コーヒー農園を出た後は、ホテルに帰ってきました。
宿泊しているのは、ザ・フェアモント・オーキッド・ハワイ

fo.jpg

ガイドブックなどに、
“至福のバカンスを約束してくれる高級リゾートホテル”
“ホスピタリティあふれる極楽ホテル”
などと紹介されている通り、全てにおいて期待を裏切らず、
贅沢を味わえるホテルでした。

そもそもこのホテルを選んだ理由は、
その気品あふれる佇まいに惚れ込んだから。
実際、ホテルが位置するマウナ・ラニ・リゾートは、
サウス・コハラ・コーストの中でも、
特に洗練された上品な雰囲気で満たされているのだとか。

またこちらのホテルは、名門リッツカールトンが建てたホテルを
フェアモントが引き継いだという歴史があるそうです。
うーん、なるほど納得!


ただ寝床を確保するためではなく、
ホテルステイ自体を楽しむためのホテル。
あえてどこかに出掛けなくても、ホテルとリゾート内の移動だけで
十分バケーションを満喫出来るようになっています。

離島に来るのは初めてでしたが、ここハワイ島では、
オアフ島とはまた違った楽しみ方が出来るのだと思いました。
“何もしない贅沢”を楽しむ、
そんな大人のリゾート地なんですね。

:::::

コーヒー農園から帰ってきたら、
まずはホテル内のデリでパンを購入して、腹ごしらえ。

IMG_0572.jpg

ホテル内にはプライベート感覚で利用出来る白浜のビーチが。
お天気にも恵まれ快適です。

IMG_0571.jpg

デリのドアで、こんな子を発見しました!
うーん、南国~~~

●IMG_0564

こちらのビーチでは、
スノーケリング、スキューバ・ダイビング、フィッシングなど
様々なアクティビティが楽しめます。
アサリくんはスノーケリングを楽しんでいました。

IMG_0577.jpg

え、私ですか…?
挑戦してはみましたが、どうもこういうのは苦手なもので…、
「溺れる、溺れる、苦しいぃいいいーー!!」となり、
「落ち着いて、ちゃんと息出来るから!(苦笑)」
とアサリくんになだめられましたが、どうしても怖くて断念
私は浮輪でプカプカ浮いていました


さて、ビーチの次はプールへ
そんなに大くはありませんが、
オーシャンフロントのプールは24時間利用可能です。

IMG_0588.jpg

IMG_0594.jpg

アサリくんが嬉しそうに泳いでいました。

IMG_05910.jpg

ただ残念ながらこの時は12月。
曇ってくると肌寒い気温だったので、少し震えながらのプール。
汗をかくほど暑い時期に入れたらなお良かったな…と
私はあまり長い時間つかっていられませんでした。

IMG_0607.jpg

ただただ、のんびりとした時間が流れていました。
プールサイドで読書をされている方、
仲良くお話をされているご夫婦…、
皆それぞれが決してお互いの邪魔をすることなく、
ご自分の時間を、人生を楽しまれていました。

そして気付けば私も、いつの間にか眠りに落ちていたようです…
贅沢なお昼寝ですね

IMG_0606.jpg

プールを後にした私たちは、少しホテル内を散策。

IMG_0610.jpg

ハンモックを発見!
この頃にはもう、少しずつ日も暮れて来ました。

IMG_0620.jpg

IMG_0633.jpg

あたりが暗くなってくると、こんな風に青年がホラ貝(?)を吹いて…、

IMG_0637.jpg

走りながら、敷地内に明かりを灯して回っていました。

IMG_0639.jpg

9日間も旅行していたのに、
もうハワイのこんな美しい空を見るのも、ついにこれが最後です。

IMG_0654.jpg


** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.03.11
今さらですが、
新婚旅行の日記が中途半端に終わっていて、
完結していないことに気付きました

2014年12月の旅行なので記憶も曖昧なのですが(笑)、
気持ち悪いので完結させちゃおうと思います。
ハワイがお好きな方、ご興味のある方は
【新婚旅行(オアフ島&ハワイ島)】のカテゴリを
最初からご覧いただくと、それなりにお楽しみいただけるはずっ

:::::

ハワイ島3日目
翌日には帰国するため、終日ハワイで過ごせるのはこの日が最後。
そしてこの一日の過ごし方について、
アサリくんと意見が割れてしまいました。

アサリくんは、
一日中ホテルの中で「何もしない贅沢」を味わいたい。
一方私は、コーヒー農園の見学に行きたい



で、その結果どうなったかと言うと。















IMG_0548.jpg

(*゚∀゚)・:ブハ

いえいえ、私が意見を押し通したわけではありませんよっ
間をとってまずコーヒー農園に行き、
その後にホテルでのんびり過ごそうと、
一日を半分ずつ使うことにしました。

しかしここに到着するのに、なぜだかとても苦労しました
レンタカーにはナビもついていたのだけど、
ナビを使っても、ガイドブックや地図を見ても
どうにもこうにも迷ってしまい、同じ道を何度もぐるぐる
かなりのロスタイムが発生しました。

元々、コーヒー農園なんてさほど興味がなかった上に、
道に迷った分だけホテルで過ごす時間が減っていくわけで。
さらにお天気も下り坂になってきたので、
ホテルに戻ったところで、アサリくんが最も楽しみにしていた
海やプールが楽しめるのかも微妙

おまけにガソリンもギリギリで余裕がなかった、
という悪条件も重なって、
さすがのアサリくんも機嫌が悪くなってしまい、
車内は非常に険悪なムードに…

イライラしているアサリくんを見て、私もイライラ。
アサリくんって分かりやすい性格で、すぐ顔に出る人なんです。
嫌々運転しているのが伝わってきたので、
「もう、コーヒーいいわ…。ホテルに戻ろう
と何度もアサリくんに言いました。
本当はホテルに戻りたくもないし、
コーヒー農園に行きたくてたまらないのだけど

だけどやっぱり優しいアサリくんですから、
「連れて行ってやりたい。」という気持ちはあったのでしょう。
諦めずに何度もトライしてくれ、そのうち無事に到着



で、着いてしまえばふたりは仲良し
この笑顔ですよ。単純www

IMG_0529.jpg

↑こちらで色々なコーヒーを試飲させていただきました。
とても気さくなおじさん(日本人)が、
コーヒーのいろはを教えてくださって勉強になりました
なぜハワイ島のコナ・コーヒーは良質でおいしいのか、
豆の違いでどれだけ味が変わるのか、
下に広がるコーヒー農園を眺めながら貴重なお話を聴き、
実際に飲み比べをした体験は、とても贅沢なひとときでした。

おじさんが「農園を自由に見学して来ていいよー。
豆をとって、食べてみると良いよー。」
と言ってくださったので、下に降りてみました。

IMG_0532.jpg

簡単にご紹介するとコナ・コーヒーとは、
ハワイ島の西海岸コナ地区で栽培、収穫されたコーヒーのこと。
ブルーマウンテン、キリマンジャロと並び
世界三大コーヒーの一つに数えられています

おいしいコーヒー豆を育てるために必要な条件が、
ここには全てそろっています。



真っ赤なコーヒー豆が木になっているのを実際に見たのは、
生まれて初めてでした。
なんか、感動ーーーー

IMG_0535.jpg

「豆を採って食べてきてごらん。」と言ってくださったので、
申し訳ない気がしながらもおひとつ失礼。

IMG_0541.jpg

中ってこんな風になっているのですね

IMG_0542.jpg

ちなみにお味は…、当然ながらコーヒーの味など全くせず、
決しておいしいものではありませんでした

こちらの農園では、この赤い実を機械を一切使用せずに
一つ一つ、全て手作業で収穫されています。
当然機械の方が早くて楽ちんですが、
その方法ではまだ熟していない豆が混じってしまいます。
それでは味に影響が出てしまうので、真っ赤に熟した豆だけを、
人の手で一つ一つ丁寧に収穫していくのだそうです。

IMG_0558.jpg

ところで、コーヒーに詳しい方ならご存知だと思いますが、
私はこの日初めて“ピーベリー”という豆の存在を知りました。
コーヒー豆は、一つの実に2つの平豆が入っているのが普通ですが、
ごく稀に一つの実にまん丸い豆が一つだけ入っていることがあり、
これをピーベリーと呼ぶそうです。
平豆に比べて火の通りが均一なので、焙煎後の味わいが異なり、
また収穫量の3~5%程度しか採れないため、
希少価値が高く、非常に高価なコーヒー豆になります。

実際にこのピーベリーを試飲させていただいたのですが…、
私の稚拙な文章では到底表現しきれいないほどの
何とも言えない味わいでして
「こんなにおいしいコーヒー、今まで飲んだことない!」
とアサリくんとふたりで感動しまして

「ハワイでも買えるのはここだけ!」
というセールストークの後押しもあり、
アサリくんがピーベリーのコーヒー豆をお土産用にと大人買い
さきほどまではあんなにコーヒー農園に興味を持たなかったあの人が
「これは買わなアカンやろ~♪」
とか言いながら満面の笑みでカードを切っている…

そんな姿をプっとなりながら眺めておりました。
って言うか、なんかもうディズニーランドと一緒!
ハワイマジックで金銭感覚がおかしくなっちゃう


でもねでもね、余談なのですが、
帰国後にお土産でこのピーベリーを配ったら、
その反応が面白かったと言いますか。
やはり何て言うのでしょう、「本物」を知っていらっしゃる方、
普段から良い物に触れていらっしゃる方は
一口飲めばその違いが分かるそうで、大絶賛されていました
あぁ、やっぱり良い物は良いのだなぁ、分かる人には分かるんだなぁと。
買って帰った甲斐がありました!!
願わくば、私もそちら側の人間になりたいものです…。
まだまだ道のりは遠いですが…


そんなわけで、行きは険悪ムードなふたりでしたが、
帰りの車内では「来てよかったねー。」とご機嫌なふたりなのでした

IMG_0536.jpg

ちなみに、コナ・コーヒーとして販売されているものでも、
よく見るとコナ・コーヒーが10%入っているだけ!
ということも多いようで、それは正しくは「コナ・ブレンド」なのだとか。
「100%コナ」だけが、コナ・コーヒーと呼べるそうですよ


** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.03.10
しばらく続いた台北の旅レポも、これで最終回です。

:::::

滞在4日目は、台北を16時発の飛行機を手配していました。
空港まではリムジンバスで多めに見て1時間半かかること、
2時間前には空港に到着しておかなければいけないこと、
また翌日はアサリくんが早朝から出勤することを考慮すると、
この出発時間がベストだったのです。
そんなにせかせかせずに、
少しゆとりを持ってホテルをチェックアウト出来る上、
22時には帰宅できる計算だったのでね


まぁ実際は、急遽1ヶ所だけ観光に行くことにしたので、
少し早目にチェックアウトして中正記念堂までお出掛けしたのだけど。

IMG_1281.jpg

まだゆっくりと館内を見たかったし、
初めて訪れた駅だったから、もう少しブラブラと散策したかったのだけど、
その気持ちをグッとこらえて、空港に向かうことに。

リムジンバスが出ている駅までは無事に電車で移動できたのだけど、
今度はバス乗り場がよく分からず、ウロウロと彷徨ってしまった私たち
ここでロスタイムが30分以上発生。
やっと台北駅のバス乗り場まで到着したのだけれど、
この頃には結構時間がギリギリで、
台北行きのリムジンバスは何社かが運行していて、値段もピンキリ。
おそらく経路やバスの種類が違うのだろうけど…。


「時間ないねー、やばいねー


と究極に焦りながらチケット売場に飛び込んだ私たちは、
どのバス会社にするのか選択する余地もなく、
なんとなく空いていた窓口に行くと、
もう5分後にはバスが出発するとのこと。
しかもその1本後のバスだと、飛行機の時間に間に合わないと言われ、
どこの会社なのか、どのバスなのかを確認する間もなく、
慌ててチケットを購入して、誘導されたバスに乗り込んだのだけれど…。









絶 句 



すんごいオンボロバスだったのぉおおお。



テンションだだ下がりで、写真を撮る気すら起こらず
会社によって、こんなにも差があるのかと衝撃でした。
行きはあんなにもきれいで、ふわっふわのシートで、
「わー、すごいー」って笑顔だったのに。

IMG_1003_201508161707408a4.jpg


551の豚まんがある時~♪


ない時~


バリの、テンションの差でございました
確かに行きは、140元(600円弱)でしたが、
今回は90元(400円弱)だったなぁ。
200円でここまで差があるなんて


「すっごいオンボロやけど、ぎりぎり間に合ってよかったよね!」
オンボロなの嫌やからって、他のバスを探しに行ってたら、
もしかしたら間に合ってなかったかもしれないしね。」
「バスがオンボロなことよりも、
帰りの飛行機に間に合うってことが大事やんね!」


と、オンボロ、オンボロと連呼する私
そうやってアサリくんに話しかけながら、
これでよかったのだと自分に言い聞かせていたりいなかったり

:::::

おかげさまで、空港には良い感じの時間で到着し、
焦ることもなく全ての手続きを終えて
搭乗開始時刻まで空港内をブラブラと出来たのですが。



結果から言うと、飛行機が時間通りに飛ばなかったのよね


搭乗開始時間になったので、
ずっと指定の場所に待機して待っていたのだけど、
十分な説明もないまま、えらく長いこと待たされる。









2時間 も。



「あとどれだけ待てば良いのか。」
が分からない状態で待たされることは、なかなかのストレスです。
あと30分かもしれないし、あと3時間かもしれない。
そこが不透明なのはイライラするだけでなく、
その場を離れることが出来ない!!

最終的にはその場で2時間待たされたので、
「じゃあカフェでのんびりすることも出来たじゃん。」
って思ってしまうわぁ。
何より待つことが大嫌いなアサリくんは隣でずっとイライラしてるし

「きっと台風の影響やね。自然には勝てないね。」
「遅れても、無事に飛んで無事に帰国出来るのが一番やね。」
などと笑顔で話しかけることを心掛けるも、
終始苛立ちを隠せない夫
正直この時の私は、待たされることよりも、
隣でイライラしているアサリくんを見ていることの方が苦痛だったわ…。


そんなこんなで、出発予定時刻から2時間も経った18時に、
やっと飛行機に乗せてもらえることになり。
「関空到着は20時のはずだったのに、22時になっちゃうね。」
なんて話していたのですが。



甘かった…。



なんと飛行機の中で、さらに1時間待たされたぁああーーーーー


機内アナウンスによると、離陸の順番待ちをしているとのこと。
「あと15分お待ちください。」だったはずが、
「あと40分お待ちください。」などと、コロコロ言っていることが変わり、
気付いたら、機内で1時間も待たされていたのでした。



うぉおおおおおお!!


あの狭い中で1時間待たされるって、さすがの私も苦痛
当然、アサリくんはさらにイライラ。
舌打ちも聞こえてきて、ちょっと怖い
一緒になってイライラしないようにと、
「明日は早朝から仕事やし、イライラしちゃうよね。」
と穏やかなトーンで話しかけるも、効果は全くなし。


非力な妻、まゆりんこ


あと何より不運だったのは、
私たちの前のシートに中国人グループがいたこと
(小さな子供も多数。)
あまり他国の方を悪く言ったらいけないとは思うけど…、





察しておくれ。 



割と早い段階で機内に乗り込んでいた私たち夫婦。
前にはすでに中国人の集団も座っていて、すでにワイワイガヤガヤ。
日本人の若い男子2人組が、自分たちのシートを探しながら
私のシートの横を通り過ぎて行ったのだけど、
「うわぁー、チャイニーズの近くとかやったらマジ最悪なんやけど。」
って独り言のようにつぶやきながら通り過ぎて行ったのが聞こえた。笑



うん、わかるよー。


現に、すでにマジ最悪。笑



不快指数マックスなフライトでした。



結局予定より3時間遅れて出発し、関空には23時に到着。
日本での入国審査の時に、隣同士のブースにいた係のおじさんが
「すごい遅れようやな…」と会話しながら対応していて、
さらには私たちに対して「おつかれさま」と言ってくれた!笑

何とか最終のリムジンバスには間に合ったけれど、
私たちが関空に到着したのとほぼ同時刻にバスが出発したばかり、
という運の悪いことになっていたので、
今度は無駄に50分のバス待ち時間が発生。
まぁ、最終に間に合っただけでも不幸中の幸いです。

けれど、京都駅でバスを降りた後は、
当然もう終電は終わっているので、そこからはタクシーしか手段がなく
滋賀までタクシーで帰宅する羽目に。


で、やっと自宅に着いた時には、
時計の針は2時を指しておりましたとさ。
お風呂に入ったり何やらしていたら、あっという間に3時。
アサリくんは7時には起床せねばなりません。


かわいそうでした



そんな最終日でございました。
台風が直撃する台湾に、
よりによってトランスアジアで乗り込んだわけだから、
生きて帰れただけでも感謝しなければなりませんねヽ(゚∀゚)ノ


** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2015.08.28
台北滞在4日目。
帰国する日、旅行の最終日です。

この日ついに、タクシーに乗れることになったアサリくん
ホテルをチェックアウトした後、最寄の駅までね。
私としては全然歩ける距離だったけれど( ´_ゝ`)
台湾のタクシーは黄色なんだよー。

IMG_1239_20150827005526f80.jpg

タクシーを降りた後は電車で移動。
駅のコインロッカーに荷物を預けてやって来たのは、中正記念堂
蔣介石の功績を称えて建てられた記念公園。

IMG_1241_201508270055284a7.jpg

とにかくそのスケールの大きさに、驚かされます。

IMG_12440.jpg

中世記念堂は、八角形の屋根が特徴。
蔣介石が89歳で亡くなったことに由来し、
建物へと続く階段も89段になっています。

IMG_1246.jpg

IMG_1252_20150827005533264.jpg

その89段をのぼると、美しい景色が。

IMG_1266.jpg

そして記念堂の中には、蔣介石の銅像が。

IMG_1256.jpg

その銅像を、2人の衛兵が守っています。

IMG_1270.jpg


何を隠そう、私がここに来た目的は、





この衛兵を一目見ることだっ!!!




衛兵の任務は1時間ごとに交代。
1時間ずーっとこのポーズのまま、微動だにしてはいけません
なんと瞬きも制限されているそうです
目を見開いてただひたすら前を見つめる様は、まるで蝋人形のよう

IMG_1258_20150827005916dc9.jpg


「え…、生きてる?」
と何度も確認したくなるほどでした。

IMG_1264.jpg

1時間に1回、 正時に衛兵交代式が行われます。
どうしてもこれが見たかったっ
軍靴をガチャン、ガチャン!と鳴らしながら、指揮官1名と、
次に1時間ここで任務に就く2名の衛兵が現われます。
 
IMG_1272.jpg

この衛兵は、誰でもなれるわけではありません。
陸・海・空軍より選抜されたエリート中のエリートなのです

IMG_1281.jpg


犯罪歴がなく、高卒以上、
身長は175cm~195cm、体重65kg±1kgであることが条件。
容姿端麗で、さらに厳しい訓練に耐え抜いた者だけがなれるらしい。
ひょえー

IMG_12830.jpg

一糸乱れぬ行進と銃剣さばきには、思わず息をのみます。
この厳粛な交代式は、一見の価値ありです

IMG_1286.jpg

新しくやってきた衛兵が定位置に付くと、
制服の乱れを直すのは、後ろに控えている世話役の係員です。
流れてくる汗をふくのも、この世話役の方なんですよ。

IMG_12888.jpg


さて、もう空港に向かわなくては。
最終日まで観光が出来て、満足です


が、しかし。
この後、空港であんなトラブルに巻き込まれることになるとは…。


** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2015.08.27
前回の記事の通り、台風のピークが過ぎた後に、
ちょっとお出掛けしてみることにしてみた私たち。
台風の影響により、一部の区間では運休になっていましたが、
利用出来る範囲で電車に乗ってみることにしました。

台湾の電車って、シートの色がカラフルで可愛い
そして涼しげで良いわー

IMG_11890.jpg

さて、到着したのはこちらです。

IMG_1200.jpg

実はホテルからの徒歩圏内にもお店はあったのですが、
どうせなら本店に行こうよということになり

IMG_1190.jpg

サイドメニューも、

IMG_1199.jpg

IMG_1191.jpg

本命の小籠包も、

IMG_1195.jpg

とにかく食べまくりました

IMG_1196.jpg

ちなみに小籠包は3つの味を食べ比べましたが、
やはりノーマルのが一番美味でございました
(見た目は似ているので、画像は省略します。笑)

台湾では日本語が通じないことが多いのですが、
鼎泰豐(ディンタイフォン)は日本語が堪能なスタッフさんが多いです。
またお店の外には常にたくさんのお客さんが並んでいるのですが、
非常に案内がスムーズで感心しました


食事を終えてお店を出る頃にはお腹がいっぱいだったのですが、
少し歩いたところで、こんなお店を見つけてしまいました。

IMG_1207.jpg

もう満腹度は1億%くらいだったのですが、
そう言えばまだマンゴーかき氷は食べてなかったなぁと思い、





「これを食べずして、帰国してはイカンだろ



と思い、迷わず入店

IMG_1204.jpg

想像以上のおいしさでした
機会があれば、滞在中にもう1度マンゴーかき氷を食べたい!
と思ったほど。
(結局、その機会は訪れなかったのだけど。)

この頃にはまだ結構風も強くて、
時折風と共に何か物体も一緒に飛んできたりして(苦笑)、
「キャー」という悲鳴も聞こえてきたりして(苦笑)、
頭を保護しながらいただいたスイーツの味は
きっと一生忘れないことでしょう


この日は一日中、消防車が慌ただしく走り回っていましたよ。

IMG_1208.jpg

至る所で看板が吹っ飛んでいたり、ガラスが割れたりしていましたので

:::::

その後は私の希望で、
また電車に乗って龍山寺へ向かいました。

IMG_1213.jpg

台北一古いパワースポットで、全体運がUPするそうです。
義弟カップルにまつわる悪い運気を払い落すべく()、
是非とも訪れたかった場所でございます…





が、しかし。


私たちを待ち受けていた現実が、こちら。

IMG_1214.jpg

台風のため、休業



貼り出されている用紙に並んでいる漢字から想像するに、
「台風だから政府が営業するなと言ってるし、
締めてるよ。ごめんね。」といったところでしょうか。



またもや、閉店ガラガラ~~~~~~


台湾では台風が来ると、
政府によって休業休校措置が取られるらしい、
というのは聞いていたけれど、見事にそれ。



あー、残念!!!


ちなみにこの龍山寺付近の道路も、
台風によってなぎ倒された木が、道端に寄せられていました。

IMG_1215.jpg

でも信号は機能していたなぁ。
ホテル近辺の信号機は台風の影響でダウンしちゃっていて、
警察官による手信号で交通整理されていましたよ

:::::

全体運UPに失敗した後は、アサリくんの希望でエビ釣り場へ

IMG_1216.jpg

「台湾では、デートで利用されたりするんやで。」
と嬉しそうにウンチクを語るアサリくん。
それにしても台湾に来てまで釣りって…

釣るだけではなくて、
釣ったエビはその場で食べることが出来るらしいのですが、
一向にお釣りにならないため、食事は別のお店へ移動

IMG_1236.jpg

アサリくんがリサーチしてくれていた、おいしいと評判のお店。
確かに何を食べてもおいしいー

IMG_1219_20150823225627b8a.jpg

IMG_1230.jpg

IMG_1232_201508232256543d8.jpg

こちら(↓)は、私が台北滞在中に食した物の中で
一番おいしかった!!

IMG_1231_201508232256529e0.jpg

「何ひとつとして外れのないお店だったなぁ!」
と満足感でいっぱいになりながら、
アサリくんがお会計してくれているのを待っていたら、
どうやら梅宮辰夫さんも訪れたお店らしい

IMG_1238.jpg

納得


というわけで、3日目はこれにて終了。
風は強いし、台風のせいで思うように観光は出来なかったけれど、
それでもなんだかんだ言って、それなりに楽しめたのでした。
さぁ、明日はいよいよ帰国日です



** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2015.08.25