以前少しだけお手伝いしていたものの、
あまりにブラック過ぎて辞めてしまった、例のパートの件。

確か8月末まで働いていたと思うので、
あれから4ヶ月ほどが経ったわけですが、
その間パートで知り合った方たちとは
ほとんど連絡を取らなくなっていました。

当時、一緒に働いていたパートは私を含めて4名。
そのうちの3名が辞めて、
おひとりだけが今も引き続きお仕事されています。

とても素敵な方ばかりで、
近所に「主婦友」が出来て嬉しかったのですが、
皆さん年齢は一回りほど上で、
中学生や大学生と割と大きなお子様がいる方ばかり。
それからみなさんペットを飼われていて、
飼っていないのは私だけ。

よく考えてみると、一人だけ年齢も家族構成も違う私は、
「仕事」以外は、共通の話題ってあまり無かったのです
そんなわけで、辞めてからは
どなたともほぼ連絡をとらない状況が続いていました。

:::::

そんなある日、主婦友AさんからLINEが届きました。
「田舎から柿が送られてきたので、
食べてもらえるなら持っていきます
という有難い内容だったのですが、
あいにく体調不良で外出出来なかった私は、
お気持ちだけいただいておくことに。
でも久し振りに届いたLINEはとても嬉しく、
しばらくの間やり取りをして、
また私の体調を見ながらお茶でもしましょうね、
という話になりました

:::::

それから2日後のことです。
珍しく体調が良く、かなり久し振りに外出を。
近所のドラッグストアにお買い物に行ったところ、
何やら後ろから私の顔をのぞきこむ人が。
誰かと思って見てみると、主婦友Bさんでした。

「やっぱり~まゆりんこさんやん。久し振りー
と、Bさんは嬉しそうに声をかけてくださいました。
久し振りの、そしてあまりに偶然の再会に驚きつつも、
「最近どうしてんのー?」とお互いに近況報告を。
一緒にお店を出て、道が同じ所まで話し続け、
進行方向が分かれる時にも、
その場に立ち止まってしばらく話しこんでしまいました。
「体調が落ち着いたら、お茶かランチかしようねー。」
Bさんもそう誘ってくださって、笑顔でバイバイ。

ずっと連絡を取り合っていなかったのに、
こんな数日間でAさんに引き続き、
Bさんにまでお会いするなんて不思議だなぁ、
と思いながらも、きっとご縁があるのだろうなと嬉しく感じていました。

:::::

それから、また数日後のことでした。
夜に用事があってアサリくんと外出し、
近所をふたりで歩いていた時のことです。
前から歩いてくる人に、何やら見覚えが…。
もう辺りはすっかり真っ暗な夜でしたが、
長身でスラリとしたそのシルエットには見覚えがあり、
頭よりも先に口が動いて…


「○○さーーん!


と気付いたら元気よく声をかけていました。
そう、AさんやBさんと知り合うきっかけとなった
パート先の社長さんだったのです
ウォーキングをされている途中に出会った模様。
挨拶を交わしてすぐに解散しましたが、
これにはさすがに驚きました!
まさか社長さんにまで出会うなんて

:::::

人は、出会うべき人に出会う。


と聞いたことがあります。
人生において、然るべきタイミングで
然るべき人に出会うのだと、私自身の過去を振り返ってみても、
本当にその通りだと思います。

ご縁がある人とは、またどこかで再会するだろうし、
その逆もまた然り。


なんだかんだ言って、
このパート先にはご縁があったのかもしれません。

なかなかなブラックっぷりではあったけれど、
誰ひとりとして知り合いがいない土地に引越してきて、
話す相手と言えば夫しかいなかった私に、
“ご近所の主婦友”さんを作ってくれたのは、
他でもないこの仕事だったわけで、
「色々あったけど、行ってよかったのかも。」
と思えた出来事でもありました



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.12.16
受付のお仕事をしていた時に、
ヘルプ要員として1日だけ派遣された取引先がありました。
まだこの仕事を初めてたった2回目で、
右も左も分からないド素人の状態だったので
ヘルプどころか逆にご迷惑をおかけすることの方が多いだろうに、
よっぽどシフトが組めなかったのでしょう。
戦力外の私が派遣されることになってしまいました

そこは割と大きな取引先で
受付カウンターでは、受付嬢が4名体制でスタンバイ。
そのうちの1人が私でした。
他の3名の方はとても良い方ばかりで
緊張と不安はありながらも楽しく働くことが出来ました。

実はこの日一緒に働いたA子さんのことを、
「お元気かなぁ、どうされているかなぁ。」
と今でも時々思い出したりしています。
たった一度しかお会いしたことがないし、
おそらくこの先も二度と会うことは無いのだろうけれど。

:::::

初対面のためお互い軽く自己紹介をし合った時に、
受付嬢4名のうち、既婚者は私とA子さんの2名であることが判明。
けれどA子さんが
「まぁでも離婚するのも時間の問題なんですけどねぇ
と初対面である私に打ち明けてくれまして。

そう話すA子さんの表情はとても暗く、
なんだか胸が痛んだ私は、
実は私も離婚経験があることをカミングアウトすると、
それまで暗かったA子さんの目が一気に輝いたっ

A子さんからは質問攻めに合いましたが、
一つ一つ本音で答える私。
そしてA子さんもご主人との現状を赤裸々に語ってくれました。
結論だけ言うと、ご主人が家を出ていき、
もう1ヶ月ほど帰って来ていないのだとか。
聞けば聞くほど、昔の自分と重ね合わせてしまい
辛く悲しく苦しくなってきました。


となると、一番気になるのはA子さんの今の精神状態です。
自分の時のことを思い出すと、
ただ息をするだけでも辛い毎日で、
「明日の朝、もう目覚めなければ良いのに。」
と本気でそう祈りながら毎晩ベッドに入っていたっけ。

それでも翌朝には、当然目覚めてしまう。
そんな朝には朝で、(元)夫に裏切られた色々が
実は夢だったら良いのにと思うものの、
枕の横に置いていた携帯電話を確認すると、
無情にも日付は確実に1日進んでいて、
着信履歴には、探偵や弁護士事務所の文字が。
全ては夢なんかではなく現実なのだと思い知らされ、
その度に涙がこぼれたこと。
真っ暗だった室内が、
日の出と共に徐々に明るくなっていくのが嫌で嫌で、
恐怖でたまらなかったこと。

今でもあの時のことを思い出すとゾっとします。
身体の一部を引きちぎられるような思いで、
もうあんなに辛い日々には二度と戻りたくない…


そしてA子さんは今まさに
あの時の私と同じ状態なのではと思うと
私まで辛くなってきて、もはや他人事ではありません

しかし聞いてみると当の本人は、
「いや、辛い気持ちは無いんですよー。」
とのこと。
どうやらご主人に対する「気持ち」はもう無いのだそうです。
帰ってきてほしいとも、やり直したいとも思わない、
ただ離婚するのは大変だと聞くから
色々と手続きが面倒だなぁって、それだけが嫌だとのこと。
意外と元気そうで安心しました


一日の業務を終えて解散する時に、
「あー、まゆりんこさんのおかげで未来に希望が持てました
今日は会えて本当に嬉しかった!
また是非うちにヘルプに来てください
と言いながら私の手をとり、両手で握手してくださいました。

私もまた会えたら嬉しいけれど、
きっともう二度とお会いすることは無いのだろうなぁ…。
でも私は時々思い出しています。
あれからA子さんはどうされたかなぁ、
お元気にされているかなぁって。

たった1日だけとは言え、
一緒に働くことになったのもご縁があってのこと。
少しでも穏やかなお気持ちで、
幸せな未来に向かって歩まれていると良いなぁと
願わずにはいられません。


** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.11.30
先日、私宛に給与明細が届きました。
すっかり忘れていたけれど、受付のお仕事の分。
思わぬ臨時収入に喜びを感じましたが、
10月はたった2日しか働いていないので微々たるものです

でもねぇ、滋賀県の最低賃金は788
パートのお仕事を探していても、
だいたい時給は800円で、良くても800円台後半。
900円台なんて、まずありません。
そんな中この受付のお仕事は
大阪の派遣会社ということもあってか、時給は1,100
人間関係にも恵まれていたし、
仕事内容も好きだし出来れば続けたかったなぁ…。
ということで、たった2日分だけですが何かの足しにはなりそう!


ところで、今回の給与明細を見た私は、
ある事に気づいてしまいました
交通費の支給額に誤りがあったのです。
2日間勤務したうち、1日分はしっかり支給されていましたが、
もう1日の分が漏れていたのです。

この会社、交通費の支給方法はイレギュラーで、
基本的には「1,000円超過分のみ支払い」となっているので、
まぁ実質交通費は全く出ないことの方が多いのですが、
派遣される仕事先によっては
「片道分のみ支給」とか、「1,500円までは支給可能」とか、
都度ルールが変わるのでややこしいなぁ…と思っていました。


すると案の定、計算にミスがありましたね


一瞬、連絡しようかどうしようか迷いました。
具体的には足りない交通費というのは410円です。
たった410円のことで
「足りません。」と申し出るのは気が引けて、
気付かなかったことにしようかしらとも思ったのですが、
いやいや、でも本来は支給されるべき交通費であり、
410円と言えども時給に換算すると
数十分は無給で働いたことになってしまうと思い直し、
勇気を振り絞って連絡をしてみました

するとアッサリ
「すみません、漏れておりました。
計算し直して正しい明細書をお送りします。」
とのお返事で一件落着。ほっとしました
やはりこういうのも、きちんとチェックすべきなんですねぇ。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.11.26
※前回の記事↓からの続きです。
【4】どこの会社にも1人はいるよね、問題児が。

:::::

結局Yちゃんは希望通り、
有休を全て使い切ってから産休に入ったそうです。

おかげでその他のスタッフたちは
ただでさえ忙しい日々を、
マイナス1名の人員で乗り切らねばならなくなり、
体力的にはかなり厳しかったと思うのですが、
面白いことに皆が皆、
「Yさんがいない方が、ストレスが無くて精神的に楽
と晴々とした顔で働いていたそうです。



その後Yちゃんはと言うと、無事に女の子を出産しました。
妊娠が発覚した時には、
あまり嬉しそうに見えなかったYちゃんですが、
いざ生まれてみると、それはそれは可愛くて仕方ない様子で、
すっかりママの顔になっていました。
(彼女の育休中に、一度ランチをしたので会っています。)

そうこうしているうちに保育園も決まり、
ついにYちゃんは職場に復帰することになりました。
私はつい疑ってしまっていましたが、
彼女は本当に復帰したのです。(ゴメンナサイ!)



ところが…、復帰後も色々と問題が発生するのです


当然彼女は、もう妊婦様ではありません。
しかし今度は、





ママ様



になって帰ってきたというのです。


育児中のスタッフは、時短制度を利用します。
勤務時間が短いのです。
必然的にシフトは「早番」に固定されます。

ちなみに私たちの間では、「早番」の方が人気です。
シフトを組む時には、スタッフから不満が出ないように
皆の「早番」の数がほぼ同じになるように気を遣うほどです。

しかし自分の店舗に時短制度を利用しているスタッフがいると
ほぼほぼ早番出勤はなくなります。
ついでに言うと、土日祝の出勤回数も増えます。
(育児中のスタッフが、土日祝は休むため)

やはりここも人間ですから
「ちぇっ」となるのは仕方ないことだと思います。
正直言って、労働条件が悪くなるわけですからね。


その上、肝心の育児中のスタッフ本人が
皆の犠牲や協力があるからこそ、
自分の勤務体系が実現していることに感謝せず、
「育児中なんだから、特別対応してもらって当然よ!」
という態度でいるとのことなので、
周りのスタッフはたまったものではありません

しかもYちゃんの場合は、
「もっとここを特別扱いしてほしい!」
とさらに激しい要求が次から次へと止まらなかったそうですから、
もう呆れて物も言えません…

:::::

しかし、ここでさらに予想外の出来事が発生したのです。
何とYちゃん、復帰してたったのヶ月で






また2人目を妊娠



私は性格がねじ曲がっているので、つい
「ナメてんのか…。」
と心の中で呟いてしまいました。

いやいや、おめでたい事ですよ。
でも何だかスッキリしないのですよ
散々「妊婦様」として周囲に迷惑をかけつつ、
会社からも色々な手当てをもらって復帰して、
これから少しでも周りに恩返しをするのかと思いきや、
次はあろうことか「ママ様」にパワーアップしていて…。
そうかと思えば、復帰1ヶ月でまた「妊婦様」に逆戻りですよ。
いや、今後は「妊婦様 & ママ様」ですね。
Wのパワーで怖過ぎます…


案の定、パワーアップしたYちゃんのワガママは
さらに強力になったそうで、目に余るものがありました。
ついに本社スタッフが動くことになります。


会社は、Yちゃんに2択をつきつけたそうです。

① 会社をやめるか、
② 時短勤務ではなく、通常勤務に戻るか


会社としては、
おそらくもうYちゃんを切ってしまいたかったのでしょう。
小さな子供がいながら、しかも妊娠中の彼女に
通常勤務は無理だと予想し、
彼女が①を選ぶように誘導したかったのだと思います。


しかしYちゃんの方が一枚上手でした。
彼女は②を選んだのです。
時短ではなく、通常勤務で続けると答えたそう。



ところが!!


Yちゃんが通常勤務で続けると宣言したその翌日、
翌日ですよ、翌日!!
Yちゃんは会社に


「切迫流産になりかけている。」


と詰め寄り、何がどうなったのかは不明ですが、
なんと2人目を出産するまでは、
お休みをとることに決まったそう。
しかもその間、ずっと傷病手当が出るそうです。

もうすでに退職している私なんぞ
完全なる部外者なので全く関係ないわけだけど、
それでもなんだか納得がいきません

Yちゃんのために身を粉にして働いてきた
周囲のスタッフには何の手当てもつかないのに、
Yちゃんは自宅待機しているだけで、
出産するまではずーっと傷病手当がもらえ、
出産後もしばらく育児手当がもらえちゃうわけですから、
なんだか不公平だと感じてしまいます。

そもそも「切迫流産」というのは、
安定すれば解禁されるはずなので、
「出産するまでずっとお休み。ずっと手当だします。」
というのもおかしい気がするなぁ。
会社ももはや周囲への悪影響を避けるため
「お金を出しておくから、もう君は出勤してくれるな。」
という気持ちなのでしょうか
だとすればある意味、手切れ金みたいなものですね。

実際、彼女が所属する店舗のスタッフは、
「彼女だけがおいしい思いをしていることに
納得はいかないけど、
彼女がお店にいる方がストレス感じるから、これでいい!」
と言っているそうです。


果たしてYちゃんは2人目を出産したあと、
ちゃんと会社に戻ってくるのでしょうか。
その後の経過は、聞きたいような聞きたくないような、
複雑な心境です。

ただ私としては、Yちゃんが傷病手当をもらいながら
会社をお休みしている間も、
色々とお出掛けして妊婦ライフを満喫している様子は
LINEにUPされる画像を通して伝わってくるので
「これって、切迫流産って言うのかなぁ
と疑問に思ってしまいます。

どこの会社にも、
周りにストレスを与える天才っているんですよねぇ。
なんでしょうね、どこにでも一定数存在しますよね

Yちゃんの本性を知ってしまった今、
もう私から連絡を取ることも、会うこともないと思います。
しかしこういうタイプの人間には、
いつか何らかの形で罰が下らないと
真面目に生きている者としては
どうにもこうにも納得いかず気持ちの落とし所がありませぬ


長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
Yちゃんのお話は、一旦終了です。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.11.05
※前回の記事↓からの続きです。
【3】どこの会社にも1人はいるよね、問題児が。

:::::

周囲への感謝の気持ちを一切持たず、
「私は妊婦だから、特別扱いをされて当然
という姿勢を崩さなかったYちゃん。

恐らくチーフから相談を受けた本社スタッフからも
Yちゃんに対して何らかのお話があったとは思いますが、
どうやら彼女の胸には届かなかった模様
状況は変わりませんでした。

周囲のスタッフは不満を抱えながらも
以前よりも多少無理のあるシフトで出勤して
増えた仕事をこなし、とにかく黙々と働いていました。
本当にお気の毒です…。


そんな時にYちゃんが、チーフにある要望を伝えて来ました。
それは産休に入るタイミングについてでした。

私は経験がないので詳しくないのですが、
産休手当てを支給する上での規定もあるようで、
産休に入るタイミングは、
出産予定日から逆算して決定することになるそうです。
Yちゃんもこの方法で産休に入る日が決まっていました。

ただ運が悪いことに、Yちゃんが産休に入る直前に
新商品の発売が予定されていました。
しかもそれは一番の売れ筋商品のリニューアル。
お客様が殺到し、大混雑することが予想されていました。

通常、新商品やキットが発売される時には
少しでもスムーズに接客できるよう、
スタッフは全員出勤になることが多いのです。
つまり発売日からしばらくは、
みな休みがなかなか取れずに連勤が続きます。
その上、休憩が取れないほどに忙しい日々が続くので
体力的に相当辛い日々となります
たいてい栄養ドリンクを飲んで、乗り切ります


仕方ないとは言え、
そんな中で産休に入ることになってしまったYちゃん。
気まずいだろうなぁ…と心配していました

もしも私がYちゃんの立場なら
周りのスタッフに謝り倒すだろうし、何なら
「無給でも良いので、落ち着くまでお手伝いに来ます!」
と言ってしまうかもしれません。
今まで散々周りに協力してもらってきたのだから、
それくらいの気持ちになるでしょう。


しかしYちゃんは、強かった。



「残っている有給を全部消化してから、
産休に入りたい。」


と要求してきたのです
Yちゃんには有給が10日ほど残っていたので、
つまり産休に入る日を10日めたい、ということでした。
もう言葉がありません
これにはお店のスタッフも絶句だったそうです。


要するにYちゃんには、
多忙な時期に産休に入ってしまうことを
申し訳なく思う気持ちなど、全く無かったのですね。
それどころかむしろ、
忙しい日には出勤したくないからと
発売日を迎える前に産休に入る作戦を練った模様。
押しつけられる仕事は、全部押しつけてしまえの精神ですね。



妊婦様、恐るべし


私はこの話を聞いた時に、
彼女には本当に復帰する意思はあるのだろうかと
思わず疑ってしまいました。

育休を終えて復帰してからの方が、何かと大変だと思うのです。
子供が熱を出したからと早退したり、
お休みを取ることだって多々あると思うのです。
そういう時のために、
有給を残しておいた方が良さそうな気もしたので、
「全部使い切ってから産休に入りたい!」
と主張したYちゃんに対して、
もらえる物は、全てもらい切ってやろうと考えているだけで、
本当はもう復帰する気は無いのではないかと、
つい疑いの念を抱いてしまったのでした。


さて、その後Yちゃんはどうなるのか。
次回に続きます。


** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.11.04