照英さんとのこと、きっと皆様気になっていますよね


彼とはきっぱりお別れしたことを、ここに報告いたします。
最後に会ったのは2月頭くらい。
もう3ヶ月近く会っていません。

その間にLINEで連絡を取ることはあって
彼は修復したそうだったし、会いたそうだったけれど、
もう私の気持ちが戻ることはありませんでした。

大好きだったし、金銭的なことを除けば
こんなに心から信頼出来る人にはもう出会えないような気もして、
将来苦労することを承知の上で、結婚を真剣に考えたりもしたけれど、
親が喜ばない結婚というのは、どこか後ろめたいものがあり。
彼とのデートに出掛ける時に、
なんだか悪いことをしている気さえしてしまっていたし。


彼との将来には不安が多過ぎて、
そこに進む勇気が持てませんでした。



決して彼のことを嫌いになったわけではないけれど、
でも年齢の割に計画性の無さが目立つことや
言動が幼いところは元から好きではなかったなと思います。
それをカバーする良さがたくさんあったから離れずにいたけれど。


「結婚相手としては、ふさわしくない。」



きっとそれに尽きると思います。
本当は最初から頭では分かっていたこと。
ただ、それに心が追いつかなかっただけ。


そしてやっと、心が追いついた。



そういうことなんだと思います。






** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2014.04.26
お久し振りでございますー
公私共に充実し過ぎて(笑)更新出来ない日々が続いておりましたが、
とっても元気に楽しく過ごしていますよ


今月もトレーニングのため日帰り東京へ行って来ました。
東京にはOL時代の同僚がたくさん住んでいて、
「こっちに来る時はご飯でも行こー」と誘ってもらっていたので、
今回は研修後に渋谷まで出てお食事してから帰ることに

IMG_7436.jpg

普段はなかなか予約が取れないらしいお店を
しっかり押さえてくれていたナイスなお友達に感謝

IMG_7438.jpg

本当は3人で会う予定だったのだけど、
うち1人が仕事でトラブったらしく、急遽不参加に
残念だったけれど、それでも渋谷のお店で
関西弁で盛り上がる会話は非常に楽しく、充実した時間でした(*´д`*)

帰りは渋谷から品川までダッシュ!
ギリギリ最終の新幹線に間に合いました
来月の研修の時も私のお相手してもらえると嬉しいな。笑




** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2014.04.25
滋賀県に遊びに行ってきたよ。
琵琶湖ーーーーーーーぉっ!!!

IMG_7427.jpg

この日はとっても良いお天気で、
わんちゃんのお散歩をしている人、読書をしている人、
マラソンをしている人、子連れで楽しんでいるファミリーなど…
見ているだけでも癒される風景でした

IMG_7426.jpg

このレイクサイドにいくつかカフェがあって、
2Fのテーブルから景色を楽しみながらお食事。

IMG_7422.jpg

“本日のランチ”は、ドライカレーのオムライスでした。

IMG_7423.jpg

この後は琵琶湖沿いを少しお散歩した後、
話題作『アナと雪の女王』を観に行ったよ。
散々迷ったあげく吹き替え版で観たけど、正解でした


** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2014.04.17
実は私の所属しているお店が、
この一年間ずーっと予算を達成し続ける!という偉業を成し遂げまして
文字にすると大したことないけれど、
実際にこれを実現させるのは非常に難しいことでして(´・ω・`)
そう簡単に達成出来ないように組まれているのが予算ってものですからね。

頑張りました


そこで私たちが部長に
「頑張ったので、何かおいしい物食べに連れてってくださいよー
とおねだり。笑
部長も「おー、いいねいいねー。」と乗り気なため、
「とり鍋のオイシイお店があるんですよ!」と推薦したのですが、
「トリじゃアカンやろ。こんなに頑張ってくれたんやから、
もっとエエもん食べな。好きなお店予約しておいて。」
と男前っぷりを見せてくださったので、
先輩がひとり9000円の鉄板焼きのコースを予約。笑


前菜

IMG_7362.jpg

旬の野菜の鉄板焼き

IMG_7365.jpg

活アワビの鉄板焼

IMG_7364.jpg

真鯛とフォアグラのソテー 鶏そぼろ餡かけ

IMG_7367.jpg

国産黒毛和牛フィレステーキ

IMG_7370.jpg

鹿児島県産黒豚とアオリイカのお好み焼 

IMG_7372.jpg

本日のデザート

IMG_7375.jpg

カメラスキルが低過ぎるため、
このおいしさと感動をきちんとお届け出来ないのが悔しいですが
おいしい食事と大好きな仲間に囲まれた、幸せな時間でした(*´д‘*)



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村



2014.04.14
妹が、無事出産しました
母子共に無事で、本当に本当に安心しました。


あ。
3度目の正直で、ついに女の子が誕生しましたよ
もしも男の子だったら…、
3人ものやんちゃ坊主の面倒を見る自信が無かったので、
おばちゃん安心しましたε-(´∇`)ホッ

まぁでも本当は、無事に生まれてきてくれれば
男が良いとか女が良いとか、そんなワガママは言えません。



仕事帰りに、病院に寄りました。
帝王切開で生まれてきた姪っ子ちゃんは、
保育器の中ですやすや眠っていました。

正直、新生児室を見た自分がどうなってしまうのか
過呼吸をおこすんじゃないかとか、不安でたまらなかったけれど、
よその赤ちゃんを見ても素直に「可愛いなぁ。」って思えたよ。
これって、私にとってはすごく大きな進歩です。

考えてみれば、私が永遠くんを出産したのは
2008年5月のことだから、もうあれから6年近くになるんですね。
傷が癒えることなんて、この先も決して無いけれど、
傷と共に生きていく術を、少しずつ身につけてきたのかもしれません。


妹は妹で、妊娠が発覚したその日からずっと
私の前で妊娠に関する話題を一切口にしませんでした。
私に気を遣っていたのだと思います。

そんな妹は、さすがに術後は辛かったようで、
忍耐強い子ですが、それでもうなり声をあげながら
必死に痛みに耐えていました。
ただでさえ傷口が痛むだろうに、
子宮を収縮させる点滴を打たれることで苦痛が倍増するみたい。
確かに私も、後陣痛が辛くてうなっていたなと思い出しました。

妹の旦那さんは本当に優しい人で、
少しでも痛みを和らげてあげようと色々動いてくれていて、
妹への愛を感じほんわかなりました。
やっぱりこういう時、夫のサポートって大きいよね。


出産日当日は、旦那さんが付き添ってくれていて、
その日の夜からは、うちの母とバトンタッチ。
(旦那さんは翌日から仕事なので。)
術後数日間は付き添いが必要らしく、うちの母が泊まり込むので
その間、ワタクシが父のお世話係
甥っ子2人は、旦那さんのご実家で面倒を見てくださっていて、
周りのサポート体制、万全ですっ

やっぱり家族ってイイな。

私も今年で34歳になっちゃうから…。
子供を産むという選択肢を選ぶなら、ホント早くどうにかしないと



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

2014.04.04