お友達と京都でランチ
皆の自宅からは大阪の方が近いのに、
マメちゃん連れの私を気遣って
滋賀から出やすい京都まで出て来てくれました。
皆の優しさに感謝

今回は私を含めて3人でランチ。
昔は6名で集まっていたけれど、
うち1名は東京に引っ越し、残り2名は海外で生活中。
関西で集まれるのは3名になってしまいました。

019493d0da013b8533343ed1a4e23c8d7cfb3f5c81.jpg

マメちゃんにとっては生まれて初めての電車。
大泣きするのではないかと不安でしたが
案ずるより産むがやすし!
少しもぐずらず、行き帰り共に
ずっと良い子ちゃんでいてくれました

それよりも問題だったのは
吹雪いている中での外出で、
電車は運休・遅延が発生しているし、
このお天気は約束がなければ絶対に
「今日は外出しないぞ!」って決め込むレベルでした

でも何とかお友達とマメちゃんの初対面も叶い、
みんなに可愛がってもらえて幸せでした


デビューが成功して私もこれでちょっと自信がついたし、
これからは少しずつ
電車でのお出掛けにも挑戦してみようと思います。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2018.01.28
先週のことですが、いつも行くスーパーで
偶然見かけた人がいました。

「あ、ミエ(仮名)ちゃん!お久し振り
と声をかけると、向こうも私に気付いてくれて
「うわぁあああー!久し振りーー!」
と二人で盛り上がりました。


:::::

ミエちゃんと言うのは、マメちゃんを妊娠中に
当時通っていたクリニックの「母親教室」で知り合った人。
その後私は別のクリニックに転院してしまったので
院内で会うことはなくなってしまったのだけど、
私がいつも行くスーパーで
彼女がレジのパートをしていたこともあって、
時々お仕事中のミエちゃんを見かけて
声をかけることがあったりしました

そのうちミエちゃんも産休に入り、
スーパー内で見かけることもなくなったのだけど、
LINEで時々はやりとりをしていて
お互いに出産報告はしていました


でも、それっきり。


お互いに出産報告をした後は育児に追われて
全く連絡を取っていなかったのに、
連絡を取らなくなって約半年ほど経過した頃に
偶然スーパー内で見かけたので思わず声をかけた、
というわけです

その時に、
「今度ランチでも行こうよー。」
という話になって、
そして今日初めてミエちゃんとランチに行きました。
家族以外と外食するのは、これが初めて!

01a16d0d200aa140c50d2a186131316bc8992cbe8b.jpg

個室でお座敷。
子連れでも入りやすいお店です。


ミエちゃんの赤ちゃんも、女の子
私たちは出産予定日が近かったのだけど、
ミエちゃんは本当に予定日その日に出産をして、
私は予定日よりも数週間も早く産んだので…
結果的には1ヶ月だけマメちゃんの方がお姉さんになりました。


が、ミエちゃんの娘ちゃんの方が
どっしり構えていて動じない感じ。
マメちゃんは場所見知りして泣きわめくし大変でした。

やっぱり赤ちゃんって、
こんなに小さくてもすでに性格のベースがあるようで、
みんな全然違うから面白い
マメちゃんは出産した病院の助産師さんから
「この子は育てるの大変そうねぇ^^;」
と言われたほどのカンシャク持ちで苦労していますw

でもその代わりに、うちの子はとーっても表情が豊か。
これだけはどこの赤ちゃんにも負けない自信がある!
(って親バカですね

お互いに育児の状況を報告し合ったり、
情報を交換したりして
楽しい時間はあっという間に過ぎました。

ところでミエちゃんは私よりも11歳も年下なのです。
一回りほども年齢が離れているのに
仲良くしてくれて嬉しい

赤ちゃん連れだと、
せっかくのハンバーグも冷めて固くなってしまうけれど(汗)、
またミエちゃん親子と一緒にランチに行きたいな




** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.12.01
アサリくんが出張で家をあけている間に、
お義母さんと、私の実家の母と3人でランチに行きました
結婚して2年9ヶ月になりますが、
こうして3人でランチするのは3回目。
(うん、おそらくそう。忘れているランチ会がなければw)

母親同士の価値観だったり、波長が似ているためか、
お互いにどこか友達感覚なところもあるようで、
母も義母も本当に楽しそうにしているので、
意識してこういった場を作るようにしています

とか言って、
今回はお義母さんから誘ってくださったのだけどね。
私の出産前に、3人で会いたいと思ってくださっていたらしい。
お店もお義母さんが選んでくださいました。


3段重のランチで、

01b4dedb9adf621b1a6b451d48070459853d1f205e.jpg

上から順に開けていくのかと思ったら、
こんな風に横にパカっと開くタイプだった

018f63f08b2ea7bc556671d89ee1cc792273d0c41a.jpg

美味しかったけれど、話に花が咲き過ぎて、
正直あまり味に意識がいかなかったという
でもデザートの抹茶プリンは最高でした!

2897863[1]

本当は昨年の秋頃にもランチ会を計画していたのだけど、
妊娠初期のつわりで辛い時期だったので
ずっと延期になっていたのです。
やっと念願のランチ会が開催出来て、嬉しい!


:::::

これはちょっと愚痴なのですが(笑)、
ランチ営業が11:30なので、
混まないようにと11:30で予約していた私たち。
お店に着いたのは11:20でしたが、店内に入ると


「すみません、営業は11:30からなんです。
準備中ですので、外でお待ちください。」

って追い出されちゃったんですよねぇ。
これにはちょっと「?」って思ったな
30分前に着いた、とかならまだ分かるけれど、
10分前に到着したお客を席に通さないって、ケチ。
開店準備が遅過ぎるし、この対応にはガッカリでした。


:::::

ランチの後は、
お店を変えてお茶をしようと思っていたのだけど、
お義母さんが
「よかったらウチでお茶しませんか?」
と誘ってくださったので、お言葉に甘えて皆で実家にGO

途中でケーキ屋さんに寄り道して、
各々が食べたいスイーツをチョイスし、
アサリ家でコーヒーをごちそうになりました

実家を出る頃には、
待ち合わせをした時間から6時間以上が経過していたけれど、
それでも話は尽きず…、
本当に楽しくて充実した時間を過ごさせていただきました。



私には、優しいが2人もいる。



それをすごく実感して、幸せな気持ちに浸ったひとときでした
その後はお義母さんが
母と私を私のマンションまで送り届けてくれたのですが、
途中でわざわざ私が出産することになる病院に寄り道して、
「病院はここですよ。」
って母に見せてくれていました。
本当に優しいお義母さんだなぁ


私の母も、
「まゆりんこを大事に思ってくれてる○○さんに感謝やわ。」
と、ふたりになった時にそう言っていて、
お義母さんに感謝の気持ちでいっぱいのようでした。
そうだよね、それは私も一緒

結局母は21時頃まで我が家で過ごし、
ある物だけで準備した簡単な夕飯を食べて
電車で帰って行きました。
私とゆっくり話せて嬉しかったと言ってくれたことが、
私もまた嬉しかったです。

その後お義母さんにお礼のLINEを送ったら、
「今日は本当に楽しい1日でした!
出産前に3人でゆっくりお話できたことが、
とても嬉しくて幸せをいっぱい感じました。ありがとう。」

とお返事が届いて、みんながみんな、
それぞれにせを噛みしめた一日になったんだなぁと
心がほっこり温まりました




** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.04.26
※前回の記事↓からの続きです。
2年半ぶりに、運命の人に会いに行く。


:::::

私なら絶対に電車移動ですが(笑)、
叔父さんがタクシーを拾ってくださって、
新地までビューンと楽々移動でした

運転手さんへ行き先を告げる時の道案内もスマートで、
噂には聞いていたけれど、
どうやら本当に新地は叔父さんの庭なのかもしれない


:::::

到着したのは、落ち着いた雰囲気の素敵な串カツ屋さん。
お店に入るとまずカウンター席が並び、
そこを通り過ぎた先にある個室に通されました。

カウンターでお食事をされている方の客層を見るに、
ここは相当ランクの高いお店だなと
絶対に美味しい物が食べられるに違いない!
と期待が膨らみます


お店の方とのやり取りを見るに、
叔父さんはどうやらこのお店の常連の模様。
キープしているボトルのお酒も登場したので間違いないw

お店の方はこちらの食事のスピードを見ながら、
ちょうど良いタイミングで次から次へと
揚げたての串カツを持って来てくださいます。

串カツと言うと…、
庶民的な食べ物のイメージがありますが
こちらのお店は高級食材を贅沢に使用した串カツで、
7年連続ミシュラン一つ星を獲得されているそうです

ストップをお願いするまで
ずっと串カツが運ばれてくるシステムで
まず最初に叔父さんがストップされたのだけど、
その時に店員さんに


「僕はもうストップで。
こちらのふたりには、どんどん持ってきてあげて。」

と言っていたのが、妙にかっこよかった
もうね、正直永遠に食べ続けられそう。
ストップしたくない。
何を食べても美味しい、美味しすぎるっ!!


でも心配。とても心配。


北新地という土地で、高級食材を扱うミシュラン獲得店。
この雰囲気、サービス、そしてお味…。
ディナーで1人1万円を超えると、
相当な贅沢をしたなぁという気になるけれど、
おそらくこのお店は、そんなレベルではないはず。
客単価は2万円くらいなのではなかろうか…。
そんな考えが頭をよぎり、
早めにストップをかけた方がよいのではないかと、
遠慮しぃで気遣いぃな私は
途中からそんなことばかり気になってしまいました


その結果、本当はまだまだ食べ続けられるけれど、
70%ほどのところでストップをw
それでも結構な量をいただきました。
にもかかわらず、まったく胃がもたれなかったのは
やはり良い油を使っているからなのでしょうね。
我が家の食卓とは大違い

この日はトリュフ、フォアグラ、キャビアと、
世界三大珍味も全て贅沢にいただきました、
私の庶民的な胃がビックリしてるだろうな。


お店の方が何度か
「よろしければ○○がございますが、いかがですか?」
とオススメに来られたお品があるのですが、
叔父さんはすべて、


「こちらの二人に持ってきてあげて。」

と即答してくださって、夢のような時間を味わいました
あぁ、今年「最初」で「最後」の贅沢だわw


お食事が美味しかったのはもちろんのこと、
それ以上に叔父さんとの会話があまりに実りあるもので…、
感動で胸があつくなり、
涙がこぼれそうになる場面も多々ありました。

懐が深く、器が大きく、情に厚く、
こんなにも素敵な方が存在するなんてと驚くと共に、
そしてそれがとても身近な存在だなんて、
私たちは本当に幸せ者だと思いました。


::::

ところで、帰宅後にネットで調べてみたら
やはりごちそうになったお店の客単価は
15,000~20,000円と紹介されていました。
ふたりはお酒も結構飲んでいたし、
3人分の食事代の合計は一体どれほどになったのか、
想像すると怖いのでやめておきます


ちなみに個室といえども、
こんなにも素敵な雰囲気のお店の中で
出てきた食事をパシャパシャ撮影するのは
さすがの私も気が引けて、今回はやめておきました。
よって画像はございませんw

串カツを食べに行って、ひとり2万円かぁ。
夫婦だと4万円かぁ。
結婚記念日だとか特別な日だとしても、
私にはちょっと選べないお店なので
本当に叔父さんには感謝でございます。
このお店に来るまでに、
もうすでにプレゼントもたんまりいただいているわけで
至れり尽くせりな一日でした

しかも叔父さんは、
「アサリはもう来なくてもいいし(笑)、
またまゆりんこさん、ひとりでも会社おいでよ。
美味しい物食べに行こう!」
と誘ってくださったので、
ワタクシ遠慮なくひとりで押しかけてしまいそうです



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.31
ローストビーフとパンのおかわりで
お腹がいっぱいになった後も、
まだまだ話し足りないわねと言うことで、
お次はデザートを求めて、2軒目に行くことに

またもや私の希望で、アイスモンスターへ。
昨年に関西初出店となった時から、
「絶対行きたい!!!!」と思い続けていたのですが、
何せここもすごい行列でしたから、
ほとぼりがさめてからにしようと我慢していました。

アサリくんと台北旅行に行った時に
ふわっふわのかき氷を食べて以来、
すっかり台湾の虜になってしまいまして
(旅行の様子はこちら→


:::::

この時は、お茶をするには早い時間帯だったこともあり、
まだ店内もすいていて並ばずに入ることが出来ました。
念願のアイスモンスター嬉しいーーーー

メニューで随分悩んでしまいました。
春限定の「桜ミルク」に魅かれつつも、
やはり王道の「マンゴー」は外せないし、
「タピオカミルクティー」も捨て難い

結局友人と相談して、
「マンゴー」と「タピオカミルクティー」をシェアすることに。

01d59389ef29f73f6d04a8c243d59fd7e448909c47.jpg

01b396f98c7432f2918945c0562dc074870805603d.jpg

何これ、やっぱり美味し過ぎるんですけどっ
はぁ、幸せ




…けれども、正直ちょっとおいですよねぇ。
かき氷を2つ頼んだだけで、2,500円ですよ






元はと言えば、ただののくせにっ



って思いつつも、でもまた絶対に来ちゃうだろうなぁ。
だって美味しいもの。悔しいけれど。
ここでもたくさんお話して、
それでもまだまだ話し足りなかったけれど、
そろそろお仕事帰りの人が増え始める時間だからと
電車が混む前に慌てて帰って来ました


お腹も心も、たっぷり満たされた一日でした。
帰りの電車の中で、
「頼むから、もうちょっとおとなしくしておくれ~
と思うほどに、お腹の中のマメちゃんの胎動が
ズンドコズンドコ激しかったので、
きっとおいしい物を食べて嬉しかったのかなぁ



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.23