を用紙に記入して
それをおじさんに見せたところ、
あの女の氏名と生年月日を見たおじさんが、固まった…。
おじさんの表情がこわばり、
一瞬にしてその場の空気が変わりました。
何度も占いに来ていますが、こんなおじさんは初めて見たし、
その時の空気感から、何やら良からぬ予感がした私
そしておじさんは言いました。



「あなたがさっき言ったことが、理解出来ました。」



と。


そしておじさんは、
まるで何かにおびえるかのような表情で、こう続けました。


おぞましい…。ぞっとします…。
とんでもないですよ、この女は。

弟さんは本当にこの人と結婚するんですか?
あのねぇ、占いで相手のことが分かる人から言わせてもらえば、
こんな女、問答無用で大反対ですよ。」


最初は少しおびえるようにしていたおじさんが、
途中からだんだん感情的な口調に変わっていき、
「性格が悪過ぎますよ。
僕は一番嫌いなタイプですね、この女は
と吐き捨てるように言いました。


そして、さらに続けます。


「この人は、相手の何もかもを剥ぎ取る人間です。
健康も、仕事も、お金も、何もかも剥ぎ取って行くので、
結婚したら、弟さんは言わばホームレスです。

とにかく疫病神ですから、
この女の一家は、この女が嫁に出ることで救われるんです。
でもその分、これからはアサリ家に災難が降りかかりますよねぇ。」


と。
まさに、私が言い続けてきたことです。
人の運気を吸い取るタイプの人間だと。

念のためおじさんに
「人の運気を吸い取る人間、ということですか?」
と聞いたところ、
「そうそう、その通りです。関わったら駄目ですよ!」
と言われました。

そこで私は、
「実は最初から、ずっとそう思っていたんです。
と言うのも、オーラが見えてしまって…。
それに、この女のこれこれこういった性格も、気になっています。」
と女の人間性についても話したのですが、
それを聞いたおじさんに、


「あなた、過去に占いでも勉強してたの?」


と聞かれてしまいました。
もちろん、占いの勉強などこれっぽっちもしたことはありません。
そう答えると、


「じゃああなた、霊感があるんでしょうね。
あなたが言うことは、全部その通りですから。」


と言われました。
霊感だとかそのへんのところはよく分かりませんが、
結果的におじさんの占いの結果を聞くと、
あの女のことは、200%私が思っていた通りでした。
ちなみにその他にも、
おじさんがおっしゃったことをまとめておきます。


■ 義弟は、昨年の6月~7月10日までが人生の乗り換え駅。
   バスから電車に乗り継いだり、
   ある電車から別の電車に乗り継いだりするのと同じように、
   義弟にとっては昨年のこの時期に、何かが変わるタイミングだった。

→ふたりが初めて会った日が7月9日なので、そういうことなのかも。


■ この女の性格を一言で言うと、「冷たい」それに尽きる。
  例えば、義父母がいつまでも元気だと「ちぇっ!」と思うタイプ。
  「義父母なんて早くいなくなれば良いのに。」
  と平気でそんな事を思っている人。


■ この女は、せこい。お金への執着心がスゴイ。
  「世の中、お金でしょ。」と思っているし、
  自分の家よりも裕福な家庭に嫁ぐことしか考えていない。
  結婚相手も経済力で選んでいます。そこしか見てない。

→あ、やっぱりね。最初からそう思ってたわ…。
 あの女の言動から、それは容易に想像出来たし…。


■ この女は性格がキツイですよー。ものすごく。
  でも結婚したらさらにキツくなります。


■ なぜか義弟は、エグイ女性を選ぶ傾向にある。
  例えば他には外人とかニューハーフとか、ひと癖ある人ね。
  そういった意味で、彼が性格がエグイこの女を選んだのは
  占い上、ある意味納得はいきます。


■ 義弟は32~33歳くらいから、運気が落ちる運命。(現在34歳)
  良くない事が起きる時期ですが、
  『良くない女と出会う』というのも、そのうちの一つなわけです。 

  特に今年は義弟にとっては、傷の年ですねぇ。
  ただでさえ不幸な事が起きるのに、
  この女と一緒にいることで、さらに不幸レベルが上がってしまう。
  本来は風邪で済んだはずなのに、レベルが上がって入院が必要になるとかね。 

→まさに今年は、義弟の健康運はダダ落ちです。  
 とある病気が判明したり、それとは違う病気で入院もしたしね。
  

■ 義弟にとって、確かに今年は婚期です。
  けれどそれは『倒食の婚期』なんですよねぇ。
  婚期=良い物、とは限りません。
  倒食とは、食が倒れると書くだけあって生活が成り立たなくなる不幸です。 
  食=食べ物であり、職でもあります。
  この時期には結婚しない方が良いんです。

→これ、実は私も過去に言われたことがあるんです。
 離婚後に占ってもらったら、32歳と34歳に婚期があると。
 けれど32歳の方は倒食の婚期だから、やめた方が良い。
 34歳まで待った方が良いと言われました。
  
 特に意識はしていなかったけれど、後から振り返ってみると、
 32歳では照英さんにプロポーズされ、
 34歳でアサリくんにプロポーズされました。
 当たってるよねぇw


■ とにかくこの女との結婚は、何が何でもやめさせるべき。
  義弟を連れてきたら、僕が説得してあげたいほどだ。
  あなた嫌われても良いから、義弟に話してみるべきですよ。
  こんな結婚…、ぞっとします。

■ この女について「でもこんな良い所もありますから。」
  とフォローしてあげたいけれど、悪いが何一つない。
  あざとくて、計算高くて、腹黒いしねぇ。
  もうね魔女ですよ、こんなの!!!


■ ふたりが結婚することにより、あなたたち夫婦や仕事には
  そこまで大きな影響は出ないと思います。(でも多少あり)
  しかし義弟個人はダイレクトに影響受けますよ。


■ お互いの家が向かい合わせって、駄目ですよ。
  例えどれだけ仲が良くても対立するようになりますから。
  って言うか占い以前に、真向かいのマンション選ぶとかアホじゃない?
  選ぶ方も選ぶ方だけど、
  両親やあなたのご主人はなぜ止めなかったんでしょうねぇ。
  常識で考えて、そんなのおかしいでしょ。

→こういう毒舌っぷり、懐かしい!そしてとても好きww




その他にも細かい事は色々聞きましたが、
ざっと挙げるとこんな感じ。
とにかく類まれにみるレベルで、相当ヤバイそうです。



全てが思っていた通りでした。



『人の運気を吸い取る人間』
この手のタイプがアサリ家に嫁いでくることは非常に嫌だけれど、
それでも義弟が好きになった人だし、
「人間性は素敵な方だものね。」
と思えれば、まだ気持ちの落とし所もあったと思うのです。

でも占い上では、
ここまで性格の悪い人ってめったにいないレベルらしいし、
実際に私も同じ様に感じているので、
なんかもう、ひたすら納得がいかないわけです。

あの女がいれば、義弟の仕事運が下がることは確実で、
(っていうかすでに下がり始めているし。)
そうなると我が家の家計にも影響が出るので、
そこが一番不愉快です

:::::

「こんな相手はあり得ない。何とか結婚をやめさせないと。」
とおじさんが言うので、
「もう今さらねぇ・・・、11月からは同棲もするらしいですし。」
と答えたところ、







「あーーー、じゃぁ別れるでしょヽ(゚∀゚)ノ

ここまで筋金入りに性格の悪い女ですから、

よっぽどのアホじゃない限り、一緒に住んだら気付くでしょ。」



とおじさんが言い放ちました
(↑これは占いではなく、おじさんの個人的感想w)


そうだと良いけどさ。
今までも、性格の悪さを象徴するエピソードはいくつもあったし。
普通の人はあの女の本質を見破って途中で別れるだろうに、
離れないばかりか結婚まで決めちゃうのだから
たぶんよっぽどのアホなんだろうと思うわよ…



** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2015.10.26