随分前のお話になりますが、
高校時代の友人グループ(5名)から
サプライズで出産祝いが届きました


BOXがあまりにお洒落でテンションが上がりました

01c1d9af8c3a9a2b3de1728a56ba4009c035ce83cb_201709301642156b4.jpg

そしてよく見るとMARLMARL(マールマール)のものだ!
これは嬉しい!
と言うのもこのお店のアイテムがとても好きだから。

ということはこのメンバーには話したことがなかったので、
本当に偶然だったみたい。
そんな事もあるのね、すごい

心のこもったメッセージカード

015a01232e714c958096f95b00da359f24517709fe.jpg

さすがMARLMARL
眺めているだけで幸せな気持ちになります。

01a993a0b2f42b39ff7341027d2d91a429ad5efea4_2017093016421318a.jpg

そしてピンクのこのチュチュスカートは
とってもよく出来ていて、
なんと成長に合わせて着こなしが楽しめるんです。

170930.jpg

↑ベビーの時期は手前の女の子のように
ベアトップのワンピースとして。
そして3歳前後になったら、奥の女の子のように
取り外し可能な肩ひものリボンをウエストにつけかえて、
チュールスカートとしてはけるようになっています。

あぁ可愛い
モデルちゃんが反則級に可愛いから、
余計に可愛く見えちゃいます


お洋服はまだちょっと早い気もするので、
とりあえずお食い初めの時にスタイだけつけてみました。
ちなみにMARLMARLは
このまあるいスタイで有名なSHOPです。

010241ba83a3bd03f33c4d52dd2b862ab4071596f8.jpg

しかしさすが仲良しの友達だけあって、
私の好みをちゃんとおさえてくれているなぁと感心。
ドストライクでした。

今回、出産祝いとして本当に多方面の色々な方から
ベビー服をいただいたのですが、
ここだけの話、だいたい好みと全然違ったりする
そういうのに限って2万円とか高額だったりして、
お気持ちは本当に嬉しいけれど、
実際問題、これの半返しってキツイなーと思ったりw
(↑心が汚くてスミマセン

そういうのが割と重なってしまったので
そんな中で友人からのこの贈り物は
本当に本当に嬉しかったーーーー。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.09.30
先日、無事にお食い初めをすることが出来ました

何より気になっていたのは、
当日に義弟夫婦も招集されてしまうのか、
ということでしたが、結果から言うとそれは免れました。
あー、本当によかった!

三男夫婦の方はまだしも、
もしも魔女が来ることになったらどうしよう
と真剣に悩んでいました
憂鬱過ぎて、数日間は吐き気と腹痛に襲われたほどです。


マメちゃんの今後の健康と多幸を祈って行うことなのに、
負のエネルギーを放つ魔女が同席するとすれば、
もはや本末転倒。
もしもお義父さんが
どうしても兄弟夫婦を集めるご意向なのであれば
お食い初めはもう私たち家族だけでやることにしようって
そう考えていたくらいです。


でもやはり義父母にとっては初孫なので
一緒にお祝いしたいと思っていらっしゃるだろう
ということも当然気になっていたので、
望んでいた形でお食い初めが行えて本当に良かった。
ホっとしました


:::::

今回のお食い初めで嬉しかったのは、
私の実家の父が釣ってきた鯛でお祝い出来たこと。

01b9818c71085b4e5f7e07ae6de81fc27c2f214d77.jpg

父がうろこを取り、内臓も処理し、形を整えた上で
真空状態で冷凍保管しておいてくれたのです。
それをお義母さんがきれいに焼いてくださいました。

美味しくいただけたし、
何よりじぃじが釣った鯛でお食い初め、ってとても素敵


それから今回は、
お義母さんが仲良くされているご近所のYさんにも
ご協力をいただきました。
Yさんにも小さなお孫さんがいらっしゃるので、
マメちゃん用の器をその方が貸してくださったそうです。
“歯固めの石”もその方のお庭にあったものを
いただいたとのこと()。
ちなみに白くてツルツルで、きれいな形の石でしたよ。

このYさんというのは
お義母さんよりも2~3歳ほど年上の方なのですが
私も結構仲良しで、そのお人柄が大好きなのです。
結婚祝いも出産祝いもいただいたり、
「まゆりんこちゃん」と名前で呼んでいただいている仲です

そんな仲良しのご近所さんのご協力もあり、
皆に見守られて支えられて、
無事にお食い初めを終えることが出来ました。


嫁の立場としてはお義父さんとお義母さんが
とても嬉しそうにされている姿を見るのが
なにより嬉しかったです。
まぁ唯一心残りがあると言えば、
私の写真がたったの一枚もないことくらいですね。
(しつこいw



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.09.29
予防接種の副反応で、
38.4度の発熱があったマメちゃんですが、
1、5日くらいで平熱に戻りました

きっと子供なんて、
しょっちゅう熱を出すものなんだろうけれど、
生まれてめての我が子の発熱ということで
とっても不安でした
それにしても身体があんなにも熱くなるとは!
抱っこした時にあまりに熱くて驚きでした。

ガーゼで包んだ保冷剤で首の後ろを冷やし、
脱水症状を起こさないように、頻繁に授乳。
ということを繰り返しているうちに熱も下がって、一安心。

1度目の予防接種では、
「異様なほどによく寝る」のと「ぐずり」くらいしか
いつもと違ったところはなかったけれど、
2度目の今回はお腹もゆるくなっていたようで
その時々によって違うものなんだなぁと勉強。

ちなみに「よく寝る」というのは、
家事がはかどって助かったので期待していたのに、
今回はあまり寝てくれなくて期待ハズレでした()。


:::::

次の3回目の予防接種は、1ヶ月後。
次回はお義母さんには付き添いをお願いせず、
ひとりで行こうかなぁ。

孫の件に関しては
色々と頼ってもらった方が嬉しいんだろうなぁ、
と気を遣ってお願いしていた面もあるのですが、
最近色々あって、
気を遣うことに疲れてきちゃったというか、
お互いにとって程よい距離の置き方を身につけたい、
と思いだした今日この頃。

なんだか意味深ですねw
この件に関しては、
気が向いたらまた記事にするかもしれないし、
しないかもしれないし



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.09.20
マメちゃんの2度目の予防接種に行って来ました

前回は娘の人生の予防接種ということもあり
緊張のあまりお腹をくだしてしまった私でしたが(汗)
今回は少し心に余裕を持って望めました。

まぁでも結局、別の理由から
今回もまたお腹をくだしてしまったのだけどね

その理由っていうのは、ほらアレです。
お食い初めの件で過去記事に書いた通り、
「皆で集まろうと思う。」とチラっと聞いてしまったので、
魔女に会わねばならぬかもしれない、
マメちゃんを魔女と接触させることになるかもしれない、
と思うと嫌で嫌で嫌でたまらななかった
というのと、予防接種には
お義母さんについて来ていただくことになっていたので
もしその話が出たらどうしようって考えたら
憂鬱でお腹をくだしてしまった、というわけ。



弱っちぃね、私


:::::

予防接種は今回も5種類を同時接種。
1つは経口摂取で、残り4つはすべて腕に注射。
押さえつけられて口に薬を入れられたり
次から次へと腕に注射を打たれるので
怖いこと&痛いことのオンパレードでマメちゃん大泣き
見ているだけで辛い。
変わってあげられるものなら変わってあげたい。

でも予防接種をせずに、
病気にかかって重症化する方が
もっともっと苦しい思いをすることになるから
ここは母娘の頑張りどころですね。


予防接種には、副反応というものがつきものです。
だからとっても不安だったのだけど、
マメちゃんは1度目の時は特に反応が出ませんでした。
2~3日は目がとろ~んとしていて、
まるで睡眠薬でも飲まされたかのように
とにかくずーっと寝ている、というくらいで
よく言われる発熱や、接種部位の腫れなどは全くなし。

だから今回も大丈夫だと思っていたのですが、
なんと2回目は副反応が出たーーーーーっ



まず、赤く腫れた。

015094b77953b645465859c428165e03b399c5ce45.jpg

なんだか虐待を受けている子みたい
痛々しいです。熱を帯びているしかわいそう。

左右の腕に2本ずつ注射したのだけど、
赤くなったのは右腕のみで、左は全くなにもなし。
ワクチンの種類によるのでしょうね。


それから、恐れていた発熱もありました。
夜中に授乳しようとしてベッドから抱きかかえた時に
今まで体験したことのないような熱さを感じ、
「もう明らかにこれ熱あるよね。」
と思いながら計ると38.4

事前にお医者さんから
「まれに発熱することもありますが、
半日から一日様子を見ればおさまります。
むしろワクチンがよく効いている証拠です。」
と説明を受けていたので比較的落ち着いていられたけれど、
それでも生まれて初めて体験する発熱と、
あまりに暑い娘の身体に不安でいっぱいになりました

しばらくは様子を見たけれど、
翌日のお昼前になっても熱は下がらず。
この日は土曜日で病院は午前中のみの診察。
また運悪く日祝と休みを2日はさんでしまうので
ちょっと不安になって電話で問い合わせてみましたが、
電話に出てくださった女性スタッフの方曰く、


「2日ほどで熱が下がれば問題ない。」

とのこと。
熱を下げるためにどんな風にすれば良いかたずね、
「保冷材をガーゼで包んで、首や脇、太ももなどの
太い血管があるところを冷やしてください。」
と教えてもらい、電話を切りました。


問題ないとは分かっていても、
こんなにも熱い身体をした我が子を
2日も見守らねばならないのかと気が遠くなりました。
私は極度の心配性だから、この調子じゃ身がもたないわ…

そしてそんな心配性な私が
病院に問い合わせをしている姿を、
私とは真逆のタイプのアサリくんが冷めた目で見ていました。

「発熱はワクチンが効いている証拠だから
むしろ良いって言われてたんやろ?」
と、まるでわざわざ電話する必要ある?
とでも言いたそうな感じで見ていました。

まぁ違うタイプのふたりだから良いんだろうけれど。
ふたりとも私のようなタイプだったら
夫婦そろって心配し過ぎて大変なことになってそうだし、
逆にアサリくんのタイプがそろっても
それはそれで問題がある気もするし。


と言うわけで、現在マメちゃんの様子見です。
熱はやっと37.8度くらいまで下がってきました。
37度台になっただけでも、気分的に随分楽です


マメちゃん頑張れーーーーー!



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.09.16
妊娠中にマタニティーフォトを撮っておくかどうか
悩んだことがありました。
「今」しかないこの姿を、
プロのカメラマンさんにお洒落に撮ってもらいたい。
出来ればアサリくんも一緒に。

私の本音はそうでした。


けれどアサリくんが
そういった類のものを好きではないのも知っていて。

h30570422.jpg

↑ハワイでのフォトウェディングも
本当は乗り気ではないところを
半ば強引に付き合わせてしまったので
さすがに今回は嫌がるだろうなと気を遣ってしまい
なかなか言い出せずにいました。

でもある時思い切って、
「興味はあるけど、アサリくんは嫌だよねぇ?
だったらひとりで撮りに行こうかなぁ
なんて様子をうかがいながら聞いてみたところ、




「うん、俺はいらん。
撮っておきたいなら俺が撮ってあげるよー。」


と返って来ました。
えぇええ、いつもピントが合っていなかったり
構図がイマイチだったりするからソレは心配
私はプロに撮ってもらいたいのよぉお!

…と思いながらも、トロ魔の私のことですから
なかなか予約を取るまでには至らず。
そうこうしているうちにふと、



「そろそろ一枚くらい撮っておかないと、
産気付いたら手遅れだわ


と思い、朝の8時半頃から鏡に向かって
ひとりで自分の姿をスマホにおさめたのでした。
これは5/3の日のお話です。

予定日は3週間も先だったし、
実際につい数日前の健診でも
「まだまだ生まれないですよ。」と言われていたので
お産までは随分と余裕があるとは思いつつも、
なぜか急にふと、
「今スマホに残しておかねば!」
という気になって撮影を始めたのでした。


結果、この日の夜に出血して
夜中に病院に行ったところ緊急入院。
そうこうしているうちに前駆陣痛で自由に動けなくなり、
予定日よりも随分早くに出産となりました。

今思い返してみても、
5/3のあの時に撮っておかなければ
もう妊婦姿を撮影するチャンスはありませんでした

出来るだけ出産前ギリギリの姿を残しておきたい、
と思っていたので
なぜこんなにも早いタイミングで撮影しようと思ったのか、
そしてなぜ珍しく朝っぱらから行動したのか、
不思議ではあるけれど、
「今撮っておかねば!」という衝動に駆られたのも
やはりいつもの第六感が働いたのかもしれません。



011464e1668ea63b18da57e3c1e3677e68957de6a7.jpg

結果的には、出産の5日前のお腹。
何の工夫もない、洒落っ気も無い
生活感丸出しの写真だけれど、
とりあえずはこれ系の写真が一枚でも残せて良かったです。
スタジオ撮影したかったなぁという気持ちは
完全には消えないけれどw
それにしても本当にギリギリセーフだったなぁ



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.08.18