「せっかく三重まで来たのなら、松阪牛を食べないと悔いが残るよね
ということで、急遽松阪経由で帰宅することに( ´艸`)

ただわたくし、お宿の朝食でご飯を2、5杯もおかわりしたため
空腹度がゼロでして
高級店に行くのはもったいないねということで、
今回は地元の人に「お手軽価格だけど、おいしい!!」
と人気があるらしいお店へ。精肉店直営のお店です。


松阪肉マスターの気まぐれステーキランチ(3,500円)

最初にスープが出てきて、

01a327e93b2cf514ea18781aaf48b9171e5a9dea99.jpg

お次は、サラダ。

0145d52a306efb1e9dd908c26537391f247397eb73.jpg

そして、ついに松阪牛さま

018c6c824cbc69100ce44e72b982bf8eea9c6bac8e.jpg

ライスと、食後のドリンク(コーヒーor紅茶)もついていました。
とってもリーズナブル

お肉のおいしさもさることながら、接客の素晴らしさに感動
これだけ気持ちの良い応対をしてくれるお店は、久し振り。
初めて来たのに、まるで昔からずっと通っているかのような
居心地の良さと落ち着き感。

ただ残念だったのは、予定外に急遽寄ったので
お店に到着した頃には、すでに閉店まであまり時間がなかったのですが、
その上やはり人気店なのかすぐにお店には入れず、
少しの待ち時間が発生したので、
席に通された時には閉店30分前だったこと

食べるのが遅い私は、
何とか閉店までに食事を終わらさなければ!と必死で食べました。
だからお肉の味をかみしめるとか、じっくりと味わう、
ということが出来なかったのが、とっても残念

店内は東京から来られた方、
ツーリングの途中で寄られた様子の方など
県外からのお客様も多かったです。
急遽思い付きでふらりと寄ったお店が当たりだと、なんかすごい嬉しい
…けど。もしもまた松阪に行くことがあれば、
次回はぜひとも超高級店のお肉が食べたい

014ab2d9a30c29461902940dac9ce666c0b79e1842.jpg


** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

2015.02.22
お宿をチェックアウトした後は、
私のリクエストで『菅崎園地』(すげさきえんち)へ。

015ab6b284f8e6eac7a5895abbd0c360be61040515_2015022123385425c.jpg

徒歩で行くか、車で行くか迷いましたが、
この日はとてもお天気が良かったので、お散歩も兼ねて歩いてGO
しかし想像以上に遠くて、結構な距離を歩きました(;*´ω`)ゞ
でもいい運動になった

なぜ私がここに行きたかったのかと言うと、
この鐘を鳴らしたカップルは常永久の愛で結ばれると言われている
『常永久(とことわ)の鐘』があるから

これを昇っていくと、

01b7bc0687a362c6a5a660d82c5135a649efe0f7fe.jpg

じゃーん

01e3a5647749d2657aa89700555b9f57853a774f93.jpg

過去に色々と体験した私としては、
実のところあまりこういうのは信じていなかったりするのだけど、
でも一応は鳴らしておきたいタイプでして







鳴らしまくってきました(*゚∀゚)・:ブハ






永遠の愛を誓える鐘とか、願いが叶うご利益巡りとか、

019bc0cac661662b268a7b4beae27965a45ae8cb85.jpg

そういうのを目的としてこの地にやって来たわけだけど、
何より一番の収穫だったのは、
鐘がある展望台から見渡す景色が言葉にならないほどの絶景だったこと
水平線を遮るものは何一つなく、360度に広がる大パノラマは、
丸い地球に生かされていることを実感させられる貴重な体験でした。

77.jpg

55.jpg

33.jpg

tokotowa.jpg

01b2074a2607cf9a2975f0e46884c4a45ff8deee2c.jpg

本当に天候に恵まれました

44.jpg

これが大雨だったら、せっかくの景色も台無しだもんね。
後から知ったことだけど、この場所を
「伊勢志摩で一番素敵なビュースポット」
と紹介する地元の方もいるくらいらしい


でもね。


実はここ、過去に悲しい出来事が起きた場所でもあります。

明治44年11月23日。
駆逐艦「春雨」が嵐に遭遇し、菅崎付近に座礁。
たくさんの死者を出す大惨事となったわけですが、
この時、ここ相差(おおさつ)の村民が総出で救出にあたったそうです。
11月の寒空の下、油まみれの海に飛び込み、
生存者の救出に向かった村民の方の勇気と優しさに感動。
海から挙げた瀕死者を女性が交替で体温で暖め蘇生させる、
などの必死の努力がなされ、これにより8名の命を救ったのだとか。

0121cd2d5c3a39f02f4069c50d70521710d36682f0.jpg

だから常永久(とことわ)の鐘があるこの展望台は
駆逐艦の名前をとって、『春雨展望台』と名付けられています。
そして、

* 変わらず続けていくこと
* 変えてはいけないこと

として、展望台にはこのように書かれていました。

0152c6bfb19be1ad120308a86ef1ade1950f689d74.jpg

単なる、カップルが永遠の愛を誓う場所では無かったのですね。
駆逐艦「春雨」の出来事、亡くなった方のこと、
相差(おおさつ)の先人の勇気、この美しい自然への感謝、
またそれらをこの先も大切に守り続けていくこと。
そういったことを誓い、祈り、そして鳴らす鐘でもあったことに
私だけでなく、アサリくんも感銘を受けている様子でした。

私が「ここに行きたい、ここで鐘を鳴らしたい!」
と話した時のアサリくんは乗り気ではなく苦笑していたけれど、
いざ到着してみると、展望台に貼られているパネルで
この駆逐艦「春雨」の件を知り、心を打たれ、
「本当にここに来てよかった。」と最後には大満足のアサリくんでした。


** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2015.02.22
宿泊中に、楽しみにしていたことがありました。
それは、お部屋のお風呂に入りながら日の出を見ること
↓この画像の左側に窓があって、すぐそこが海。

01a750a89fd1daa5f526381af8cb76afaa7ac92ca9.jpg

海を眺めながら、波音を聞きながら、
時間を気にすることなく、日常のあれこれから解放されて、
好きなだけの~んびりと浸かるお風呂タイムは、最高に贅沢

でも「さらに贅沢をしちゃおうよ!」ということで、
翌朝はここから日の出を楽しむことに。
アサリくんが日の出の時間をあらかじめ調べておいてくれたので
それに合わせてタイマーをセットし、準備万端で就寝


朝起きると、もうすでに空が幻想的で

01a056bf2d0df8219d2f03a997763c19dc9ed5b102.jpg

慌ててお風呂にお湯をはって浸かっていると
ついにこの瞬間がっ

hinode.jpg

こんな時はもう、言葉も出ない。
感動が喉につまっちゃった感じ(*´□`)
水平線から昇る朝日と、朱色に染まる海は、それはもう絶景で。
一生忘れられない思い出になること、間違いなし。

01ad96d4b42ce704621fbdaa786d3dcd72cfd7860c.jpg

013545e338d3c67c12fac9723377b357ddc4ada4c4.jpg


:::

さて、その後は朝食です
わーい、朝から豪華\(^o^)/
前日のお夕食ではお造りだった鯛さんも、翌朝には煮付けに変身
伊勢海老さんも、翌朝にはお味噌汁の中にINされてた

01162ca20b830d83966113319ac3cae48325d429a8.jpg

012a66eed7889f02069d4f0091c92c0d8e991fede1.jpg

最初は「こんなに食べられるかなー。」と心配してたのに
気付けばご飯を2,5杯も食べていた私です

0146f93b935ccae4aedaa570b644c8c616e8990ba7.jpg

「おいしいね。」って言ったら、
「おいしいね。」って笑顔でこたえてくれる人がいる。


小さい事だけれど、大きな幸せ


** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村


2015.02.20
『部屋とYシャツと私』
みたいなタイトルになっちゃいいましたけど

しっかりとお願い事をして神社を出た後は
小1時間ほど、海の周りや山道をお散歩

016311d3823c5e4bb8484de7bbb2e88d952703b035.jpg

お昼に食べ放題で食べ過ぎた牡蠣の分も消費しなくては!!
01dcb55fc6fdf9e0fa1b714a861f770ee1b8d8e24d.jpg

:::

そして迎えた、旅館でのお夕食。
舟盛、ドーン

11.jpg

左の方にいる伊勢エビさんは、
完全に切断されているのにまだ動いていらっしゃいました
いつもの1億倍心を込めて「いただきます。」を。
プリプリ過ぎてビックリ!!

もうとにかく、さすがお宿のご主人が漁師さんなだけあり、
どれも新鮮なのです

0_2015021916381744a.jpg

お昼に散々食したため、
出来ればしばらくは見たくなかった牡蠣、再び

kaki.jpg

しかし、非常に肉厚でおいしい牡蠣さんでした
そしてこれを食べてアサリくんが悟ったこと。
「お昼に食べた牡蠣とは、全然違うな。」と。

食べ放題用の牡蠣は、どちらかと言うと小粒。
おそらく商品になりにくい物を、
食べ放題という形でさばいているのだろうと。(注:アサリくんの個人的見解)
なるほどねーーー。

あとはお鍋とか、

23.jpg

うにご飯とか、

uni.jpg

天ぷらとか、煮魚とか、茶碗蒸しとか、デザートとか、
色々出てきましたが、もう撮影するのは忘れちゃいましたー

お部屋食だったのが、嬉しかったです。
すぐ外は、海。
波の音を聞きながら、おいしいお料理を大切な人といただけるって
こんな贅沢は無いなーと

豪華なお食事とか、きれいな景色とか、
感動を共有するって、大切な事だなって改めて思いました。
そういうのが一度に体験出来ちゃう旅行って、やっぱりいいね。


** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村
2015.02.19
お宿の近くに、観光スポットとして有名な
『神明神社』があると言うので、行ってみました。

0111dbd95cc0ed8799668993a5ddb5632a95f86320_201502191522074b8.jpg

この神社には「石神さん」と親しまれている小さな社があり
「女性の願いなら、必ず一つは叶えてくれる」
との言い伝えがあることから、
今もなお全国から参拝者が絶えない社になっているそう。

011ad5af8752e84462ea4420c3b80068fb058a8ca7_20150219152206a50.jpg

確かに、女性の参拝客が目立ちました。

016e7422f9032d0cf576d52737b8f185d1494b6ed7.jpg

「10年振りに子供を授かった。」
「結婚が決まった。」
「息子が受験に合格した。」
など、お礼参りに来られている方もいらっしゃいました。


参拝の方法をガン見した後は、

016eaf5267e721079317368a3f2332c0420ce81880_201502191522038ea.jpg

必死にお願い事を記入する、私。

035.jpg

叶いますように



** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村


2015.02.19