ずっと書けなかった、最終出勤日のこと。
でも必ず書きたかった、お話

:::::

私よりも4時間前に、仕事を終えて帰宅した同期Y子ちゃんが、
「最終日は、絶対に見送りたい」と言って、
私の業務終了時間に合わせて、再び会社へ来てくれました。

仕事を終えて、身辺整理を終えて、皆様への挨拶を終えて。
ロッカーまで降りて行ったら、
「お疲れ様ーーー」ってめちゃくちゃ笑顔でハグしてくれて。
そして、可愛いお花を。

P1120458★★

「ごめんねぇ、完全に私の好みで選んでしまった!」
Y子ちゃんがそう言いながら渡してくれたのは、
偶然にも永遠くんカラー

そして次に渡されたのが、Y子ちゃん特製アルバム

IMG_0123★★
 
一緒に過ごした思い出が、たくさん。
何より、Y子ちゃんの愛が詰まってた

P1120429★★
 
これだけでも十分感動なのに、
Y子ちゃんは興奮した様子で、次から次へと。笑
「大好きなスイーツのお店のもので
ぜひまゅりんこちゃんにも食べてほしいねん♪」と。

P1120420★★

おうちに帰って開けてみたら、まぁ何て可愛い

P1120421★★

P1120423★★
 


「これもオススメだから!」とまで

P1120434★★

Y子ちゃんは、いつもこれを読んで号泣らしい

P1120437★★

「それとね!」って、まだ出てくることに驚きっ
同期の送別会でも、プリザーブドフラワーをいただいて、
その時は私の好みだからと、ピンクがチョイスされていましたが(↓)、

EPSON009♪♪

Y子ちゃんも個人的に用意してくれていたらしく、
「かぶっちゃってゴメンねぇ。」って言いながら。

P1120444★★

:::::

実はこの日、プレゼントをくれたのはY子ちゃんだけではなくて。
職場のロッカーには、個人のレターケースが併設されていて、
業務に関する通達が入れられるので
出勤したら必ずチェックするのがルールなのですが。
最終出勤日に、このケースを開けてみたら、

P1120465★★

先輩からでした
彼女もバツイチで、 ダメ夫のせいで
悲惨な結婚生活を送った苦労があったことから、意気投合
とは言え、出会って1年ちょっとで
まさかここまでしていただけるなんて

それから、こんな葉書も入っていました。

P1120468★★

これは、とある上司から。
もう60前の方ですが、とにかくオシャレで、かっこよくて。
性格も良くて、しかも愛妻家で、社内で一番人気の上司
もちろん私もこの上司が大好きだったので、
まさかこんなお言葉をいただけるなんて(⊃∩`*)


「よかったらまた連絡してね。」とメアドを教えてくれた人、
私が今日で最終出勤日だと知って、涙を流してくれた人。
私の心では受け止めきれないほどの
あたたかいキモチを、たくさんの人からいただいて。
とっても素敵な一日になったのでした

:::::

Y子ちゃんと向かった先は、駅近くにある居酒屋さん。
私の終電の時間まで1時間ちょっとしか無かったけれど、
最後は仲良し4人組で見送りたいからと、
全員に声をかけてくれてたY子ちゃん。

4人で私を見送ると聞いた年下のイケメン君が
「僕も行こうかなー。」と言い出したらしく、
「うんうん、おいでよー。」ってその子まで誘ってくれて。笑
そして彼は、私が寿退社だと思い込み、
わざわざ一度帰宅して、祝福のキモチをこめて、
紅白のシャツで出直して来ちゃったという。笑

P1120415★★

早めに帰宅したはずの上司や、
残業を終えてクタクタの2人も合流してくれて。

P1120417★★

突然のお誘いや、翌朝も早いにも関わらず集まってくれた皆に感謝。
終電ギリギリまでみんなと一緒にいたので、最後は駅までダッシュ
電車出発まであと2分!って頃に、何とか到着。

荷物を持って付き添ってくれたY子ちゃんが
「本当に、いなくなっちゃうんだね」って、
目を真っ赤にして言うもんだから、私まで泣けてきて。
ふたりでワンワン泣きながら、改札でハグして
遠距離恋愛中のカップルばりのお別れをしてきました(´;ω;`)


Y子ちゃんからもらったお手紙読んで、また泣いて。

P1120432★★

10歳近く年の差のあるAちゃんも、
忙しいのにわざわざ前夜にマカロン焼いてくれたらしく

P1120449★★

なんとも、幸せな一日でした

IMG_0130★


** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村

2011.08.13
ついに最終出勤日を終えてきました。
最後の最後に対応したのが、大クレームという
関西人としては、非常においしいオチ付きでして(´σ `)

でも業務外では色々とサプライズがあって、まさに感動の嵐で
ここに記しておきたいことはたくさんあるのだけど、
何せA社の宿題に追われている身ですので、
このお話は、また時間のある時にゆっくりUPします

ところで、1つだけ驚いたこと。
私の退職に関してこんなが流れていたことを知りました。







2011.07.24
現在の職場のイケメン上司が、飲みに誘ってくれまして
同期Y子ちゃんと3人で、行ってきました。

この日は、私のみ休み(有休消化)で、
Y子ちゃんとイケメン上司は、仕事終わりに来てくれました。
最初は職場付近で飲もうか、という話になっていたのですが、



「私、もう定期券なーーいーーしーー


とダダをこねた私のために、
2人がちょっと私よりの駅まで出てきてくれましたとさ(ノ∀`*ヽ))

::::

この飲み会が開催された、まさにその日(7月4日)、
部長から全管理者に私の退職の話がメールで送信されたそうで
「もう正直に言っちゃうけどさぁ~」と前置きをした後で、
「みんな、かなり残念がってたよ
とこの上司が教えてくれました。

「特に○○さんとか、△△さんとかさ。」って出された名前は、
教育チームの方たちで、入社後に私たちを指導してくださった方々。

社内で音声教材のCDを作成することになった時、
応対見本として私を抜擢してくださったのもこの方たち。
新人さんが入ってくる度に、
「ちょっと隣でモニターさせてあげてね」って、
周囲にいる先輩方をさしおいて、私の所にやって来て。

隣で私の電話を聞いていた新人さんは
「まゅりんこさんの応対はためになるから、
しっかり学んで来なさいって言われました。」なんて言ってくれて。

自分で言うのも何だけど、
研修チームの方からの評価は、きっと高かったのだと思う。
社内で会う度に
「うちに来てくれて本当にありがとう。やめないでね、期待してるから
って声をかけてくださって、イイ扱いを受けていたとも思う

そんな方たちを、裏切ってしまったなぁと
またもや胸が痛みました



イケメン上司が教えてくれたこと。


「来年には、自動車だけでなく火災保険も担当してもらって、
社内研修の講師も担当してもらって、 ゆくゆくは正社員になって、
我が社を引っ張ってって欲しいって思ってたみたいだよ。」


私は現在契約社員なのだけど、管理者の推薦と、業務実績があれば
正社員になれるチャンスがあります。
ただし、この5年間でたった3人しかなれなかった狭き門。
自分とは無関係の世界だと思っていただけに、
私のことを、そこまで考えてくださっていたことに
嬉しいやら、申し訳ないやら、複雑な気分でした

でもこの上司は、こうも言ってくれた。


「ただ俺は個人的には、美容部員の方が向いてると思うんだよね。
入社して間もない頃、前は何の仕事してたの?って聞いて
美容部員って答えた時、すっごい納得したもんなぁ。
え、なんでこっち来ちゃったの?って思ったくらい。笑
自分の人生だしやりたい事やるべきだし、
俺は、いい決断したと思うよ。」って。


なんか、嬉しかったなぁー



私の人生は、私が決めることであって、
人がそう言うから、この選択が正しい、
とか、そういうのでは無いけれど。




でもやっぱりね、自分が悩みぬいて選んだことに
「いい決断したと思うよ。」って言ってもらえることは、
すごくプラスのエネルギーになるんだよね。


いいお食事会でした


** 本日もポチっと応援よろしくお願いします。 **
にほんブログ村 OL日記ブログ アラサーOLへ
にほんブログ村


P1120191★




2011.07.19
退職を知らせるために、同期にメールを一斉送信したら
その翌日には、
「送別会の幹事することになりました」ってメールをくれた子がいて

現在残っている同期入社は、私を含めて11名。
うち8名が月給制で、残り3名はパート制。
午前中だけ働くパートさんは、皆さん主婦。
勤務体制が全く違うし、お子さんもいらっしゃって家事に忙しいし、
同期と言えども、ちょっとだけ遠い存在。

時々開催してた『同期会』っていうのも、
一応パートさんもお誘いはしてみるけれど、
ご主人もお子様もいて、夜に家をあけるのは難しいという理由から
どうしても月給制のみのお食事会になっていました。


が、今回の私の送別会は、
パートさんを含めて全員参加してくれるらしく。
11名の同期が全員集合するのは、入社以来初めてなんです
中には私と同じように、旦那の不倫が原因で調停離婚して、
幼稚園に通う小さなお子様2人を育てている
シングルマザーの方もいるのだけど、
「子供たちは、実家の母親に見てもらえることになったから★」
ってメールをくれて。
同期の皆それぞれが、
都合をつけて時間を作ってくれたことに感謝です

::::

会場のお店までは、ひとりで向かう予定で。
けれどチョー方向音痴の私に、梅田は難易度が高くて
最近新しくなったから、余計にさ…(;´・з・)

駅に着いて、さっそく道に迷う。
幹事の子に電話をして、今ココにいるよと言うと
「あー、全然違う誰かに道聞ける?
とりあえず曽根崎警察までおいで。そこまで来たらまた説明する。」
とのこと。

人に道を聞いて、分かったつもりで歩き始めるも、
やはり道に迷う。
もはや、自分がどこにいるのか分からなくなってくる…。
その時、私の携帯が鳴った。

2011.07.14

まだまだ、転職ネタは続きますよー(´σ `)

:::::

7月1日に出勤すると、
「Tさんのところまでいくように。」と指示される。
Tさんは事務担当の方なので、退職手続きの件だろうと予想した。

面談用のテーブルで、Tさんと向かい合って話をする。
7月分の給与について、「日割り計算なので…」と説明を受ける。
そしてその後、意外な事を聞かれた。




「有休が残ってますよね?」




確かに、11日+3日(夏季休暇)=14日分の有休が残っている。
けれどそれを消化しようなんて気持ちは、これっぽっちもなかった。
正直、もったいないなーとは感じたけれど、
急に退職を申し出たのは私の方で、
しかもすでに決定しているシフトに3日分、穴をあけるのだから。
もうその有休は捨てるものだと思っていた。



「まゅりんこさんは、どうされるつもりですか?」




Tさんに聞かれたので、正直にこたえる。



2011.07.10