お別れした後はもちろん、
私が別の人と結婚した後も、
ずっと連絡をし続けてきた元カレ=照英さん。



「●●の美味しいお店にご飯に行こう」とか、
「○○のお花畑に行かない?」とか、

お付き合いしていた頃には、
「花畑ばっかり行きたがる
と不満そうにしていたくせに、
私が興味を持ちそうな事でデートのお誘い(LINE)が続きました。

ずっと無視をしたり、LINEをブロックしたりしていたけれど、
そのうちLINEが既読にならないことに気付いたのか、
今度はE-mailで似たような連絡をしてくるように。
電話も時々かかってくるので、
スルーするとは言え、とても迷惑に思っていました。

彼ももうすぐ50歳だから、
こんな風に立ち止まっている時間はないはずだし、
一日でも早く次の人生を歩めるようにと
彼の将来のためを思って
一度だけ連絡に応じたことがあるのですが…、
ご存知の方ならご理解いただけると思いますが、
何せ相手はあの照英さんですから、全く話になりませんでした


もう結婚して大事な人がいること、
その人に余計な心配をかけたくないこと、
照英さんとは今後連絡をとるつもりがないこと、
復縁などありえないことなどを伝えた上で、
何度も「連絡してくるのをやめてほしい」と頼みましたが、


「連絡するかどうかは、俺の自由。」


の一点張りでした


彼の言い分によると、
「嫌なら出なければいい。
連絡が来てどうするのかは、お前の自由だから。」
ということらしい。


呆れて物も言えないとはこういうこと。
そして思いました。きっとこういうタイプの人が
ストーカーとかになるんだろうな、と
そう感じた時から、恐怖さえ覚えるようになりました。

…っていうかある意味、嫌がっていることを伝えてもなお
やめることのない連絡の嵐は、
もうすでに立派なストーカー行為かもしれない。


これ以上関わらない方が賢明だと思った私は、
彼の言うところの「私の自由」ということで、
LINEもE-mailも電話も、全てをブロック。
彼からの連絡が一切入ってこないようにしました。

スマホの設定の関係で、
彼からの電話はすべて拒否されて
呼び出し音が鳴ることはないものの、
着信があった事実だけは「不在着信」として履歴に残るため、
一ヶ月に数回は電話がかかってきていることは把握していて、
「一体いつまでこのしつこさが続くのだろう。」
と非常に憂鬱に思っていたのですが。



昨年の10月を最後に、
照英さんから一切電話がかかってこなくなりました


もう5ヶ月近く、着信履歴がありません。
これは新記録です
本当に本当に、ホっとしました。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.03.04
いやー、本当に驚きました
まだ1月だけれど、もしかしたらこれが
「今年一番驚いた事
になるかもしれないくらいに驚きました。

:::::

事の発端は、実家の母からかかってきた一本の電話。


「あのさ、●●さんって人、
まゆりんこの知り合いにいなかったっけ?」


とある人の名前を出されたのだけど、
それが照英さんの名前だったからもうビックリですよ
まさか母から彼の名前が出るとは。
彼との交際は反対していたし、
母の中でとっくに抹殺されている存在かと思っていたのに。

まぁ知り合いと言えば知り合いですのでw
知っているよと答えると、




「今、テレビに出てはるねん。」



とのこと。
突然のこと過ぎて状況が飲み込めないまま、
しかしさすがに何かの勘違いだろうと思いながらも、
母に指示されたチャンネルを見てみると…、










照英さんが映っていた。



Σ(゚∀゚;)



実はこの時、睡魔に襲われてウトウトしていたのですが、
一気に目が覚めました

:::::

母は照英さんと会ったことは無いのですが、
番組の中で紹介された

* 氏名
* 居住地
* 職業
* とある個人情報(ここでは伏せておきます)


の4つから、
「もしかしたらこの人は、照英さんなのでは?」
と思い、思わず私に電話してきた様子。


いやー、正解ですよ
本当の本当に照英さんでした。
それにしても久し振りに見る顔だなぁ、もう3年振りです。
着ていたお洋服も見たことが無い物ばかりだったので、
私と別れた後に買った物なんだろうなと、
月日の流れを感じました。
まさかこんな形で再会するとはねぇ…。


何だかちょっぴり複雑な気持ちでしたね。
ナンダロ。
未練なんてコレっぽちも無いし、
彼とは本当に別れて良かったと心底思うのに、
久し振りに動く彼を見ると、なんとも複雑な思いが…。


そんな私に、
電話を切った後に母が送ってきたLINEがこちら。





170113.jpg


動く彼を初めて見た、母の感想なのでしょう。
まぁ確かにそうですね。
気付けばもう、今年で50歳になる人ですからね


その後も自由な母は、こんなスタンプを使ってみたり、



01ea1dce882f25d09d74480956ee8affd913909b74.jpg


「アサリくんで良かったわ。」
という素直な感想を残しつつLINEから去って行きましたが、
翌日になって反省したのか、



「テレビの件だけど、言わない方が良かったんだろうかと
まゆりんこの事が気になっています。」


というLINEが届きました

:::::

それにしても人って分からないものですね。
笑顔でテレビに映っている様子を見る限りでは、
ごく普通の爽やかな男性に見えるのに、
実際にお付き合いしてみると、
一言では語りきれないほど色々ありましたからねぇ


ちなみに昨年の10月頃までは、
いくら「やめてほしい」とお願いしても

「嫌なら出なければ良い。出るか出ないかはお前の自由。
かけるかかけないかも、俺の自由。」
と、到底50手前の男性とは思えない持論のもと、
時々電話がかかってきたりしていたのですが、
(着信拒否設定をしているので、呼出音は鳴らず履歴だけ残る)

その10月を最後にかかってこなくなったので、
いよいよ彼も諦めてくれたのかもしれません。


** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.01.13
ここ数ヶ月は体調が悪く、あまり動けない日々だったので、
もう季節はすっかり冬だと言うのに、
実はまだ衣替えが出来ていませんでした

昨日は珍しく調子が良かったので、
遅ればせながら衣替えに挑戦!
いつも衣装ケースにしまうものは一旦全て洗濯するので
すごい量になってしまい、
体力が低下している私には疲れる作業でした

:::::

さて、せっかくの衣替えなので、
これを機に再びお洋服の断捨離をすることに。

* 使用感が出てきたと感じるもの
* まだ新品に近いものの、この1年間ほとんど着なかったもの
* 好みでは無い物

主にこの3つに該当するものは思い切って捨てる!
と決めて選別すると、出ました出ました

いつだったか忘れたけれど、
前回断捨離した時にも結構な量を捨てたのですが、
その時は主に「使用感」に重点を置いていたので、
今回は「まだ新品に近いものの、
この1年間ほとんど着なかったもの」と「好みでは無い物」
の2つを中心にピックアップされてきました。
で、それらを見て思ったのです。



これほとんど、
照英さんとお付き合いしていた時に買ったものだな、
って。


記事にもしていたので覚えている方もいるかもしれませんが、
私の着る物は照英さんの好みではなかったようで、
センスの良い照英さんにいつも
「変な服ばっかり着て」と批判されていました。

それにはすごく傷付いたし、とても嫌だったので、
もうこれ以上批判されないようにと、たぶんあの頃の私は、
彼を意識してお買い物していたのだと思います。

自分が好きな物とか、自分が着たい物ではなく、
照英さんが気に入りそうなもの、
照英さんが褒めてくれそうなものを、
無意識に選んでいたのだろうなぁと。



でもそれは「」では無かった。



照英さんとお別れした後は、全く着なくなったのです。
ほぼ新品の状態だけれど、
好みじゃないし着心地も良くないし、
クローゼットから自らそれを選んで着る、ということが無くなった。
そして結局今こうして「着ないし、捨てる。」という結果に。


きっとそれはお洋服に限ったことではない。
私が私らしくいられる恋愛ではなかったなぁって、
冷静になった今振り返ると、心底そう思います。

時々自分でも「照英さん」カテゴリの記事を
見返すことがあるのだけれど、
今となっては第三者の立場として読めるので(笑)、

私からお金を借りることに必死だったり、
貸さないなら保証人になれと言われたり、
ローンを組むよう言われたり、
クレジットカードの現金化を提案されたり、
もしも結婚後に借金を抱えたら、
形式上籍だけ抜いて迷惑をかけないようにすると言われたり、
それらを断ると逆切れされたり…、もうね、
「うわぁ、この男サイテーだな」と本当にそう思う。
そしてそんな人となかなか別れられずにいた私も
同じくサイテーな女でした


私が私らしくいられなかったあの時に買ったお洋服は、
まだまだ着られるしもったいない気持ちもあるけれど、
思い切って捨てたら心がスッキリ軽くなりました。




** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.12.04
前回からの続きです。(前回記事はこちら→ 

:::::

照英さんに、

* 私はもう結婚していること
* よって今後は一切連絡をして来ないでほしいこと



の2点を伝え、それでも埒があかなかったので、
ついにLINEを拒否設定にした、
というお話を前回に書いていました。


仮にも今年で49歳になる年齢の男性ですから、
例え話を聞いた瞬間は取り乱してしまったとしても、
後から冷静になった時に、
今後自分が取るべき行動くらい分かるだろうと思っていました。



けれど、私は甘かったです。








その後も彼の行動は
一切、変わりませんでした




具体的にはそれまでと同様、時々電話がかかかってきたり、
あとはLINEは拒否されているため
今度はE-mailが送られてくるようになりました。

メールの内容は、以前と全く同じです。
「まゆりんこー」とか「まー」とか、
お付き合いしていた時と同じような呼び方で、
ただ名前を呼ぶだけのメールや、
相変わらず「どこどこのお店に行こう」というお誘いのメール。
「無視するな!」というメールもありました。

もちろん電話に出ることも、メールに返信することもありません。
ただ散々悩んだ末に、現状を伝えた上で、
今後は連絡をしないでほしいとお願いした
私のあの気持ちは何だったのかと、本当に悲しかったです

今更、自分の近況を照英さんに伝えることなど、
出来ればしたくありませんでした。
ひたすらずっと無視をし続けることも出来た中で、
あえて私の現状を伝えることにしたのは、
すべては照英さんの将来を思ってのことです。


けれど、彼はそんな私の気持ちを踏みにじりました


「迷惑だから、連絡をして来るのはやめてほしい。」
と何度もお願いした私に対して、



「嫌なら返事をしなければ良いだけ。
連絡をするのは俺の自由だ。」

という主張を続ける照英さんは
やはり精神年齢が著しく幼いですし、
さらに彼からの連絡は深夜2時など時間もお構いなしで、
ただただ純粋に迷惑でもありました。
やはり人として、何かが欠落しているのだとも思いました。

これ以上、彼と話をしても無駄であることは十分理解できたので
もう一切返信をせず、
ひたすら存在を無視しようと心に決めました。

:::::

そうやって、ずっとずっと、ずーーーーっと
E-mailを無視し続けた結果、
ある日照英さんからこんなメールが届きました。


まゆりんこ、ごめんね。
酒を飲んで酔ったら我慢出来なくなって、つい電話してしまう。
もう迷惑をかけないように、今後は一切連絡しない。
連絡出来ないように、アドレス帳からもまゆりんこを消すね。




これを見た時、とても冷静な私がいました。
これって彼の常套手段だったなと。
同情を誘いたかったのかもしれないけれど、
残念ながら逆効果
気持ちはさらに冷めてしまったし、
アドレス帳から消してもらえるなんて
まさに願ったり叶ったりだと、内心大喜びでした。


ところがそれからしばらくすると、
また以前と何も変わらない調子で、電話やE-mailが
もう呆れて物も言えませぬ
ある意味、想定の範囲内なわけですが。

:::::

そうこうしているうちに、
私がスマホを買い換えることになりまして。
会社を乗り換えたので、それまでのメアドは無効になり、
照英さんからのメール受信は不可能になりました

よって、現在はもうメールは届きません。
ただ電話は相変わらずいています


あれから色々と調べた結果、電話の拒否方法が分かったので
照英さんの電話番号を拒否リストに登録しました。
ただ非常に迷惑なことに、
拒否しているので呼び出し音が鳴ることはありませんが、
照英さんから着信があった事実が
「不在着信」としてお知らせが届くのです
さらに留守番電話にも繋がれてしまうので、
彼がそこに伝言を残すことも可能の模様


完全解決、には程遠い現状です。

:::::

このままひたすら無視を続けるしか無いと思っていますが、
もしも何かで現住所を調べられたり、
それこそ待ち伏せでもされてみたり、
最悪まで狙われてしまったらどうしようと、
日々不安な気持ちを抱えていたりもします

これってストーカー行為にあたるのでしょうか。
然るべきところに相談すべきなのでしょうか。
でも照英さんの性格から想像するに、
おそらく第三者から通達でもいけば、きっと逆上して逆効果。

無視していればそのうち諦めるだろう、
と思っていたのですが、
そう思い続けてもう2年半近くになります。

送迎をしてもらっていたので実家の場所は知られています。
物騒な事件が報道されているのを見る度に、
私も大切な家族に危害が加えられないかと
そこも不安だったりもします。



** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.07.09
久し振りにこのカテゴリですよ
照英さんネタだなんて、昔からの読者様なら…、
ちょっぴり興奮させてしまったかもしれません

「その後、照英さんはどうなったのだろう?」
と気になっている方もいらっしゃるかもしれませんね
実際、友人からも時々聞かれたりもします。
「その後、あの人の仕事はどうなってるの?」と。
今日は照英さんとのその後について書いてみたいと思います。

:::::

最初に書いておくと、
アサリくんと出会った頃は当然のこと、
照英さんとお別れしてからは一度も会っていません。

時々気になってお店のブログをチェックすることはありますが、
どうやらお客様もついてきて売上もあがり、
ブログを見る限りでは無事に軌道に乗っているようです。
何せ連絡を取っていないので本人から聞いたわけではないし、
実際のところは分からないけれど。

と、そんな話をすると友人からは必ず言われます。
「軌道に乗っているとすれば、
まゆりんこちゃんのおかげよね。恩人よね」と。
確かに、あの時もしも私が150万円を貸さなければ
彼はあの時点で終わっていたかもしれません。

ただ照英さんからすれば、
私への感謝の気持ちなどこれっぽっちもないのです。
お金は貸して当たり前だとずっと言われていたし、
もしも事業が失敗すれば
「お金を貸してくれなかったまゆりんこのせい。」
成功すれば「俺が頑張った成果。」
そんな風に考える人でしたから。


そんな照英さんから、
実は未だにずっと連絡が来ているのです
毎日ではありません。
月に1度くらいの割合で、時々電話がかかってきます。
もちろん取りません。
(と言うか、着信拒否に設定している。)

こうなるに至るまでの流れを、
覚えている限りで書いてみたいと思います。

:::::

照英さんとお別れした後も、
アサリくんとお付き合いが始まってからも、
そして結婚してからも…、
照英さんからはずっと連絡がありました。
LINEや電話などで連絡が来ていたと思います。


この頃はまだ、拒否設定は一切していませんでした。


と言うのも。
照英さんと交際していた頃をよく知る元職場の先輩方から、
「別れた後に連絡がきても応じない方が良いとは思うけど、
拒否設定などはしない方が良いと思う。
何せあの性格だから、
拒否されていると知ったら逆切れするだろうし、
そうなったら何をしでかすか分からない怖さがあるよね
とアドバイスをいただき、確かにそうだなと思ったのです。

先輩から冗談っぽく
「それに拒否されて連絡が取れなくなったら、
あの人お店まで乗り込んで来そうやん!怖いー
とも言われ、確かにそういうこともしそうだなと思いました。

実際お付き合いしていた頃にLINEやメールで喧嘩になり、
平行線で話にならないと思って返信をせずにいると
「今から店まで乗り込んで、恥ずかしい思いさしたるぞ!」
「髪の毛を引っ張って、駅前を引きずり回したるぞ!」
なんて言われることもありましたしね

あー、こういう事を改めて書いてみると、
本当にダメ男だったなぁと今更ながら思います
そんな人とお付き合いしていた私もまた、ダメ女です



話がズレましたが、
そんなわけで、照英さんが逆切れしないように、
退職後にお店に迷惑をかけないように、
しばらくは向こうの様子を観察する意味でも、
拒否設定は一切しなかったのです。


でも、来た連絡に応答することも一切ありませんでした。


照英さんからの連絡を完全に無視することに
何の罪悪感も無かったと言えば嘘になりますが、
消して一方的にお別れしたわけでもなく、
お互い納得の上で終わった関係でした。
もう連絡を取る気が無いから、それに応じない。
ただそれだけのことだと、自分に言い聞かせていました。
アサリくんに対しても申し訳ないですし。


けれどある日、私はついに沈黙を破り、
照英さんに返信をすることになるのです。


照英さんからの連絡の内容は「まゆりんこー」と
ただ名前を呼びかけてくるだけのものや、
お店やデートスポットのURLを添付して、
「ここに一緒に行こう!」と誘ってくるものがほとんどでした。
まだ未練があり、修復を望んでいるのが伝わってきました。

お別れした後は一切返事をしてこなかったので、
私にその後新しく彼氏が出来たことも、
そしてその彼と交際4ヶ月でスピード婚したことも、
当然ながら照英さんは知りません。

お付き合いしていた頃にお花が好きな私が
「ここ行きたいなー。」とお花畑を挙げると
「花ばっかやな」と嫌そうにしていた照英さんが、
ありとあらゆるお花畑のURLを添付しては、
「ここに行こー♪」と誘ってきたり、
「おいしいお店を見つけたらから、一緒に行こう!」と、
何とか私の興味をひこうとしている様子が、
なんだか徐々に気の毒に思えてきて…


照英さんは今年で49歳です。
彼の年齢を考えると、修復の可能性が一切無い私なんかに
連絡を取っている暇など無いはずで、その分の時間は
新しい恋愛を探すアクションに費やす方が賢明です。


私にはもう夫がいて、ヨリを戻す気など全くないこと。


それを彼に伝えない限り、彼の大切な時間を
とても無駄にさせてしまうのではないかと悩むようになり、
「もしもまたLINEが来たら、その時に返信して全てを伝えよう。」
と決心しました。


:::::

そして、ついにその時が来ました。
私は初めてLINEでお返事をしました。

* あれから結婚をしたこと
* 今後は照英さんと連絡を取る気はないこと 

* もし修復を希望しているのであれば、
無駄な時間を過ごさせてしまうことになると思ったので、
今回は返事をしたこと



確かそのような事を伝えたと思うのですが…、
照英さんの言い分は、こうでした。

* お前が結婚したなんて、嘘だ
* 証拠に結婚式の写真か何かを見せてみろ。
 LINEのアイコンをその写真に変えてみろ。
* どうせお前のことだから、すぐに別れることになるだろう




…。

この返信を見た時に、
この人と別れて正解だったと改めて実感しました


写真を送るなんてことは
絶対にしたくなかったので拒否すると、
「ほらみろ、すぐバレる嘘をつきやがって。」
という感じでした。

しかしここで「結婚した」「していない」
の話を続けていても埒が明かないので
私は自分の思いを伝えました。

「信じるかどうかは照英さんの自由だけれど、
結婚したことは嘘ではないし、引越しもしています。
仕事も辞めました。

夫との関係を大切にしたいので、
もう照英さんと連絡を取ることはできないし、
今後は連絡するのをやめてほしい。」



と。
すると照英さんの返事はこうでした。

「仮に本当に結婚していたとしても、
夫婦関係が今後どうなるか分からない。
今は無理でも、将来的にお互いひとりになった時があったとして
その時にまた俺たちがやり直すことがあるかもしれない。

返事をするかどうかはまゆりんこの自由。
だけど連絡をするかどうかは、俺の自由。」




…。


なんか懐かしいなぁ、この感じ。
これが40代後半の男性から出てくるセリフかね
っていう呆れ感とか、
一切話にならないっていうこの感じ、懐かしいなぁ…


一応言ってはみました。

俺の自由、というわけでは無いよね…。
連絡が来ることを相手が嫌がっているわけだし。
迷惑なのでやめてください。」



でも照英さんは一貫して「俺の自由」を主張し、
「連絡してこないでほしい。」
という私の要望は受け入れられませんでした

思えばいつもそうだったけれど、
まともに話し合いが出来ない相手。
これ以上話をしていても無駄だと判断し、

「これだけ話しても分かってもらえないなら、
この後LINEで拒否設定をさせてもらいます。」

と最後にそう告げて、照英さんからのLINEを拒否。
2度と受信できない状況にしました。
LINEの他にも電話も時々かかってきていたので、
これも合わせて拒否したかったのだけど、
色々調べたものの私が未知過ぎて、
拒否の仕方が分からず電話はそのままに


それでもひとまずはLINEはもう届かないわけで、
少しホっとしました。
信じているかどうは別として、「結婚した」という事実と、
「修復する気は一切ない」という気持ちは伝えることが出来ました。
それを聞いた上で今後どうするのかは
彼自身の判断であり、彼自身の責任です。

仮にも来年には50歳になる男性です。
今この瞬間は精神的に取り乱していたとしても、
あとから冷静になって落ち着いて考えてみれば、
自分が取るべき行動くらい分かるだろうと、そう信じていました。




しかし一筋縄ではいかない相手でした



この続きがまだあるのです。
照英さんネタは、次回に続きます…。


** ポチっと応援いただきますと励みになります。 **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2016.07.08