マメちゃんのお食い初めの件ですが、
日程が決まりました。


以前義理実家にお邪魔した時に、
「お食い初めの日に、兄弟夫婦全員を集めようと思う。」
といった趣旨のことを
お義父さんがチラっとおっしゃっていたので、
私が魔女と会うことも、
マメちゃんを魔女に会わせることもだと思い、
吐き気と頭痛で外出できない日が数日続くくらいに
憂鬱で仕方なかったのですが、
最終的には魔女夫婦は出席出来ないであろう日に
決めることが出来ました

日程調整はアサリくんに任せていのたですが、
おそらく「色々予定があるから、この日しか無理。」
といった感じで、次男&魔女夫婦が出席できない日を
ピンポイントで指定してくれたんだと思います。

三男&ユナ様夫婦についてはどうなるか分かりません。
おそらく義父母がよかれと思って、
「この日にお食い初めをするけど、来ることは出来るか?」
と三男夫婦を誘ってくださっていると思われますが、
何かしら都合が悪くて参加できないことを祈ります

もしも来ることになったとすれば…、
ユナ様のおかしな言動には
毎回会う度にストレスがたまるのですが、
魔女に会うよりはマシだと思うしかないですね。
妥協、妥協。妥協だーー。


:::::

親戚付き合いの距離感って、難しいですね。
と言うか、結婚って難しいですね。

一度目の結婚の時には、元夫の不誠実な言動に
ひどく心を痛めたことはありましたが
「親戚付き合い」で苦労したことはありませんでした。
元夫側の親戚に、
避けたくなるほど苦手な人などいなかったのです。

今は優しく誠実なアサリくんと再婚できて、
元夫のように嘘や裏切りで苦しめられることはないけれど、
その代わりに以前は悩むことのなかった
親戚付き合いでひどく苦労しています


実は以前の結婚の時にも、
義理実家は車で10分ほどの距離にあり(汗)、
割と頻繁に義理実家に顔を出していました。

その実家には
まだ独身の元夫の妹さんが住んでいたのですが、
彼女に会うのが嫌だとか、
実家に行くのが嫌だと感じたことはなく、
むしろ義母や義妹とは、
夫抜きで一緒にお出掛けをして楽しんでいたくらいなので、
結婚生活における親戚付き合いの面倒さというのは、
今回の結婚を通して初めて学んだ私です


その家によって、
親戚付き合いの密さって大きく異なるものだと思います。
例えばパートで知り合った主婦友さんなんて、
「主人の弟夫婦になんて、もう何十年も会ってない。」
とおっしゃっていました。

私も自分の実家が
割とアッサリとした親戚付き合いだったので、
そういう距離感に慣れてしまっているのです。

反面、アサリ家は非常にです。
友人の言葉を借りるならば、「田舎的感覚」なのだとか。
3兄弟全員が、結婚後も
義理実家から車で10分の距離に住んでいます。

義父母はそれぞれの息子夫婦に
頻繁に顔を出してほしいと思っていますし、
もっと言えば3兄弟がそろえればなおよし、といった感じ。
だから「今度の日曜は、三男夫婦がご飯を食べにくるから
まゆりんこちゃんたちもどうですか?」
といったお誘いをよくいただきます。

気にかけてくださるのは有り難いことで、
感謝すべきことだと思います。
仮に魔女やユナ様が仲良くなれるタイプであれば、
そういった集まる場を楽しむことが出来たと思います。
いや、「仲良くなれる」なんて贅沢は言わない。
せめて普通で害のないタイプであればそれでよかった。
嫁いできたこの地には知り合いがほとんどいないし、
そういう存在はむしろありがたいはずなのです。

でも実際はそうではないから、
もはや行きたくもない部署の飲み会に誘われ、
これも仕事だと割り切って参加せざるを得ない、
という憂鬱な心境に似ています
というか職場ならまだマシな方だわ。
だって期限付きの付き合いだもの。
でも親戚はどうよ?一生続くわけよ、死ぬまで親戚よ…


:::::

最近、時々考えるのです。
アサリくんの元妻のことを。
夫から彼女の話を聞くたびに、
とにかくひどい女としか思っていませんでした。

彼女は義理実家とも距離を作っていたそうで、
「アサリ家のお墓には入りたくない。散骨してほしい。」
とも言っていたそうです。

どうしてそんな酷い事を言うのかなぁって
その時は不思議でしかなかったけれど、
今ならちょっとだけ、彼女の気持ちがわかる気もする。

ってそれは私の勝手な想像で、
想像の域を出ないけれど、
でももしかしたら彼女もアサリ家の密な親戚付き合いを
少し負担に感じていたのかもしれないなぁって。
死んでもなお、この付き合いに束縛されるのは嫌だ、
なんて思ったのかもしれないなぁって。

今はそんな風に思ったりもします。
元妻は私なんかよりも
うんと都会的な感覚の人だったから、余計に。
まぁだからって不倫して、
その事実を隠したまま離婚しようとしたのは
全面的に彼女が悪いのだけれど。

最初は嫌いでたまらなかった元妻のことを
結婚の年月が経つにつれ、
少しずつ理解できるようになってしまった私って
これちょっと問題だよね


決してアサリ家の距離感を否定したいわけではなくて、
密にみな仲良くお付き合いできるのは、
むしろとても素敵なことだと思うのです。
ただやっぱり性格的にその距離に馴染める、
馴染めないっていうのはあるよね、と思う今日この頃。


そして私は完全に、後者。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.09.22
先日ちょっとした用事があり、
マメちゃんを連れてアサリくんと一緒に
義理実家に行った時のことです。

次の予定が迫っていたのでゆっくりしている暇はなく、
ある物を受け取ったら
すぐにまた車で出発したのですが、
その時にお義父さんから出たお話。


「お食い初めの件やけど、次の日曜はどうや?
皆で集まろうと思うんやけど。」


と。



のぉぉぉおおおおおおーーーー!! 





あ、お察しの通り
皆っていうのはアサリくんの夫婦2組のことね



嫌だ、嫌だ、嫌だ、嫌過ぎる。
なぜだ、なぜだ、
なぜお食い初めごときに弟夫婦まで登場するのだ


っていうのが私の感覚だけれども、
きっとこう感じるのは魔女のことがい過ぎるから
というのが大きいのだと思う。

あとはやはり、こうした親戚つき合いのさ加減が
自分のそれとは異なるからなのだろうと。
このへんの距離感は各家庭によって違うのだろうけれど
私はどちらかと言うと、干渉したくないしされたくない派。
だからお食い初めごときに、
義弟夫婦まで登場することには違和感を感じてしまう。

でもまぁもしも、
魔女やユナ様が自分にとって害のない人間で
仲良く、とはまではいかなくとも
せめて普通に接することが出来る間柄であれば、


「わざわざマメちゃんのために集まってもらって
貴重なお時間を本当にありがとうございます
皆さんに見届けてもらって幸せだわー。」

という気持ちになれたような気もするから、
やはり魔女のことが嫌いなのが理由の大半だわね()。


私は嫁にきた立場なので
“郷に入れば郷に従え”ということで
素直に大人しく従っておくべき、
ということは頭では理解できるのですが。


心が追いつかない。

というか、追いつかないを通り越して
負担のあまりになりそう


100歩譲ってユナ様のことは我慢するとしても、
魔女に関しては
マメちゃんの健康や生命にも関わってくる問題だから
極力会わせたくないのです。

この手の世界に興味がない方からすれば
「は?」という話だろうと思いますが、
スピリチュアルカウンセラーのK先生も、
魔女に会わせるのは危険って言ってたもんなぁ。
確かに娘のこの小さな身体には、
魔女ののオーラ&エネルギーは強烈過ぎる。
もしもの事があってからでは遅い!


お義父さんからこの話が出たのは玄関先で
もう出発するよというタイミングだったので、
とりあえずこの場はアサリくんが
「検討しておくわ。」
と答えて一旦はおさまりました。


:::::

とりあえず「次の日曜はどうか?」と指定された日は
予防接種の2日後だったので、
アサリくんから断ってもらうことにしました。

複数のウィルスが身体の中に入っている状態で
前回の時も接種後5日間くらいは
目がうつろでしんどそうにしていたし、
発熱などの副反応が出る可能性もあるので
こういったイベントの予定は入れたくありません。

そんなわけでアサリくんから
次の日曜は無理だということを伝えてもらいました。
ひとまず予防接種2日後、というのは回避できたけれど
「皆で集まる」という件についてはどうなることやら。

私としては、
我が子が一生食べ物に困らないようにと願って行う儀式、
つまり娘の健やかな未来を祈願するイベントなのに、
その場に尋常ではない負のエネルギーを放つ
魔女がいたのでは本末転倒なので、
何がなんでも避けようと思っています。


そこは譲れません。





** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.09.12
前回の記事の通り、
私の誕生日はお目当てのケーキ屋さんが定休日、
というオチだったのでそこにはまた後日行くとして。



「代わりに、ローソンでケーキを買ってきてほしい。」


とアサリくんにお願いをしました。
誕生日当日のお仕事帰りに
コンビニに寄ってきてほしいと頼んだのです。

誕生日にコンビニのケーキって…、
と思われるかもしれませんが、
これはちょっと特別なケーキなのですよ。


じゃーん
ゴディバとローソンのコラボ!!

0190761aedc7bf76c20c6171a263ed4e930876a830.jpg

ちょうど私の誕生日の前日に、販売開始。
これはゴディバが私のために作ってくれた!
としか思えません。(いや、違うだろ

「2種類売ってるから。」とアサリくんに告げると、
「どっちを買って来たらいい?」と聞かれました。


おもしろいなぁ。
“どっち”とか、そういう概念が私にはなかったw
2種類あるなら2種類とも買う、
5種類あっても5種類とも買う、
チョコ好きの私としては、それしか選択肢が無いっ


「両方だよ。」

と答えたものの
仕事終わりの時間帯ならもう売り切れてるかもなぁ、
なんて心配していたけれど、
2種類とも無事に買えたみたい。


2日に分けて楽しみました。
1日目はガトーショコラから。

01116cf72ebb4270d19eaedb6bc937905ec615921d.jpg


2日目はショコラタルトを。

011ddd9639dea545bf94053119a882cd3c6dbe28c5.jpg

さすがゴディバ
そしてやはりローソンのウチカフェシリーズは
絶対に裏切らないっ!

今のコンビニスイーツのクオリティーは
目をみはるものがありますね。
そこらへんの中途半端な洋菓子店よりも
よっぽど美味しいもの。

「数量限定」らしいので、
いずれはこの幸せが終わってしまうのね。
本当は毎日でも食べたいけれど
せめて販売終了になるまでにあと3個ずつくらいは食べたい



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.09.09
先日、お誕生日を迎えました

正直もう30歳を過ぎたくらいから
「あれ、今いくつだっけ?」
と本気で自分の年齢が分からなくなっているのですが、
どうやら今年で37歳になったようです。


びっくり。



自分の中では28歳くらいから
何も変わっていない気もするのだけど、
まぁそれもあつかましい話ですね

高校生の頃の記憶で言うと、
教育実習で来ていた大学生のお姉さんですら
当時の私からはすごいオバさんに見えていたから(笑)
高校生から見た今の私なんて、
もうおばあちゃんなんでしょうね
おーーー、こわっ


:::::

誕生日の数日前に、アサリくんに聞かれました。
「何か誕生日に欲しいものない?」と。
とても困る質問です。
なぜって、今は特に欲しい物がないから。

いや、きっと探せばあるのです。
ネックレスが欲しかったり、バッグが欲しかったり。
でもマメちゃんがいるから今はネックレスは無理だし、
バッグだってお洒落で小さな物は使い物にならない。
オムツや着替えがたくさん入るような
実用的な物でないと今は厳しい

となると、お誕生日プレゼントとして
何か欲しい物があるかと聞かれると、


「んー、それが無いねんなぁ。」


という答えになってしまって、
結婚して4度目の誕生日ですが、
今年もまたプレゼントはナシということで終わりそう


あ。

「お花はいらないよ。」ってことだけは
やんわりと伝えておきました。
1ヶ月前の結婚記念日みたいに
また1万円分買われたらクラクラしちゃう

* 参考記事はこちら 
→ 【私はもう、可愛くない。




** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.09.08
アサリくんと一緒に私の実家に行って来ました
いつも、


「たまにはお父さんとお母さんに
マメちゃんの顔を見せてあげた方が良いんじゃない?」


と言ってくれて、
私の両親を大切に想ってくれているのが
伝わってくるので嬉しいです。
前の結婚生活には無かったことなので、余計に。


:::::

実家の近所に住んでいる妹家族も
「マメちゃんに会いたいー!」と集まってくれました

昔は喧嘩ばかりしていたし、
妹のことが嫌いな時期もあったし、
ひとりっこに憧れたこともあったけれど、
大人になってからは、特に結婚して子供を産んでからは、

「きょうだいがいてよかったな。
姉妹っていいな。」


としみじみ感じます
今は妹のことが大好きだし、尊敬しています


:::::

そんな妹家族からお土産をいただきました。
わーーーーい、これは嬉し過ぎるっ

0187b56d19913c3f4f566e9a9c1cf8f0c98f771d70.jpg

撮影の前に我慢しきれず、
すでに一枚食べてしまっているというw

01d9c807ce8d4c1bc32df5acade68be01dd0b55af8.jpg

もうすっかり定番のハワイ土産ですねー。
ブレない安定のおいしさなので一番嬉しいお土産かも。
マカダミアチョコとかだと、
メーカーによってはチョコが美味しくなかったりするし

うちも夫婦そろってハワイが大好きなので
いつも行きたい行きたいと言っているのですが、
マメちゃんがいるから当分は無理だろうなぁ
せめてこのクッキーを食べてハワイを感じておこう

マメちゃんがもうちょっと大きくなったら
3人で色んな所に旅行に行きたいなー。
妊娠が発覚して泣く泣くキャンセルしたバリ旅行も、
いつかマメちゃんを連れて3人でリベンジ!
っていうのもこれまた素敵だな、なんて思っています。



** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.09.07