久し振りの更新になってしまいました
彼との事で悶々としていた、というのもあるけれど
仕事が結構忙しくて、つい先日も日帰りで東京に行って来ました。
そんなこんなで、ここのところは精神的にも体力的にも、
ブログを更新する気力がありませんでした

で、また彼との暗い話だと滅入ってしまうので、
まだUP出来ていなかった初詣のお話でも書いておこうかなーと。
(結局、彼の話なんだけど

:::::

昨年末にチャットしていた時に「初詣どうする?」って聞いたら、
「別に行かなくてもいい。」って答えた彼。
初詣とか重視しないタイプで、出掛けた先で偶然神社があれば…
程度にしか考えていなかったみたい。
「えー、つまんなーい。一緒に行けたらいいのにー。」
ってちょっとスネてみせたのだけど、
実際のところ私もあまり初詣とか重視してないので、
行かないなら行かないでよかったのですが

きっと「つまんなーい。」と言ったのを覚えていてくれたんだろうね。
年が明けてから会ったある日のデートで
「行ってみようか。」って連れて行ってくれたのは、
福男選びで有名な西宮神社でした

IMG_4759.jpg

狙ったわけではなく、偶然仕事の休みと重なっただけなのだけど、
訪れた日はちょうど「十日えびす」の日で、
全国各地から集まる参拝客で賑わっていましたよー。

IMG_4767_20130126010638.jpg

体長約2.5メートル、重さ255キロの鹿児島県産のクロマグロ
お刺し身にすると、約1300人分なんだってー。
マグロの頭や背に五円や十円などを張り付け、
硬貨がマグロから落ちなければ「お金が身に付く」と言われています。

IMG_4763.jpg

おみくじ、ひいてみました。
そしたら何と…、

IMG_4772.jpg

でしたっ!!!


*願い事   かないにくい

*なくし物  見つかりにくい 

*病気    危ない

*待ち人   来ない

*災難    多い。身を慎め

*開業移転  始めないのが良い




ホンマ凹むわぁ~~~~

おみくじをひいた時、出てきた数字を見て
「わー、なんか良さそう」ってつぶやいた私に、
巫女さんがプって笑いながらおみくじを渡してくれたのだけど、
あの笑いはそういうことだったのか…(|li-∀-)

でも生まれて初めて行った、西宮神社。
本当に色々な所に連れてってくれること、感謝しています。



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

2013.01.26
前回の記事に親身になってコメントをいただき
本当にありがたく思っています。
ありがとうございます

結論から言うと、まだ決断出来ていません…。
この際、恋愛感情は抜きにして現実を見ないといけない!
と思い、そういう考え方であれこれ考えていると
やっぱりこの結婚には無理があるなと思うのですが。

その次に考えるのは、やはりこれまで彼と共に過ごした時間のこと。
彼に与えてもらった優しさは計りしれず、
その俺として経済的に支えていくのもアリかもな、
と思ったりもして…。


もうね、毎日とにかくその事が1秒たりとも頭から離れません


仕事中も、ずっとその事考えちゃってます。
ダメですね、ハイ…。
とある方からは「そんな男、スパっと切ればいいのに。
あなたは情が深いから、そうなっちゃうのね…。」と言われました。
あぁ、確かにそうかも(´・ω・`)


そうそう、彼のこれだけは許せないってことがありましてね。
今時、飲酒運転しちゃうんですよ。
私と一緒にいる時は、厳しくダメ!って言い聞かせることは出来ても、
私の目の届かない所までは管理出来ないですし。
「ビール数杯くらい、大丈夫。
体質的にアルコールが検出されないから、
飲んですぐに検問でひっかかっても大丈夫だったし。」っていうのが言い訳。
でも体質とかの問題ではなく、倫理観の問題でしょ、コレ。
立派な犯罪ですからね。
それでもし事故でも起こして、相手を死なせちゃったりしたら…、
それこそ大変なことになります
というわけで、経済的なことに加え、
こういう倫理観の欠如にも疑問があったりして、
ある程度、考えは固まってはいるんですけどね。


そんなこんなで、もう息がつまりそうなくらい
毎日、毎日、毎日、毎日…、悩んでいたら、



ワタクシ、ついにやってしまいましたっ


仕事を終えてロッカーで着替え…、そこまでは良かったのですが、
その後ロッカーの鍵を閉めるのを忘れた上に、
ロッカーにキーケースをさしたまま、退社してしまったのデス
もう、どんだけ注意力散漫だよ…(*´□`)

しかもそのことにずっと気付かず、自宅に到着して
さぁ鍵を開けようかという時に
「あれ、鍵が無いっ!!」となったんですねー。
この時点ではまだ、ロッカーにさしたままだと気付かなかったので
どこかで落としたのではないかと、それはそれは焦りましたヨ。
でもその後に、携帯に不在着信があって
留守番メッセージが残っていることに気付いてね。
聞いてみたら、ロッカーを管理してるオバチャンからで


「おたく、ロッカーに鍵つけたまんまで帰らはったでしょー?
おうち、入れるのかなーと思って電話しましたぁ。



おうち、入れるの??

明日取りに来てね。」



とメッセージが残っていました
キーケースには、ロッカーの鍵の他に自宅の鍵もついているので、
よっぽど気にしてくれたんだろうね。
「おうち入れるの?」って2回も聞かれたよ
ま、実家暮らしなのでその点は大丈夫だったんだけどねー。
でもここだけの話、照英さんのおうちの合鍵もつけていたので
本当に危なかったです(・ω・;)

今までたったの一度もこんな事なかったから、
よっぽど悩んでるんだな、私って思いました。
こんな状態(↓)でロッカー前面にささっているのだから、
視界から抹消する方が難しいと思うのだけど

IMG_47811.jpg

『この合鍵から離れなさい』っていう、神からのお告げなのかな…。

でも冬の寒い夜に、おばちゃんの優しさに癒されました
鍵の所在が分かっただけでも、安心です(*´д`*)



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2013.01.18
ブログで口コミプロモーションならレビューブログ

お洒落で、トレンド感満載の『エル・ショップ(ELLE SHOP)
(ELLE公式のオンライン・セレクトショップです。)

elle.jpg

レビューブログさんから教えてもらったのがきっかけで、
ファッション雑誌を見る感覚で時々覗いています。
お洋服を買う時の参考になるような情報が掲載されていて、
結構助かりますー(*・▽・*)

マーク BY マークジェイコブスJILLSTUART
MACKINTOSH PHILOSOPHYなどお洒落なブランドもたくさん

ELLE SHOP

今はちょうどSALE中なので、すっごいお得
aa_20130118175659.jpg

◆ASH(アッシュ)◆
スパイクスタッズ付きフラットシューズ /ブラック
¥21,000¥14,700

素敵ー、欲しいーー。
「アッシュ」はイタリア・フィレンツェ生まれのブランド
激しく移り変わるトレンドにもマッチする、新感覚のデザインが魅力。
毎日寒さの厳しい日々が続いているけれど、
こちらのサイトでは当然もう春夏のアイテムが紹介されていて

ash.jpg

スニーカーひとつとっても、やっぱりお洒落。

mm.jpg
as.jpg

普段スニーカーとかあまりはかないけれど、
昨年は海デート用にデニムのショーパンも買ったし
もう少し足痩せに成功したら、
こんな風に足元をカジュアルにしてみるのもイイな。


2013.01.17
初めて会った日から大好きだった人。
でも彼にはこれまであまり結婚願望がなかったことを知り、
結婚願望の強い私としては、少し残念だったあの日。

メールが来るだけで嬉しくて、でも脈ナシっぽいから苦しくて。
そんな日が続いていたから、まさかあれから
彼とお付き合い出来る日が来るなんて思いもしなかったし、
ましてや「結婚しよう。」って言われることになるなんて。


大好きな人からプロポーズされる。


女性からすれば、こんなに幸せなことはないはずなのに、
なぜか私はとても苦しい毎日を送っていて。
色んな事がありながらも、
今ではすっかり私の過去のことを全て受け入れてくれて、
黄色のお花の写メをくれたり、永遠くんのことについても
「一緒に供養していけばいい。」と言ってくれたり、
彼には精神的にとても支えてもらっていて、頼りにもなって
居心地も良くて、気付けば一番のよき理解者になってくれていて。
何より大きいのは、彼は女性問題では私を裏切ることはない、
って信頼出来ること。
前の結婚生活では、元夫の女性関係に本当に苦しめられてきたから、
次の結婚は、その面で安心出来る人じゃないと無理だなって思ってた。
でもなかなか心底信頼出来る男性なんていなかったから、
そこで安心感をくれる彼はとても貴重。
そんな彼と、出来ることならずっと一緒にいたいけれど。


一つだけどうしてもひっかかっているのが、金銭的なことで。



彼は現在、起業準備中。
以前、物件の保証人問題でもめたことを
覚えている方もいらっしゃるかもしれませんが、
その物件も、無事契約済で、
(敷き金を3倍支払うことで、保証人なしで契約出来たらしい。)
改装業者も決まり、いよいよ数日後から改装工事に入ります。

起業にあたり、彼は国民生活金融公庫から融資を受けています。
四捨五入すれば一千万になる額です。
以前に一度、保証人の件でもめたことがあるため、
彼はこの時私に保証人を依頼してきませんでしたが、
融資を受けるにあたり、かなりしつこく保証人を立てるよう言われたらしく、
「なってもらえる人はいない」で通しぬいたそうで、
それでも最終的には融資OKのお返事がもらえたそうなので、
彼が提出した事業計画書は、きっと第三者が見ても
「大丈夫だろう」と判断される内容だったのだろうけれど。

先日彼から言われたんです。
「結果的には融資受けられたけど、
もし保証人を立てることが出来れば、金利が全然違った。」と。
なんだか保証人になりたがらない事を責められている気がしました。


さらに彼に言われたこと。



---------------------------------------
「軌道にのるまでは、月収が0の時もあると思う。
やばい時には、食べさせてもらったり、
お金借りたり、まゆりんこちゃんに援助してほしい。」
---------------------------------------


私の悩みっていうのは、ここなんです。
どうしても、この言葉が自分の中で消化出来ないと言うか。
今はもう、女が男に養ってもらう時代ではないだろうし、
共に助け合って生きていくことも大切だろうけど。


起業するにあたり、食費や家賃などの自分の基本的な生活費くらい、
準備しておくのは普通ではないのかと。
「まゆりんこちゃんまで養ってあげられない。」
ならまだ分かるけど。
って、そもそもそんな状態でプロポーズするなって感じはするけど、
それならまだ分かるのよね。
だけど彼の場合は「俺の分も生活費出して。」だから、
そこって何か違う気が…。
彼女いなかったらどうするつもりだったんだろ。
そして彼からは、




「それが出来ないなら、邪魔だから今別れておいて。」



と言われました。時間の無駄なんですって。
っていうか邪魔って…(´・ω・`)
俺には時間がないから、次の女性を探さないといけないって。
なんかそういう言い方されちゃうと、
私とずっと一緒にいたいわけではなくて、
金銭的に援助してくれる人を探しているだけなの?
って思ってしまうのだけど、彼の言い分としては、
「俺はまゆりんこちゃんがいい、
まゆりんこちゃんも俺がいい。
だけどそこの金銭問題をクリア出来ないなら、仕方ないだろう。」と。


困った時は助け合うのは当たり前だと思うけど、
でも「養ってほしい。」ではなく、
「軌道にのるまで待ってて。」とは言えないのか?
って質問してみたらk


「俺の状況を見極めようと、汚いことするな。」


って言われました。なんかすっごいショックでした。
そんなつもりはないんだけどな…。



私的には、44歳にもなって、
一回りも年下の女性の収入をあてにするってどうなんだろう…。
という気持ちも少なからずあって。

でも彼的には、
「何かあったら助けてあげる!」とか「養ってあげる!」
くらいの事をポーンと言えないのか!っていう気持ちみたい。


このへんで金銭感覚ズレてるから、
きっと結婚してもうまくいかないんだろうなって
なんとなく想像できちゃって、
それで彼が言うように今別れておくべきなのかなって
毎日毎日、そればかり考えて苦しいです。
でも彼のためにも、早く結論出してあげないと。


今後、彼がまた追加で融資を受けることになった時、
保証人になる覚悟が出来ずにいます。
ここだけの話、貯金は結構あるので
万一彼が支払えない時でも、私が返済することは可能なんですが。
でもそうなると、私って何のために結婚するんだろうって気も(・ω・;)

悲しいけれど、お金のゆとりって、
心のゆとりに繋がってくると思うんです。
仕事柄、取引先の方と飲みに行くことも多いと聞いています。
接待で、きれいなお姉さんがいるお店に行くことも
それこそ風俗に行くこともあると思います。
それが彼の稼ぎで行くのであれば目をつむれても、
私が養ってあげてる中でそういう事が続けば
かなりのストレスを感じてしまうと思うし…。


家事に関してはとても協力的で、
シフト制で帰りが遅くなることが多い私のために
ご飯は作って待っておくよー
なんてことも自然と言ってくれる人なので、
私が頑張って稼いでくる!っていうのもアリなのかもしれないけれど。



最悪の場合、事業に失敗して多額の借金だけが残る、
というリスクもあるわけで、
どうしても心が決まらない私なのです。
結婚の条件は三高(高学歴・高収入・高身長)から
三低(低姿勢・低リスク・低依存)に変わったといいますしね。


* 今後、必要に応じて保証人になること
* 困った時は金銭的に援助すること


が条件だと言われているのは、やっぱり高リスク…。
この金銭問題さえなければ、あとはとっても素敵で大好きなんだけど。
でもそもそも、その金銭感覚が人としての基本である気もするしな(・ω・;)


苦労を覚悟で一緒になるか、リスクを回避して別れるか。
二者択一だって分かっているのに、決断出来ずにいる私。
お互いのためにも、もう数日で決断しなければと思っています。


** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2013.01.14
ある程度、言いたいことは言える関係になって、
そしたら喧嘩になる確率も増えてきて。
ただ彼に言わせてみれば、
「それを喧嘩と思っているのは、まゆりんこちゃんだけ。」と。
そうやって言い合いになるのは、むしろ仲良しの証拠だと。
まぁ言い合いになる原因は、いつもとても些細なことなんだけどね。
恋人同士の喧嘩って、たいていそうじゃないですか?

先日も、本当にちょっとした事で私がイライラしちゃって。
私が送ったメールに対する返信がなかったことにスネて、
彼も彼で「ごめんね。ちょうどご飯食べてる時で。」って
あっさりゴメンネって言ってくれれば良いんだけど、
彼は「ごめん」の言葉の使用率が非常に低い人でして
個人的には、例え自分に非はないと感じていても、
その場を丸くおさめるために使う「ごめんね」もあると思うのですが、
彼にはそんな考えは全くないらしく、
心底自分が悪かった、と思った時以外は絶対に「ごめん」を言いません。

というわけで、私のイライラが雪だるま式につのっていって、
そのうち「もう鍵返そうか?」とか、
「今度荷物取りに行くから!」とか、
別れをほのめかす発言までしちゃった私…
2日後にお泊まりしにいく約束していたのに、それも
「もう無しでいいよね!」なんて私のイライラはヒートアップしてしまい
彼からの返信は「お好きにどうぞ。」とか、
「はいはい、それでOK」という感じで、決して引きとめることもなく。
「ごめんね」も言わなければ、引きとめることもしない人です。

翌日も、何となくイライラを引きずったまま一日が始まって、
お昼休憩でランチしに行った時に携帯を見たら
前日に喧嘩(言い合い?)してた相手、彼からメールが届いていて。
それはメッセージは何もなく、
たった一枚の画像が添付されているだけのメール

IMG_4741.jpg

あぁ、そう言えば前もこんな事があったなーと思いだして。
喧嘩した後に彼から飛行機の写メが届いて、
その時も何もメッセージはなかったんだよね。
学生の頃に客室乗務員に憧れていた私は、空港や飛行機が大好きで、
彼はそのことを知っているのよね。

伊丹空港が生活圏内の彼が、見慣れているはずのその風景を
あえてカメラにおさめようとするのは、
やっぱり私のためなんだろうなと思うわけです…。
ごめんねの言葉はないけれど、代わりに送られてくる飛行機の写真は、
彼からの「仲直りしよう。」の合図なのかもな

付き合い始めの頃の彼なら…、
むしろ彼の方から「別れる!」と言いだすことが多くて、
私が感大な心で色んなことを許し、ヨシヨシって感じで扱っていたのだけれど、
その頃と比べると関係性が変わってきたなーと感じます。
少しずつ彼の器が大きくなってきたような。
私がだんだんワガママになってきてる、とも言えるのだけど


** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2013.01.10