先日、実家の母がまた我が家へ来てくれました

父が義弟(妹の旦那さん)と一緒に釣りに行ったらしく、
そのお魚をわざわざ届けてくれたのでした

01429903fe5ff53700e8eadb3d926122199f0ce0c2.jpg

母からは事前に
「13時頃に着くよ。」と聞いていたのですが、
前の日の夜からマメちゃんが全く寝てくれず
私も一睡も出来ずにフラフラだったので
お昼前にやっと寝てくれた時から私も一緒に爆睡状態で、
母が到着してインターホンを鳴らしてくれたらしいのですが
全く聞こえずに眠ったまま…。


私たちに何かあったのではと
それはそれは心配になったそうです


思わず管理人さんに
「●●号室を訪ねてきたんですけど、出ないんです。」
と相談してしまったらしいw

すると管理人さんに
「あー、まゆりんこさんのお宅ねぇ。
赤ちゃん生まれたばっかりだから、外出はしないでしょー。
寝てはるんじゃないかなぁ?」

って言われたらしいw

念のため管理人さんも内線で呼び出してくれたらしいけど、
残念ながら爆睡中の私の耳には届かず

「赤ちゃんがいるお宅は
インターホンの音を消している方も多いですしねぇ。」

って言われたらしいけど、管理人さん大正解
我が家もマメちゃんが生まれてからは
一番小さい音に設定したので、
普通に生活していても聞こえるか聞こえないか、
というギリギリのラインの小さな音になっていて、
寝ていたらもう完全にアウトです。



結局、母がアサリくんに電話をして
アサリくんが私に電話をしてくれて…、
母からもアサリくんからも着信があったことで
何とか目を覚ますことに成功した私は、
やっと汗だくの母を招き入れることが出来たのでした。
とても暑い日だったので、母には申し訳ないことをしました

この日は鯛やカンパチを持ってきてくれていたので、
「腐っても鯛って言うけど、でもやっぱ腐ったら困るでしょ。」
なんて言いながら
母が慌てて冷蔵庫にしまっていました

:::::

お刺身や塩焼きにして、美味しくいただきました。
アサリくんがこんな風に
アクアパッツァ風にアレンジしてくれたりもしました。

01a61bc2074943ec5d6cafd5d3ad6f3212371b4342.jpg

ごちそうさまでした



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.07.18
想像以上にたくさんの方からいただいた出産祝い
2時間置きの授乳に追われながらの内祝い選びは
正直キツイものがありましたが、
アサリくんにお願いするのも何だか不安で(笑)
結局私が対応しました。

私を気遣って、
「俺がやるよ。」と言ってくれたけれど、
彼はどちらかと言うとギフト選びが得意な方ではないし、
仕事も忙しい時期なので負担をかけたくなくて。


いただいた価格別に
ある程度固定の品を決めてしまって、
皆同じ、という風にすれば随分楽だったのだろうけれど、
私は性格的にそういうのが無理

「とりあえず形だけ何か送っておけば良い。」
って割り切ることは出来なくて、
その人にとって一番喜ばれる物を選ぶ、
という作業に妥協が出来ないのです

よく言えば気配り上手なのだろうけど、
結局手を抜くのが下手っぴで、要領が悪くて、
不器用な女なんだろうと思います。
そういう意味ではユナ様は素晴らしいw


:::::

前回の記事で書いた通り、食器系はパスしました。
あとは普段自分では買わないような
高級調味料なんかも検討したけれど、
趣味嗜好を知らなかったり、
食物アレルギーをお持ちの方もいらっしゃったりしたので
色々気を遣うのが面倒になって(笑)、
結局のところ一周まわってタオルや寝具に落ち着きました
タオルは食器と違って
そこまで好みが云々という話にはならないだろうし。

お付き合いが多い方だと
「タオルばっかりもらって困る!」
という方もいるかもしれないけれど、
高級バスタオルって自分ではそう頻繁に買わないし、
シンプルで高品質な物があれば
客人用にも使えて便利かしらと思ったりして。
消耗品だし大丈夫かなと。

それから寝具はガーゼケットを選びました。
タオルケットはよくカタログで目にするけれど、
そう言えばガーゼケットはちょっと珍しいかも、と思ったり。
タオルケットよりも通気性が良いし、
今の季節にぴったりでさっそく使っていただけるかなと。


ただここが私らしいのだけど、
同じお値段で、同じ「タオル」って決まっていても、
相手によって一つ一つ色やデザインを変えてしまうのです。
割り切って同じ物を手配すれば楽なんだろうけれど、
相手の年齢や家族構成、
趣味によって一つずつ変えて探してしまうので
その分選ぶのに時間がかかるし、
注文するお店が一個一個違ったりもして、
手間もかかるし睡眠不足に拍車がかかる


…けど、そうしないと気持ち悪くてたまらんのですよ



ちなみに手配するお店が数件に渡ってしまったので
そうなると何が大変って、メッセージカードの作成ね
1つのお店で発注するならカード作成も一度で済んだけれど、
何種類もカードを作らなくてはいけなくて
のし紙の指定も都度入力しないといけなくて、
これは結構面倒だったなぁw


…けど、そうしないと気持ち悪くてたまらんのですよ



現金でいただいた方はわかりやすいけれど、
物をいただいた場合には、
その価格調査から始めなければいけなくて。
睡眠不足を抱えながらの一連の作業は
途中でちょっぴり心が折れそうになったりもして、
途中で何度か
「私よ、もっとユナ様を見習え!!」
と自分で自分に話しかけたりもしたのですがw

娘の誕生の喜びを分かち合ってくださった方に対しては、
やはり心の限りを尽くしてお返しをしたい、
と思うわけで、手抜きは出来ませんでした。

自分で分析するに、おそらく人生において
を込める」ということを最も大切にしていて、
ここは絶対に譲れない頑固者なんだろうなと



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.07.12
想像以上に色々な方から出産祝いをいただき…、
内祝い選びがとても大変でした
嬉しい悲鳴ですね。ありがたいことです。感謝です


ところで皆さんは
引出物や内祝いに何をもらったら嬉しいですか?
私は…、とりあえず食器系は嬉しくないです
親しくて好みを知ってくれている人からの贈り物や
シンプルでどんなシーンでも使いやすい物なら良いけれど、
たいていの場合は好みではなかったり、
家のテイストとは違うために使い辛くて
結局一度も使用していない物がほとんど



…なのは私だけ?



余談だけど昨年ユナ様の結婚式の引き出物が
ジルスチュアートのキラキラ&ラブリーな食器で、
これもまた例にもれず使えぬまま現在に至る…

ジルの世界観が散りばめられた
あまりにラブリーなお皿だったので、
「これってもしや間違って
友人用の引き出物が配られたのでは?
と一瞬疑ってしまったほどだったけれど、
アラフォーの私たち夫婦だけではなく、
60代の義父母にも同じ引出物が入っていたから、
間違いではなくて親戚も皆ジルなのだと思われるw

ユナ様はそういうお姫様系が好きなタイプなので、
きっと彼女なりに一生懸命選んでくれたのだろうけれど、
なんだかそういうところがユナ様らしいなぁと

素敵だけれど、決して万人受けするブランドではないし、
年齢や相手を選ぶブランドだから
会ったこともない、趣味も知らない人、
とりわけ年上の親戚用の贈り物としてチョイスするには
あまりにリスキーだと思うのだけど、
そのあたりはさすがユナ様なのです

この件に限らず、彼女の常日頃の言動を見ていると
いつでもどこでも過度に気を遣い過ぎて、
自分で自分の首をしめてしまう私としては、
「さぞかし生きやすいだろうなぁ…。」
と羨ましく感じます。
嫌味でもなんでもなく、ホント単純にそう思うわけです。



「頂けるなら何でも嬉しい。」
なんて可愛いことが言えない私でごめんなさい。

いやでもたぶん自分なりに分析してみたけれど、
そこに、
「受け取る側のことを想って選んでくれたんだな。」
という気持ちや気配りなんかが見えてくれば、
たとえ好みとは違ったとしても、
きっと嬉しく感じるはずなのです。
逆に言うと、それが見えて来ない場合にガッカリするわけで。


そう言えば最初の方で
使えない食器がほとんどだって書きましたが、
バカラやル・クルーゼ、イッタラなんかは
シンプルで使いやすいし嬉しかったです
ギフト選びって本当にセンスが顕著に表れるから
お洒落な物をサラっと贈れる人って憧れます。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
仕事の関係で
アサリくんが4日間家をあけることになったので
実家の母が我が家に泊まりに来てくれました

退院後に実家で生活していた頃のように、
掃除、洗濯、買い物など家事は全て母に任せて、
私はマメちゃんのお世話に専念。
この4日間は母のおかげで
いつもよりも睡眠時間が確保できて、
精神的にも体力的にもエネルギー補給が出来ました。

そんな4日間があまりに心地良かったので、
母が帰った後ものすごく寂しくて涙が出てしまった


:::::

お義母さんも色々と心配してくれて、
「いつでも行くし、何でもするから遠慮なく言ってね。」
と言ってくださってとても嬉しいのですが、
やはりどれだけ仲良しと言えども
頼めることと頼めないことが、ある気がする。



「じゃあ私は今から寝るし、その間にゴミ捨てヨロシクね。」
とか、

「これ、ポストに投函してきてもらえる?」
とか、

「プレミアムフライデーやから、
セブンイレブンでソフトクリームもらってきてー。」
とか、

「ちょっと、そこの○○取ってくれる?」
とか、

「お腹すいたー、何か作ってー。」



とか、こういうことはやはり実家の母にしか言えない
(実家の母でもコキ使い過ぎだろって話ですがw)


今まではあまり気にならなったけれど、
マメちゃんの出産を通して、
お義母さんとの距離の取り方が難しいな、
と感じるようになりました。

とは言えお義母さんとしてもきっと
何かと頼ってもらえた方が嬉しいのだろうとも思うから
どういう形で甘えていけば良いのだろうと模索中。


とりあえず母が泊まりに来ることは
アサリくんから聞いてご存知だったようなので、
こんなに近くにお義母さんが住んでいるのに
わざわざ実家の母を呼び寄せたことに対して
不快な思いをさせたら申し訳ないと思い、
「母がこちらに来ている間に
よろしければ是非いらしてください」とLINEを送り、
我が家でいつものように女子会を開催してみました

マメちゃんに会えて嬉しそうだったし、
母同士も楽しそうにお話ししていたし、
とりあえずはよかったのかな


育児で疲労困憊のこんな大変な時でさえ
気を遣ってしまったり、
自己犠牲の精神が捨て切れない自分の性格が、
とてもしんどい。
もっとユナ様を見習わなければ。(←悪意ある言い方w



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.07.04
アサリくんがお休みの日にマメちゃんをお願いして
やっと念願の美容院に行けました

しばらく行けなくなるだろうからと、
出産前に最後の美容院の予約をとって
カットとカラーを済ませておく予定だったのですが、
予定日よりも2週間以上も出産が早まったため
美容院に行けないままお産となってしまいました

そのままズルズルと今日に至り、
生え際はプリンだし、逆に毛先は傷んでいるし、
非常に汚い頭であることがストレスになっていました



でもやっと復活


本当は電車で一駅の場所にある
お気に入りの美容師さんがいるサロンに行きたかったけれど、
少しでも外出時間を短縮できるように、
自宅近所の美容院で妥協
それでも3ヶ月ぶりのカットとカラーで
髪はもちろんのこと、それ以上に心が蘇った気がします


ところで美容院で出された7月号の雑誌を見て、
「もう7月号とかなんですねぇ…。」
としみじみ呟くと、




「もう8月号も出てますよ。」


と言われたww


出産前の緊急入院や、
その数日後の出産&本格的な入院と
ゴールデンウィーク中からバタバタとしていて
退院後はおうちにこもりきりになっていたので、
感覚的にはゴールデンウィークから浦島太郎なのですよ

もう言ってる間に6月も終わりなのですね。
恐ろしや~。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.06.26