前回の続きです。

:::::

2014.09.30
みなさまー、お久し振りです
もうすっかり夏も終わり、秋ですね。お元気ですか?
私は結婚式も終わり、新婚旅行は12月に変更したし
比較的時間に余裕がある時期なのに、
なぜかなかなかブログがUP出来ずにいます
きっと新しい生活の中で、時間配分がうまく出来ていないんだろうな(´・ω・`)

結婚前から今まで、アサリくんとのことで
書きたいネタがドンドンたまっています!!
(そしておそらくその半分以上は、忘れてしまっていると思われる
これ以上忘れてしまう前に、久し振りにUPしますねっ(*´д`*)

2014.09.29
アサリくんとは、何を話していても本当に価値観が似ていて、



「うんうん、そうだよねー。」
「わかる、わかるー!!」


という感じ。同性でもここまで話が合うことって珍しいと思う

2014.09.10
アサリくんが私の両親に挨拶に来てくれた後、
実家から車で5分のところに住む、妹宅にもお邪魔しました




妹には、多大なる心配をかけていました。



妹は私には直接言ってこなかったけれど、
「お姉ちゃんは、このまま結婚しないつもりなのか。」
「老後がひとりなんて、絶対あかん。」
などと、私本人よりも私の将来のことを心配していたらしく、
うちの母によくそんな事を話してきたそうです

ちなみに母は照英さんの存在は妹には伝えていませんでした。
父にも妹にも、誰にも言っていなかったそうです。
なぜなら、母の中で納得がいってなかったから。

でもアサリくんとお付き合いが始まったとたん、
母はそのことをすぐに妹に報告したそうです
「この人なら、娘にふさわしい。」と納得がいったし、
やっと私が目を覚ましてくれたと嬉しかったのだと思います。


そんなわけで、妹もアサリくんに会うのをとても楽しみにしていました。
妹宅の前に車を駐車している時に、
待ち切れなかったのか甥っ子がパタパタパターと駆け寄ってきました。
「こんにちはー。」とアサリくんが挨拶すると、




「ママー、枡太一みたいな人が来たよー



masu.jpg


と叫びながら、妹の元へ戻っていきました
決してソックリというわけではないけれど、甥っ子もそう感じたということは、
やはりどこか雰囲気が似ているのかもしれません


甥っ子たちは、すぐにアサリくんに懐いてくれて、
すごく嬉しそうにはしゃいでいて、
私たちの目の前で何か描き始めたと思ったら 、こんなプレゼントをくれました

IMG_7687.jpg

IMG_4519.jpg

なぜか私の方が大きいのは、ナゼ(゚∀゚;)
子供の目には、そんな風に見えたのかしら
一応アサリくんの方が15cmくらい背が高いんだけどなー



後日、妹は母にとても嬉しそうにこんな事を話したそうです。


● ふたりが、とてもとてもお似合いだった。(見た目も、性格も。)
● アサリくんが穏やかで優しくて、素敵な人で安心した。


アサリくんの話を誰かにする度、
アサリくんを誰かに紹介する度、
みんなみんなとても喜んでくれて、安心してくれて、
そういうみんなの笑顔を見る度に
やっぱり結婚って本来こうあるべきなんだろなーと改めて感じました。


もしも相手が照英さんなら、こうはいかなかったと思うのです。
本当に、よかった。



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2014.09.09