前回の記事に、こんなコメントをくださった方がいました。


世の中には商才があって起業するヒトと、
勤め人として勤まらずに起業するヒトがいるんですけど…

後者なのかね?



照英さんは、後者の可能性がものすごく高いです
彼は正義感がとても強いんです。良くも悪くも。
筋が通らないことは大嫌いで、黙っていられない。

ついこの間、こんなエピソードを聞いたのですが、
彼が以前会社勤めしていた時も接客業だったのだけど、
時々いるじゃないですか、いちゃもんをつける人。
そういうの我慢出来ないんですって。
だからそういうお客さんに遭遇した時に、
社長に「辞めます」って一言電話した後、
お客さんとつかみ合いの喧嘩しちゃったんですって
まぁこの時は、周りのスタッフが止めに入ってくれ、
社長も「気持ちは分かるけど、あかんよ。」って、
多めに見てくれたそうですが。

この話を聞いた時に、社会人失格だなーって思っちゃった。
私も長年、接客業に携わっているので
道理にはずれたことを言ってくるお客様もたくさん知っているし、
彼の気持ちも分かります。
でもそれをぐっとこらえて、大人な対応しなきゃ。

結局この職場を退職したのは、これがきっかけではなくて、
ワンマン社長の経営方針に腹が立ったことらしいのですが、
確かこの職場の前の職場を辞めたのも、
経営者の言動に腹を立てたから、とか何とか言ってたような…。
養うべき家族がいればまた違ったのかもしれないけれど、
気に入らないことがあると、辞めちゃう傾向にあるのかも。
ってことで“勤め人として務まらない”の後者が正しいかなと。

ちなみに前の職場を退職する理由は、
表向きには「起業準備のため」としていたらしいけれど、
実際にはまだ起業というのは具体化していなかったらしくて。
亡くなったお母様と一緒に住んでいた一軒家を売りに出して
それで割とまとまったお金が手に入ったので、
「ちょうどいいし、これを資金に起業してみようかな。」
みたいなノリだったらしいです
年齢的にも就職口も限られてくるし、
人の下で働くよりもいいかもーみたいな感じで、
「いつか自分のお店を持ちたい!」とか
そういう夢を抱いていたわけではなかったみたい。



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2013.06.30
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

最近、雑誌でよく見かけますね。
リ・ダーマラボさんの、『モイストゲルプラス

リ・ダーマラボ モイストゲルプラス

「株式会社アンサーラボ」の方が馴染みのある方もいらっしゃるかも。
現在は、会社名とブランド名が「リ・ダーマラボ」に変更されています
そう言えば商品名も以前は「ダーマモイストゲル」でしたよね。

ところでこの商品の魅力のひとつに、
オールインワンであること、があげられると思います。
高保湿、低刺激、エイジングケアの3つを叶えてくれます。

ドクターズコスメだけあって、
元々は「皮膚の創傷治療」の研究から生まれたスキンケアだそう。
傷を湿潤に保てば創傷スピードは3倍になる、
という事実から、スキンケアの原点である
「保湿」を徹底することにこだわった商品なのだとか。
適切な湿度を保てば、細胞は本来の機能を取り戻し
皮膚はあるべき姿に再生する、というわけですね。


ところで、レビューブログさんからの情報によると、
今はRe dermalabさんで特別なキャンペーンが。
1本購入するともう1本ついてくるらしいですよー。どんだけ太っ腹!!

リ・ダーマラボ モイストゲルプラス

顔もそうだけど…、とりあえず早く心が潤いたい
アラサーまゆりんこでした。



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村



2013.06.30
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

毎日利用している最寄駅
階段横に貼られているポスターが定期的に変わるのですが、
先日から『男のエステ ダンディハウス』になったんだよね。
SMAPの木村拓哉さんがイメージキャラクターなので、
毎朝出勤時に、キムタクのアップ写真を見ることになり、
ファンでもないのに、なぜかちょっぴりテンションあがる私です
世の男性陣は美人を好むけど、
だったら言わせてもらうけど、女性だってやっぱどうせなら男前がいい

さて『ダンディハウス』と言えば、男性の美容というものが
まだ珍しかった時代に、「男性も美しくあるべき」
という考えを主張した、言わばエステ界のパイオニア
それだけでももう拍手物ですねー。素晴らしい。

そして現在「男のダイエット」や「男の脱毛」など
たくさんのメニューがあるそうですよ。

ダンディハウス

エステサロンと言えば、今はもう数え切れないほどの数が存在しますが
何が大切かって、それはやっぱりエステティシャンの技術だと思うのです。
その点、こちらのサロンでは専門教育を受けた有資格者が
最高レベルのサービスを提供してくれる、ということなので安心
ソワンエステティック協会から
「5つ星」サロンとして認定されているそうなので、
技術だけではなくて、おもてなしの心も備えているということですね。

美容に興味のある男性は、ぜひ。
お申し込みはコチラ

ダンディハウス

全然関係ないですけど、
上の男性の画像、腕の筋肉がやばいですね。あと血管も。
たぶん私は、腕フェチです


レビューブログさんからの情報でした。

** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2013.06.29
例の100万円の件について、
「無事に返ってきますように!」と祈ってくださる方が多く、
ワタクシ大変感激しております
そんな中、ついに27日を迎えたわけですが…。
きっと皆さんの祈りが通じたのだと思います。

















返ってきましたっ




IMG_5569.jpg



きっと驚かれている方も、いらっしゃるのでは?
返ってくるわけない、と思っていた方もいることと思います。
実際、事情を知っている職場の方からも、


「返ってくるわけない!高い授業料だと思って諦めなさい。」
「返済期限の延期を、永遠にお願いされるでしょうね。」
「返ってきてもせいぜい半額では。」

などと散々言われておりました
でも実は私、そりゃもちろん不安はありましたが、
心の奥底では絶対に返ってくると100%信じていたんです。
一年間彼と一緒にいて、彼の人間性に触れ、
踏み倒すようなことをする人では絶対にないと、
それだけは確信していました。
ただ「返したいけど返すお金がない」という、返済能力の問題だけ。
「返ってこないのではないか」という心配ではなく、
「返ってくるまでに、随分かかるのではないか」という心配。

約束は5月20日でしたから、1ケ月ほど遅れましたが、
それでも一括返済してくれました。
ただこれを私に返済したことによって、
彼のお店にはもうお金が残らないらしいです。
今月末の支払い(家賃などの経費と、国金への返済)は何とかなっても
もう来月分のそれは支払えないし、
商品の仕入れすら不可能です。

仕入れが出来ないから、売れない。
売れないのに、家賃と国金への返済だけじゃ嵩んでいくので
これはもう、単なる悪循環ですよね
もう本当に後がなくて、ギリギリの切羽詰まった状態で、
だからこその、デリヘルドライバー発言が出たのだと思いますが、
それにしても、行動にうつすのが遅過ぎるなぁ、と

夏休みの宿題を、始業式2日前くらいから
慌ててやり出すタイプって言うのかな。
私に返済すれば、こうなる事は事前に分かったはずだから
だったらもっと前からバイトでも何でもしておくべきで
こういう行きあたりばったりというか、計画性の無さが顕著になると
自分の人生だとか将来だとかをこの人に預けて大丈夫か、
っていう不安が出て来ますよね(´・ω・`)


とりあえず。


「また100万貸してあげるから、もうちょっと頑張ってごらん。」
なんて事が言えないように、返済があった当日に
ネットバンキングをポチっと操作して、
すでに定期預金に入れておきました
今は時期的にも金利キャンペーンがあってお得ですしね。

で、実は彼とは少し前からお別れする方向で
話がすすんでいます。
彼のことは好きだから、お別れするのはとても辛いのだけど。
彼のことが好きだから、出来れば援助してあげたいのだけど。

ここで足踏みしてるわけにもいかないので、
もうこの100万円は、彼の尻拭いのためではなくて
自分のために使いたいと思います。


祈ってくださったみなさん、本当にありがとうございました



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2013.06.28
ついに26日を迎えました。
お客様から入金されるのが26日だと言っていたので、
それが私の口座に振り込まれるのは、最短でも27日だと思われます。
(そのへんの説明がグレーなのも、気に入らない

さて、約束通りに彼が私に一括返済をすると
もうお店には運転資金が残らないそうです。
私は以前から


「人からの援助にばかり頼っていないで、
自分で何とか捻出しようと努力すべき。」


だと彼に言って来ました。


「返済期限を守るために、寝る間も惜しんで
夜にバイトするくらいの誠意を見せても良いのではないか。」


と言ったこともあります。
すると彼はこう言っていました。
「夜にバイトしたところで、一体いくらになるん?」と。
睡眠不足が原因で、昼間に居眠り運転をしてしまい、
自動車事故を起こすリスクを背負ってまで
夜にバイトする価値があるのか、みたいなことも言われたっけ
確かにそれも正論だけど、気持ちの問題っていうかさ。
何が何でも、約束を守らないと!
っていう姿勢を見せてほしかったわけですよ…。


さて、そんなわけで夜のバイトを拒否していた彼ですが、
どうやら本格的に経済状況が悪いと焦ってきたのか、
「夜にバイトをする。」と言いだしました。
時間の自由が聞いて、お金もいい仕事を見つけたらしく、
何の仕事かと聞くと、








「デリヘル嬢の送迎をする、ドライバー」と。




il||li _| ̄|○ il||li




いやその、仕事を差別しちゃいけないと思います。
色んな事情もあると思います。
ただ私の主観的な考えではありますが、
個人的な考えに過ぎませんが、この手の仕事は、









受け付けません。


関係者の方、経験者の方には非常に申し訳ないですが、
水商売だとか性風俗のお仕事は、個人的には





めっちゃ見下しています!!!



ハイ、スミマセン。



そういう所で働いている女の子だったら絶対に友達になれないし、
友達がやりだしたら、きっと意識して距離を置くと思うし、
とにかく毛嫌いしてるんです、こういう世界を。


なので彼からそれをしようと思うと言われた時に、
なんかすっごい心をかき乱されました。
今後、彼と一緒にいる可能性は低いけれど
彼とデリヘル嬢がふたりきりで車に乗っている、
という空間を想像するだけで、なんか胸が苦しくなりました

こういう仕事に抵抗ないっていうのは、
(本人は「(抵抗)あるっ」て言ってたけど、
実際のところは「(抵抗)あるけど出来る」程度なわけだし。)
たぶん生きてきた世界が違うんだろうな。

彼は、10代の頃にはフィリピンパブでバイトしていたらしく、
この頃にすでに水商売経験済み。
元々お母様が夜の仕事をされていて、
酔っ払って帰ってくる母の姿をずっと見てきたこともあり、
「水商売の女性は嫌いだ」って言うけれど、
そういう所で働くのは抵抗ないんだから、不思議。

そして若い頃はちょっぴり
“いけない物”に手を出したこともあるらしく、
そもそも、そういう物が手に入る環境にいたのか、と唖然。
やっぱサーフィンってそうなのかな…(´・ω・`)

なんか生きてきた世界が違うよね。
とりあえず、ドライバーとか無いわぁぁあああああああーー



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2013.06.27