来月9月6日は、私のお誕生日です
来月のシフト希望を提出するにあたり、
自分の誕生日に休み希望を出すかどうか、とても迷いました。
特に予定も無いのに休みなんて取ってしまうのと、
誕生日にも普段と何一つ変わらず働いているのと…、




どちらが、より切ないのだろうか…?



と、本気で悩みましたデスヽ(;゚;∀;゚; )ノ
でもこの事で迷っていると、2年前のお誕生日に起きた
とても素敵なエピソードを思い出したのよね
ほっこりするから、ぜひこの記事を読んでいただきたい( ´艸`)
クリック♪ → 【31歳の誕生日に待っていた、出来事

このエピソードを思い出すと、誕生日に働くのも悪くないな
なんて思ったりもしたけれど、結局、最終的には
誕生日当日9月6日だけ、休み希望を申請しました。
(どないやねん。笑)


なんですが。
チーフが作ってくださった来月のシフト表を見てビックリ
申請していたのは9月6日のたった1日だけだったのに、
なんとワタクシ、9月3日~6日までが4連休になっておりました
後輩ちゃんがコソっと教えてくれた話によると、
「まゆりんこちゃんにバースデー休暇を作ってあげたい。」
とブツブツ言いながら、シフトを作成されていたらしいです。



うぅううううううーーー 泣ける…。



OLさんとかだと土日がお休みとかが一般的ですが、
この仕事は2連休を取れる事すら難しくて、
月に1度でも2連休があれば「ヤッター、今月は2連休があるーーー
とはしゃいでしまうくらいなのデス。
そんな中、希望も出していないのに4連休だなんて…。



「いつもホンマに仕事頑張ってくれてるから、
勝手にバースデー休暇作っちゃった。ゆっくり休んできて
と言ってくださったチーフ。
ありがとうございます。本当に嬉しいです。

が。
まさか4連休などいただけるとは思っていなかったため、
当然ながら、なーんの予定も立てていなかったワタクシ。
しかしせっかくの4連休を無駄にするわけには、いきますまい。
急ピッチで予定を立てなくてはっ
旅行は、ツアー系は締め切り終わってるのも多いしね。
うわうわー、楽しみになってきた( ´艸`)



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村


2013.08.30
照英さんは私のことを、
単純にお金を貸したくないだけだと思っています。
あるのに出さない、金の亡者だと言います。

単純にお金を貸したくない、っていうのも間違いではなけれど
経営者になった彼に、甘えの気持ちを持って欲しくない、
という気持ちも大きいです。
「困った時には、まゆりんこちゃんが何とかしてくれる。」
という甘えは決して持って欲しくない。
そこもきちんと理解してもらいたくて、彼にメールを送りました。


----------------------------------------
目の前で、知らない子供が転んだらどうする?
泣き叫んでいたら、私なら起こしてあげちゃうかもしれない。
でもそれが、一生面倒みるって決めた自分の子供だったら?
自分で起き上がれる力がつくように、
起こしてあげたい気持ちをぐっとこらえて、あえて手助けしない。
手を貸せないのは辛いこと。でもそれこそが愛情。

お金を貸してくれる、そんな表面的なことでしか愛情を感じられない?
愛情ってもっと深いものじゃない?
お金を貸してくれるかどうかだけで愛をはかるのは、
間違っていると思う。
いつか気付いてくれたらいいなと思います。
----------------------------------------


するとお返事が来ました。


----------------------------------------
ありがと。
まゆりんこちゃんが言ってることは、重々承知。
当たり前のこと。

俺が言ってるのは、子供が転んで立ち上がる状況ではなく、
転んだその先が崖やねん。
以前100万を借りた時の度合いじゃない。だから必死に頼んでる。
崖っぷちに掴まり手を伸ばして、助けてってお願いしてる。
まゆりんこちゃんは、転んだ先が見えていない。

金利が10日で1割かかって、2ヶ月後には約200万になる。

まゆりんこちゃんがおれの事好きでいてくれた事、
忘れないよ。
前に助けてくれたこと本当に感謝してる。
こんなおれの事、好きになってくれてありがとう。

おれもまゆりんこちゃんの事、一番大事だったし
大好きだった。ずっと一緒にいたかった。

もう明日には返済しないとヤバイことになるので、
マンションの保証人なってもらった人に頼むつもりです。
これをする事は、まゆりんこちゃんに対してよくない事だから、
責任とってちゃんと別れます。

借りた相手にも責任取らんとかんので、
もう会ったり連絡したり出来ません。
最後に一言、今まで本当にありがとう。
----------------------------------------


これを読んだ時、イラーとなってしまい、

----------------------------------------
元カノさんとヨリを戻すってことやんね?
だったら、はっきりそう言ってください。

私から借りられないなら、元カノとヨリを戻すって言ってくれれば、
もう未練のかけらも残らないので、ハッキリ言ってください。
----------------------------------------


と感情のまま、メールを。

「貸してくれないなら、元カノを頼るよ?」
と、かけ引きをされているように感じイラっとしました。
でもその一方で、元カノに頼るなんてことは
実際には本気で考えてないってことも、
ずっと彼と一緒にいる私には分かっていました。

事実、早くハッキリ言ってと何度メールをしても、
その言葉を言わない彼。
そして言わないまま、彼から着信がありました。



----------------------------------------
最後に、もう一度だけお願いさせて。
ダメならそれでもいい。
どっちにしても最後にまゆりんこちゃんの声が聞きたくて電話した。
----------------------------------------


と。


これは期限である20日の一日前、8月19日の出来事でした。
彼は、最近変な電話がお店にかかってくると言いました。
「照英社長さん、いらっしゃいますかー?
取材の件でお電話させていただいたんですけどー。」
と、明らかに怪しい電話
おそらく、彼がお金を貸してくれた人がすでに闇金らしき組織に
照英さんの情報を流し、そこが在籍確認の電話をしてきたのだろう、と。
共通の知り合いに聞いたところ、それはその人の手口なんだとか。
その手の業界と繋がっていて、割と簡単にお金を貸してくれるけれど、
ある日突然「○○日までに返して。じゃないと闇金で換金するよ。」
と話を持ちかけられるのだとか
先方から突き付けられた20日を過ぎれば、
本格的な取り立てが始まるであろうことは、容易に想像出来ました。




闇金…。




「20日を過ぎれば、彼の人生は終わってしまう…。
なんとか助けてあげたい。」と思う気持ちもあれば、
「でも例えそうなったとしても、それは決して私のせいではない。」
と冷静に思う気持ちもあって。

詳しくはお話出来ないけれど、
来月中に某機関から150万円の融資を受けることが可能、
というのが確実であるのは、彼から聞いていました。
それで必ず返済出来るから…と説明を受けました。

ただもう、自転車操業みたいなものですから。
融資を受けることで私に返済出来たとしても、
結局また彼の手元に運転資金が残らないわけですから、
苦しい状況であることは何も変わりません
ただその時はもう、お店を買い取ってくれる人を探すなり、
別の手段で考えていく、と言われました。
私にお金を借りるのもこれで本当に最後だから助けて欲しい、と。


もうここまでくれば、彼との将来は考えられませんでした。
計画性の無いところとか、
元はと言えば、そのお金を貸してくれた人も彼の知り合いだから、
交友関係にも疑問を抱くようになり…。
そう言えば、まともな社会人している人って少なくて、
彼の友人知人はほとんどが自営業。
自営業が悪いってわけではないけれど、
明らかに私とは生きて来た環境が違い過ぎるなと感じるし。

そう言えば、彼のお店にとある夫婦が遊びに来てくれたのだけど、
奥様がなんとも品がなくて苦手なタイプだなーと思ったら、
案の定、水商売してる人だったしなー。
(水商売が悪いというわけではなく、個人的に好きじゃないだけ。)
とにかく、彼と人生を共に歩んでいくには
何かと無理があるなと確信した私。
だから、彼との結婚はもちろん、
今後お付き合いをすることさえ、厳しいなと。



だけど。




これまで彼にしてもらった事や、
与えてもらった気持ちなどを思い出してみると、
どうしてもこの彼のピンチを見過ごすわけにはいかず。





20日、当日。



本当にギリギリだったけれど、
仕事の休み時間を利用して、150万円を振り込みました。


彼には、その知り合いには注意するようにと伝えました。
借用書を悪用されるケースもあるから、注意してと。
もしもその方が、すでに借用書で換金した後だとすれば、
いくらその方に100万円を返済したところで、
闇金は照英さんに対して取り立てをする権利があるので、
最悪、二重返済を迫られちゃうリスクがあるよと伝えました

そのアドバイスを踏まえ、照英さんはその方と一緒にATMへ行き、
目の前で振り込んで見せて、
それと引き換えに借用書を返してもらったそうです。


なにはともあれ、彼を闇金から救うことは出来ました。
貸したお金は、9月末までに一括返済してもらうことになっています。
今回もまた、借用書を書いてもらいました。
ちなみにお金を振り込む瞬間、涙があふれました。
「私、何ヤッテルンダロ…。」って。
自分で自分が情けなくなっちゃって

そうそう、先日返ってきた健康診断の結果、
胃にポリープが見つかりました
絶対、この件が影響していると思うーーーーー(-ω-`;。)



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村


2013.08.23
実は、気になっていたことがありました。
花火デートで会っていた時も、その後のLINEでのやりとりでも
なんだか照英さんの態度やテンションが、
微妙にいつもと違うなと感じていたのです。

「なんか、いつもと違うよ?」と、その訳を探ってみても、
「考え事をしてるだけ。」とのこと。
「考え事って何?」と聞くと「資金のこととか。」との返事でした。


そして、花火デートから数日後。
ついにこんなメールが送られてきました。


-----------------------------------
やっぱり色々考えたけど、
いろいろ助けてくれたり、保証人なってくれたり、
協力してくれたり、
借金あっても結婚してくれる人を探そうと思う。

ごめんね。
-----------------------------------


また振り出しに戻るのかと、ガッカリしました。
ついこの間は、
「何もしなくてもイイから、ただ一緒にいて欲しい。」
って言ってくれていたのに、アレは何だったんだろう

お母様の命日が近付いてきたので、
それで何かとナーバスになってきたのかなと思い、
(私自身が息子の命日が近付くと、不安定になるので。)
それを聞いてみたけれど、違うとのこと。


-----------------------------------
前にお金を借りた人から、20日までに返さないと
闇金みたいなとこで換金するって言われた。

ずっと悩んでたけど、今後そんなヤツから借りたくないし、
そんな時に頼れる方がいいから
まゆりんこちゃんが最近よく言ってる
お互いのためやと思う。
-----------------------------------


と。

ちなみに、彼の発言にあった
「まゆりんこちゃんが最近よく言ってる」というのは、

「金銭感覚が違い過ぎるので、結婚するには無理があるのでは?
離れた方がお互いのためでは?」
と彼に話すことが多かったのです。
その度に彼は「何もかも価値観が同じカップルなんていない。
お互いが妥協し合ってここまで来たし、今後もそうすればいい。
お金も保証人も、もう何もしてくれなくて良いって
俺が言ってるんだから、もうその問題も解決したでしょ?」
ってなだめられるパターンだったのですが、
ここにきて、私の意見に賛成した形の彼。


お金を借りた人っていうのは、
以前の記事で出てきた、土下座をさせられたというあの人。
元々は9月末までに返済する約束だったらしいのだけど、
「急に必要になったので、8月20日までに返してほしい。
さもなければ借用書を持って闇金に行って換金する。」
と言われたそう。


闇金なんて本当に可哀想だし、
ここで何とか助けてあげたい気持ちもあるのだけど、
そうすれば実績を積んでしまうだけで、
「何かあったら、まゆりんこちゃんが助けてくれる。」
という彼の甘えを増幅させるだけだし、貸してはいけないなと。


思う瞬間もあれば…、



でも闇金だけは助けてあげたい…。



いや、ダメだ…。




と考えこむ時間もあったりで・・・



あとビックリしたのが、その人から借りているのは100万なのに、
今回私から借りたいのは150万だそうで、50万増えてる…
その内訳は、100万が返済分。
残り50万は、今後銀行から融資を受けるにあたり
有利にするために会計士さんを呼びたいのと、
今月末の諸費用の分だと説明されました。
月末の費用って、つまりお店の家賃とかそういうのだよね。
そこももう、借りないと無いんだね('A`)

「ここさえ乗り切れば、何とかなるし、
これで借りるの最後だから、何とか助けてほしい!お願い!」
と頼みこまれましたが、断ったらボロクソに言われました

前に一度100万円を貸したことは、
もう忘れられちゃっているのでしょうか。
あの100万がなければ、もうとっくにお店は危なかったはず。
助けてもらった過去がある人に対して、よくもここまでは言えるな…。

ってことは。
もしここで、借りに150万を貸したとします。
きっとその瞬間はとても感謝されると思います。
で、それをちゃんと返済してもらって数か月後、
またいくらか貸してほしいと頼まれて、もしもそれを断ったとしたら。
きっとまたボロクソに言われるんだろうなぁと。

結局、彼が貸してほしい時には毎回貸さないと
「大事な人が困っているのに、冷酷なヤツ!」
と責め立てられる。それってしんどいな…と。

私は彼に言いました。

-----------------------------------
照英さんのことが好きです。一緒にいられたら嬉しいです。
でもお金の件は、どうしても納得いきません。
あとは照英さんに任せます。
貸さないなら用無しだと捨てるなら、それでも仕方ないと思います。
-----------------------------------


そしたら、こんなお返事が来ました。

-----------------------------------
これだけ頼んでも、助けてくれないんや…。

そんなにお金が大事?
おれよりも大事?
前回も助けてくれずに、今回の状況分かってる?
オレどうなるかかわらんよ。

オレもその考え方には、納得できん。
-----------------------------------


と。


-----------------------------------
愛する人には、余計な心配をかけずに
お金は他で工面して、いつか成功するから待っててね、
くらい言えるのが愛情だと思います。
私が逆の立場なら、そうします。

お金貸すのが当然で、貸してくれなかったから
オマエのせいで今こんな状況になっている、
なんて、なんで平気で責められるのか理解出来ない。
-----------------------------------


と伝えましたが、これに対して

-----------------------------------
自分がそんな状況になってないから、言えるだけ。

お金を大事にして、助けないって、人間じゃないな。
そんな感情もってない人に何言っても同じやな。
そんなまゆりんこちゃんを幸せにしようと思わない。

もうメールの返事もしない。
本当にさよならです。

あとで荷物がどうのこうののやり取りが嫌なので
こっちで処分しておきます。
-----------------------------------


という返事がきて、やっぱりお互いの主張は平行線でした。



そう言えば。
数日前、彼宅にお泊まりに行く約束をしていました。
でもその約束の後に「やっぱり他を探そうと思う。」
なんて言いだしたので、そんな状態では行けないなと思い、
お泊まりには行きませんでした。

でも彼は、待ってたそうです。
もしかしたら、私がお泊まりにくるかもと思い、
朝、仕事に行く前にお米を洗ってタイマーをセットし、
仕事帰りにはスーパーによって食材を買い、
おかずを作って、私が仕事帰りに来るのを待っていたそうです。

「そんな事も知らないでしょ。
まゆりんこちゃんは、いつも口先だけ。
俺は口下手で上手に言えないから、その分行動で示してる。」

って言われました。
たぶん、お互いが大事にしている部分も違うんだろうな。
で、お互いが持ち合わせてる引き出しが違うから
お互いの気持ちに気付けないで、すれ違い。
きっと「もう本当にさよならです。」って言いながらも、
「貸してあげるよ…。」って私が言うのを待ってるんだろうな。



コメントで“不幸に酔っている”
というような表現をしてくださった方がいらっしゃいましたが、
私自身、今のこの状況を不幸だと感じていないんです。
もちろんお金の件で頼られるのはとても嫌ですが、
今のこの一番苦しい時に力になってあげて、
支えてあげるのも一つかなって感じています。

幸せの定義は人それぞれで、
人の幸せの定義の中で生きる必要はないと思っています。
自分が決めた道なら、それでいい。
例え貧乏で苦労しても、この人と一緒なら何でもいいって思えるなら、
それはそれで良いのかもって思うけれど、
でも、今はまだそこまで決断するには至らない。

自分がどちらの道に進みたいのか、覚悟が決められずにいます。
そんな中、提示された【20日】というリミット。
あと1日しか、ない。



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村



2013.08.19
そんなこんなで、最終的には
「何もしなくてイイから、ただ一緒にいてほしい。」
と言われた私は、余計に別れを選択しづらくなって、
照英さんと一緒に花火大会に行っちゃいました

実はこの花火大会、ちょうど一年前にも来ていて、
その時のことはブログにもUPしてるんだけど、
その時に「来年も一緒に見に来ようね。」って約束していたの
昨年に「毎年の恒例にしよう!」って言ってくれました。

【昨年の花火デートの記事】
http://mayurinnco02.blog114.fc2.com/blog-entry-1341.html


約束通りにまた今年も一緒に見に来れたのは嬉しいけれど、
昨年の今頃はまだお金の問題は何も出ていなかったから、
もっと純粋にデートを楽しめていたなぁ

IMG_5828.jpg

マイナーな花火大会なので人混みをさけて鑑賞出来るし、
真上で花火を見られるのは魅力的だけど、
個人的には多少混んでいても、
淀川の花火大会とか、ザ・迫力!!な方が好み

IMG_5817.jpg

打上数1,000発と迫力にかけるのに
入場料を一人1,200円も取るところが、やはり納得いかない
でも照英さんは「それだけ払っても見る価値あるわー」って上機嫌。
色んな意味で、金銭的感覚が違うわ…

IMG_5851.jpg

でもやっぱ、花火はイイね。
突然夜空に現われた、宝石箱のようでした

IMG_5825.jpg

「毎年の恒例にしよう♪」って言われたけど、
出来れば来年は、PLか淀川か、もしくは熊野の花火大会を希望…
でも、来年の今頃ねぇ…。
もうこの人とは一緒にいないのかもしれない。


ナントナクね…。


IMG_5860.jpg



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2013.08.18
私が彼に告げたこと。
「金銭感覚や価値観の違いが致命的。
こんな状態じゃ今すぐ結婚出来ないし、他を探すべき。」

すると彼は「鍵、返して。」と、
私に預けていた合鍵を返却するよう求め、
「もう夜中に電話とかしてこないでね。」と言いました。
(ちなみに夜中の電話と言うのは…、過去に別れ話になった時に、
その数日後、私が夜中に寝ぼけて彼に電話してしまい、
私の声を聞いた彼が、やっぱり別れたくないという気になってしまった、
ということが過去にあったことからの発言です。)

おそらく最後になるであろう、彼の去りゆく姿を見送り、
これで良かったのだと自分に言い聞かせながら、
トボトボとおうちに向かって歩き出した私。

…というのが、前回までの内容でした。今日はその続きです。



なんだかんだ言っても、好きなんです。
これだけ金銭的に頼られて、それでも好きってどういうこと?!
って自分で自分が情けないけれど、
好きという感情は、なかなか頭で整理出来るものではありません
そんなわけで、とても辛い気持ちでいたのですが。

なんと彼とバイバイして自宅に着いてたった数分後、
私の携帯に、彼から着信がありました。
もう連絡をとる気はないような事を言っていたのに、何事でしょう…
車内に忘れ物でもしちゃったのでしょうか



で、電話に出てみると。


「念のため、確認やねんけどさ…。」
と、どうやら確認しておきたい事がある様子。
「うん、何?」と聞いてみる私。
「さっき、こんな状態じゃ結婚出来ないって言ってたやん?
じゃぁ、こんな状態から抜け出すために、









保証人にはなってくれるんかな?」




Σ(||゚Д゚)



Σ(||゚Д゚)






ナニソレ、無理━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !




こんな状態じゃ結婚出来ないから、
一日でも早くこんな状態から抜け出せるように
それはつまり、一日でも早く結婚出来るように
追加融資を受ける分の保証人になってくれたりするのかな?
という質問でしたが、今のふたりの関係と状態からして
借金の保証人になる気はない、と即答しました。


で、それから何度か色々とやり取りがあって…。
今となっては、正直その内容をよく覚えていないのだけど、
最終的に彼が言ったことは、

「もう何もしてくれなくてイイ。
保証人もお金も貸してくれなくて、イイ。
ただ、一緒にいてほしい。」


ということでした。
なんか発言内容がブレていて振り回されていますが、
そこは正直、私も気分によって発言が変わって
彼を振り回しているので、お互い様だったりする

それにしても最初から
「何もいらないから、ただ一緒にいてほしい。」
ってそう言ってくれてたら、随分違ったのになぁ。



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2013.08.17