夫婦っていうのは面白いもので、
一緒に生活していると、小さな衝突の連続だなと思います。

別に致命的ではないのだけれど、
ちょっとした感覚が微妙にズレていて、
それが妙に気になってしまったり。

夫婦と言えども、元は他人同士。
そんな他人同士だったふたりが共に暮らすっていうのは、
そういうものなのでしょうね。

:::::

朝に出勤準備をしていたアサリくんが、
キッチンで洗い物をしていた私のところにやって来て、
ちょっぴり本気モードでクレームをつけてきました
手には歯ブラシと歯磨き粉を握りしめています。
何を言われるのかと身構えていると、
アサリくんが真剣な顔でこんなことを言って来ました。





「俺がひとりで暮らしていた頃は、
アクアフレッシュのストライプ
最後まで綺麗に出ててんけど!」






予想外のクレームに、思わずププっと笑ってしまいましたw
真剣な顔をしているので、余計に面白くて


私と一緒に暮らすようになってから、
ストライプがきれいに出なくなったらしい。
チューブのお尻から押さないからだと注意されました



「そういうの、気にならんの?」


と不思議そうに聞かれたけれど、
どうしよう、まったくもって200%気にならん
って言うかそもそも、
ストライプがきれいに出ていない事実にさえ
指摘されるまで気付いていなかったし。


「あ、ごめん。全然気になってなかった。
歯が磨ければそれで良いって感覚なんやけど、
ストライプの出方って、効果効能に何か影響するの?」

と質問すると、



「気分の問題。お皿と一緒やん。
きれいなお皿で食べた方が、ご飯もおいしく感じるやろ?」


とのこと。
んー、何となく分かるような分からないような。


「俺、A型やから。
気にする所が本当に違いますなぁ


とニヤニヤと笑いながら、
そして歯磨き粉を握りしめながら洗面台に戻って行きました。

へー、そうだったのかと。
私にとったらどうでも良い事なんだろうけど、
彼にとったらそうでは無いのだろうな、
だったら今後は気をつけなきゃなぁ、と。

私たちは時々、
お互いがお互いの気になる所を指摘するけれど、
その度に指摘された方が
「え、そんなのが気になるの?!」
と驚くというのがお決まりのパターン。
私たち夫婦間ではこの“小さなズレ”がすごく多いので
また追々記事にしていけば面白いかもw


とりあえずアクアフレッシュの件は気をつけるとして、
でも面倒になってきたら、
ストライプではない別の歯磨き粉に変えちゃおっと



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.05
しばらく魔女の話が続いていますが…。

お義母さんとお茶をしながら魔女の話をしている時に、
「最近ずっと魔女には会っていない。」
という話をしました。


そうなのです。
実は魔女と顔を合わせて会話をしたり、
こちらが一方的に見かけた
(けど見てないフリをして慌てて逃げた!)のは、
昨年の9月が最後。

それから今日までの約半年間、
たったの一度も見かけることがありませんでした。

それは単純に、妊娠初期の数ヶ月はつわりがひどくて
私がほとんど外出をしていなかったのと、
体調が安定してきた最近では、
魔女とうっかり出くわさないように、
外出する時間をあえてズラすという作戦に出ているから、
というのが大きいと思うのですが。

夫同士の仕事が同じで、生活サイクルも同じため、
自分の都合の良い時間に外出すると、
魔女と出くわしてしまう確率が上がるので、
あえて不都合な時間を選んで外出している私


あとは…きっと魔女がアルバイトに出たのだろう、
と思っていました。
去年の9月、最後にばったりスーパーで会ってしまい、
少しの会話を交わした時に、


「そろそろ失業保険の受給期間も終わるので、
●●で働こうと思っていて、近く面接を受けに行く予定。」


と魔女が言っていたのです。
店名や働く時間帯も具体的に話していたので、
もうほぼほぼそこに決まるのだろうと思っていて、
だからそのお店には
何が何でも行かないようにしていたのですが。


お義母さんの話によると、
どうやらそこには行っていないらしい。

「クリスマスとかバレンタインとか、
期間限定でアルバイトに行っていただけで、
だから今は働きに出ていないと思うよ。」


とのこと。






そこでワタクシ、一つ気付いたことがあります。
瞬間的に「ピン!」と来ました。



:::::

お義父さんのバレンタインギフトを選ぶために、
「■■百貨店に一緒に行って、選ぶのを付き合ってほしい。」
とアサリくんにお願いをしたことがあったのですが、


「やめといた方が良いよー。
チョコレートを買おうとしてるんでしょ?
お酒の方が喜ぶと思うし、お酒屋さんに選びに行こうよ。」


と、やんわりと■■百貨店に行くのを回避されたのです。
百貨店ならチョコレートに限らず
お酒だって何でもそろっているし
とりあえず一緒に見に行ってみようよとお願いしたのですが
なんだかとても自然にサラっとスルーされて、
結果的にお酒の専門店でギフトを選ぶことに。

結果的にお父さんにもとても喜んでいただけて、
ギフト選びは成功したので良かったのだけれど。


“魔女がクリスマスやバレンタインに
期間限定でアルバイトをしていた”


とお義母さんから聞いた時に、ピンと来て。
アサリくんに思い切って聞いてみたら、やはりそうでした。
アサリくんは知っていたのです。
おそらく次男から聞いていたのでしょう。
魔女が■■百貨店のバレンタインの催事場で
期間限定のアルバイトしていることを。


嘘をつくのとかすごく苦手な人だと思っていたけれど、
あの時は本当に自然にスルーしていたので、
なんだか嘘が上手になったなぁ…としみじみ

そしてやはりお義母さん同様、
アサリくんにもこんな風に気を遣わせていることが申し訳ない。
良い歳して何してるんだろうって、自分に自己嫌悪。


そして改めて思った。
やはり生活圏が同じって、非常に危険
魔女が働いていることを知らずに
うっかりそのお店を訪れてしまうかもしれないもの。

だからやっぱり思うのよね。
ある程度の距離感を保つことは、大切だしマナー。
真向かいのマンションを購入するなんて、配慮が足りない。
なんて言うか、プライバシーゾーンに
ずかずかと裸足で入り込まれているような気がして、
とても不快。
実際問題、日常生活に支障が出ているし。





** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.01
既婚者の皆さまは、
夫婦間のバレンタインデーってどんな風にお過ごしですか

我が家はご存知の通り、
お誕生日もクリスマスもさほど意識しておらず
気が付けばイベントは割とスルーしちゃっているふたりなので
今年のバレンタインもそんな感じでした


決して何もしないつもりでいるわけではないのだけれど、
あえてこの日のために
急いでプレゼントを用意するほどでもなく、といったところ。

アサリくんはチョコレートが好きではないから、
何か他の物をプレゼントしたいなぁとは思っていて。

例えば今年ならバッグを探していたのだけれど
バレンタインまでに「コレ!」という物に出会えなくて、
だったらちょっと過ぎちゃうけれど、
心から気に入る物に出会えた時に贈ろうとか思ってしまうから、
そんなこんなで気付けば半年とか1年とかが過ぎて
下手したら一周して、翌年のバレンタインを迎えちゃうっていう
(お誕生日プレゼントも、そんな感じです。)


:::::

でもせめてお手紙は贈ろうと思い、準備していました。
頭の中ですら下書きをせず、
ただ思うことを素直に書き綴っていったところ、

2873596[1]

Happy Valentine's Day!!

いつもお仕事お疲れ様です。
職場ではトップの立場で、家族では長男の立場で、
無意識に常に気が張っているだろうから、
せめておうちの中では甘えられたり、
くつろげたり出来る奥さんであろうと
心掛けているつもりなのだけど…
割と頻繁にプリプリしてしまってごめんなさい

お互いに価値観が違うこともよくあって、
未だに戸惑うことも多いけれど、でも何だかんだで
アサリくんとは世界で一番
相性が良いんだろうな…と確信しています♡
ベストパートナーyeah!!
これからもプリプリしますが、うまいことなだめながらよろしくデス!

まゆりんこ




読み返してみて気付いたのだけど、
を伝えるつもりが、ただの









嫌味 と お願い




になっていた(*゚∀゚)・:ブハ




** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.02.15
もうお互いに
例のMくんの件を口に出すことは無くなったけれど、
かと言って決して解決したわけでもないし、
私は今でもちょっぴりモヤモヤしています

ひとりでおうちにいる時に、
ブツブツと独り言のように文句を言っている自分に気付いて、
「私、こわっ!」と思ったり

あ、でもね。
こんな風に不満に思っていることを
実際に口に出してみたり、文字にしてみることって
心の整理が出来たりして、結構ストレス解消になるんです。
オススメですよ


:::::

妊娠中はホルモンバランスの乱れなどから
精神的に不安定になったり
イライラしやすいって聞くけれど、
今回の件も多少は関係しているのでしょうか

そう言えば私の友人(以下Yちゃん)に、
妊娠中に無性にイライラしてしまい、
それがきっかけでお引越しまでした子がいたのを
ふと思い出しました。


Yちゃんは初婚でしたが、お相手の男性はバツイチ。
彼にはすでに持家(マンション)があったので、
結婚後はYちゃんがそこに引越す形で新婚生活が始まりました。
私とよく似たパターンですね。
彼が前の奥様と一緒に暮らしていたマンションで、
新婚生活がスタートすることになったのです。

Yちゃんの話によると、特に彼の過去を感じることも無く、
何の不満もなく普通に暮らせていたのですが、
妊娠を機に突然、
“前妻と住んでいた場所”
ということに大変なストレスを感じるようになったそうで、
イライラしてどうにもこうにも気がおさまらなくなり…、
元々「子供が生まれたら、手狭になるな。」
と感じていたこともあって、お引越しを決意<したのだとか。
「急に発生したストレス」と、
「ふたりの行動力」の両方にビックリしたエピソードでした。


ただまぁ私の場合は、例え妊婦ではなかったとしても
Mくんの件に関しては
絶対にイライラしていた気がするけれど


** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.02.02
しばらく続いている、Mくんの件のその後ですが…、
腹が立ってイライラして眠れず、
同じ部屋にいるのも嫌でリビングで一夜を明かした私ですが、
おそらくアサリくんも同様にスッキリしない気分だったようで
家の中ですれ違う時ですら、
お互いに「おはよう」と挨拶をすることもなく、
一言も会話も交わさない時間が続き…

いつものようにアサリくんが持参する水筒に
コーヒーだけつめたら、
私は寝室に戻ってベッドにもぐり、
出勤するアサリくんを見送ることを拒否しました。

一瞬寝室をのぞきにきたアサリくんも
ベッドの中の私に特に何の声をかけるでもなく、
そのまま黙って出勤して行きました


まぁそのいわゆる、ちょっとした喧嘩状態ですね
けれどしばらくして、アサリくんからLINEが届きました。


01ddb3349263daa0c0b31c616c2d6e6bb965b54029.jpg


いつもなら必ず絵文字を使うアサリくんなので、
文字だけが並ぶこのメッセージから
若干のぎこちなさは感じるものの、
出来れば仲直りしたい、
と思ってくれている気持ちは伝わりました。


が、困ったもので私は素直になれないのです


このメッセージも通知画面でチェックしただけで、
実際に開いたわけではなく、
この後8時間ほどわざと「未読」の状態で放置。
私ってつくづく大人気ないなぁと思います


:::::

お仕事が終わると、
必ず「今から帰るよ」と電話をくれるアサリくん。
この日も電話がかかってきましたが、
大人気ない私はその電話に出ることすら出来ませんでした。

アサリくんが帰宅したら、
一体どんな顔で会えば良いのか分からなったけれど、
最初はご機嫌ナナメだった私も、
一貫して普通に接してくれるアサリくんのおかげで
徐々にいつもの私に戻っていき、
どちらも「ごめんね。」と謝ったわけではないけれど、
とりあえず一旦は喧嘩終了かなぁ
私の心の中には
Mくんに関してのモヤモヤが残っているけれど。


喧嘩後の対応は、やはりアサリくんの方が大人。
もしも彼が私と同じようなタイプだったら
きっと夫婦喧嘩は毎回もっと長引いていると思うので、
そこは素直に感謝です



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.02.01