出産後は実家にお世話になっているのですが、
どこにも出掛けられずに、
もうほぼ毎日ノーメイクで過ごしています

が、アサリくんが会いに来てくれる時くらいは
一応メイクするので
実家にもクレンジングを持って来ました。


肌ナチュール リッチモイストクレンジング

01728c5c7e1228c2fe258abba06d48413be9b9ed92.jpg

出口がこういった形状なのでお気付きかもしれませんが…、

017a86c968e3f3fda61788c2d812911daee588f88d.jpg

炭酸クレンジングです

170527-0.jpg

こんな風にシュワシュワーっと泡が消えかける
まさにその時にメイク汚れと馴染んで、
こすらくなくても浮き上がったファンデーションが
スルっと肌からすべり落ちていく感じです。

010f109b909d4f46c79df904cc1c5d5accf582e7e5.jpg

これは今私が最も助かっている点なのですが、
クレンジングだけではなく、
洗顔料の役目も併せ持っているのでW洗顔は不要です。

また配合されている潤い成分のおかげで、
クレンジング(洗顔)後に肌の上にのせ、
炭酸パックとして使用することも可能。
3つのステップがこれ1本で叶います

顔に広げると、じんわりと温かくなって気持ち良い♪
こすらなくても本当にちゃんと落ちてくれるので
肌に余計な負担がかかっていないのが分かります。
(なのにウォータープルーフも落とせるらしい!)

クレンジング(洗顔)中に
マメちゃんがピーピー泣き出した時には
慌てて水気をタオルでふき取って
そのまま何もつけずに授乳せざるを得ないのですが、
その場合はちょっぴり肌が突っ張る感じがあります
もう少し洗顔後も
突っ張らずに潤ってくれると嬉しいなぁと思うけれど、
洗顔後は出来るだけ速やかに水分補給をすべきなので
まぁこれは私側の問題ですね

ただ少し時間が経った後でもスキンケアを済ませると、
お肌の質感がふっくらと変わるのが分かるので
やっぱり炭酸のチカラってすごいな、好きだなって思います



* ワクーさんのブログリポーターに参加中♪

** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.05.29
株式会社マックスさんのモニターとして
お試しさせていただくことになったバスソルト

株式会社マックス
お塩のお風呂汗かきエステ気分 シトラスジンジャーの香り


01e2f19f4f70f664e1f6c8541888cc661144403ddf.jpg

実は私は、と言うか私たち夫婦はこのシリーズが大好き
以前に別の香り(↓)を使用した時に
私だけではなくアサリくんもとーっても気に入ったので。

014e9805ac1e32678423e3bb3c7c9208b433422b0c.jpg

以前使用したのは「リラックスハーブの香り」でしたが、
今回は「シトラスジンジャーの香り」です。

011ad6325357d9a35f65cffc8fce7b9ee7f19b9a83.jpg

シトラスの爽やかさと、
ジンジャーのホットな香りがうまくミックスされていて、
リラックスしつつも、
発汗効果が期待できそうな予感がしてきます。


実際に入浴てみましたが、
やはりまず、お湯がまろやかになるんですよね
そしてゆっくりお風呂につかっていると
じんわりと汗ばんでくるので美容効果も◎です!
(入浴前に水分補給をすると、発汗作用が高まりますよ。)

お風呂上りはずっと身体がポカポカしているし、
冷えが大敵な女性にとっては有り難いバスソルト。

ひきしめ成分として
「天然塩」と「死海の塩」が使用されているので、
ひきしめ効果はもちろんのこと、
お肌がつるつるすべすべになりますよ
色と香りにも癒されるので、
やはりこの商品は大好きだなぁと改めて実感しました

お近くのドラッグストア、ホームセンター、
スーパー等で販売されているので、
もしも見つけた時にはぜひ一度お試しになってみてください



* ブロネットさんを通して
株式会社マックスさんのブログリポーターに参加中♪

** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.05.29
年齢と共に、お口の中の悩みが増えてきた気がします
若い頃は寝起きの口臭なんて気にならなかったのにな。

“黄ばみや口臭、
歯肉炎や歯ぐき下がりなどが気になり始めたら、
「歯と歯ぐきの美白&エイジングケア」を始めましょう

と、こんな歯磨き粉を紹介していただきました。


スマイルコスメティック ホワイトニングペーストエイジングケア

01d2c0a7b77f43177d4378e5d76baa36241ee62b00.jpg

卵型でコロンとしていて、可愛いですよね

01dcf26320cf71666657070ef78578501c9a9729ee.jpg

そしてただ可愛いだだけではなく、
その効能もたくさんなのです。

----------------------------------
【効能】
歯を白くする
歯周炎を防ぐ
歯肉炎を防ぐ
むし歯の発生及び進行の予防
口臭を予防する
口中を爽快にする
----------------------------------

ハミガキは少し柔らかめのため、
垂れないように気をつけながら適量を歯ブラシにのせます。

014d78d2765751decfa669bc7fe2bd2740a2599be5.jpg

口に入れるとマイルドなハーバルミントの香味で
これはとても私好みでした


「イオンクレンジング成分」と
「クリーニング顆粒」で歯を美白する、
と書かれていましたが、なんと私はたった一回の使用だけで
この効果を実感することが出来ました

最近は授乳の度にお茶(ルイボスティー)を飲み、
夜中は歯を磨かずに寝てしまっていることもあり、
着色汚れがあったせいか、一度歯磨きをしただけで
ピカーンと歯が明るくなったのを確認!
手軽に出来るホワイトニングケアに感動しました。

不必要に口の中がモコモコ泡だらけになることもなく、
低発砲なので歯の一本一本を丁寧に磨くことが出来ます。
気になる口臭ケアまで出来てしまうし優れものだし、
これは是非、夫婦で使いたい一品です!



* ブロネットさんを通して
イシュア のブログリポーターに参加中♪など

** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.05.27
きちんとお手入れはしたい。
でもじっくりと丁寧にケアするのは難しいから、
出来るだけ簡単に時短ケアが出来ると有り難い。

今の私は、まさにそんな感じ。
そんな私にとって心強い味方がこちらのアイクリームです。


TREE 目元とまつ毛のご褒美

019bcd1bcac70c277707f89d042b45ea407a686282.jpg

目元まつ毛が同時にケア出来るW美容アイクリームで、
特に「凝りの緩和」と「保湿」にフォーカスされています。
マツエクしている人でも使用OKなのも嬉しい!


PCやスマホの普及により、
現代人は自分たちが思っている以上に目を酷使しています。
その結果、クマやむくみ、小じわなど…、
目周りには様々な悩みが現れることに

それらを深刻化させないためには、
早めのケアと、それを毎日続けることが大切ですね。


:::::

朝晩2回、スキンケア後のお肌に使用します。

01866b98747a0ac4688d00e03d6253407ec8e69b42.jpg

指先に米粒大くらいの量をとって、

019ce03d74e94988155af11bf7e0cd23bedeb56a12.jpg

目元のまわりを円を描くようになじませればOK!

170525-2.jpg

上まぶたは目頭から目尻に向かって指をすべらせ、
下まぶたは目尻をのばすように円を描いて、
優しく丁寧になじませます。

固過ぎず、緩過ぎず、
ちょうど良い適度にリッチなテクスチャーでした。
べたつきがなく、夏場でも使いやすそう。


10日ほど継続使用した結果、
私はまず目周りがスッキリしてきたことに気付きました。
むくみがとれ、目の開きが良くなったように感じます
なんとなく目が軽く感じて、心地よい♪

ちなみに使用者に対して
「特に何に効果を得られたか?」
という質問をしたところ以下の回答があったそうです。

170525-4.jpg

中には「眉毛に塗ると、眉毛も生えてきた!」
といった声まで上がったとのこと。


私はあとはまつ毛が太く長くなれば嬉しいなぁ。

植物の生長に土壌の改善が欠かせないのと同様に、
まつ毛の成長には、まず土台となる目元の改善が必要。
このアイクリームをマッサージしながら目元全体に塗ることで
まつ毛にも成長環境を与えることが出来るはずっ

実際にまつ毛の変化を実感している方も
結構いらっしゃるようなので今後に期待したいです!





* TREEさんのブログリポーターに参加中♪


** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.05.25
※前回記事(↓)からの続きです。

出産レポ 【1】痛みの始まり。
http://mayurinnco02.blog114.fc2.com/blog-entry-2914.html



:::::

5月6日

11時にマンションの下まで降りて、
お義母さんからの頂き物を受け取りました。
さば寿司とまき寿司をいただいたのですが、
この日は前駆陣痛でお腹の張りと痛みがあり、
買い出し&お料理が出来る状況ではなかったので、
晩ご飯に頂いたらちょうどいいや♪と有り難く感じました。

この時の私はまだ、
まさかこの日の夜には痛みのために
食事を摂ることすら困難になるとは思いもしませんでした。



夜になるにつれてお腹の痛みはどんどん強くなり、
その間隔も定期的で短くなってきている気がしました。
そしてその波が来ると、立っていることが出来ません
リビングでくつろいでいるアサリくんに
「お腹の痛みがひどいから、寝室で横になってくる。」
と言い残し、ひとりでベッドに向かいました。

スマホに陣痛アプリをダウンロードして、
痛みが訪れる間隔と、
痛みが続く時間を記録していきましたが、
21時頃には10分感覚で波が襲ってくるようになりました。
そしてその波がやって来た時には、
四つん這いにならないと痛みに耐えられほどに
ベッドで横になっているものの、
定期的に訪れる痛みで全く眠れません。
波に襲われる度に「うぅ…。」とうなっていました。


もうこれは前駆陣痛の域を出ているような気もしました。
「もしかして、ついに陣痛なのかな。」
とも思いました。

そして迷ったのが、病院に連絡するかどうか。
初産婦は痛みが10分間隔になれば
病院に連絡するように書かれていた気がしました。

けれど私の場合は半分は初産婦で、半分は経産婦。
まだ連絡するのは早いかもしれない、とも思いました。
数日前には出血が原因で休日・夜間に病院に押しかけ、
フライング入院してしまっています。
今回もまた同じようなことになるのは避けたい、
という気持ちもありました。

そして過去に出産(死産)した時の体験から、
「本物の陣痛は、こんな痛みじゃない!」
とも感じていました。
うなるほどの痛みではあるけれど、
あの時に体験した殺人的な痛みにはまだ至っていない、
と思ったのです。

というわけで病院には連絡せず、
もうしばらく様子を見ることにしました。

:::::

もうお産は近付いているのだろう、
ということだけは分かったので、
今のうちにシャワーを浴びておこうと
痛みの波が去った直後に急いでシャワーを浴び、
体力をつけておかねばとリビングに戻って
痛みが去ったタイミングで
お義母さんからいただいたお寿司を頂くことに。

リビングでも痛みの波がやって来た時には、
床に膝まづいて椅子にもたれかかる形で
「うぅ…、痛い…。」と言いながら四つん這いになっていました。

そんな様子を見たアサリくんが、
「お寿司、切り分けてあげるわ。」
と率先して動いてくれたのは有り難かったけれど、
痛みに悶え苦しく私に対して、






「何切れ、食べられる?」



「ねぇ、何切れ食べるん?」



と、返事をするまでひたすら質問を繰り返して来た時には
「何個でもいいやん。適当に切ってよ!」(心の声)
とさすがにイラっとなりました
こちらは痛くて声も出せないのだよ…。

本当は大好物なのにこの時には食欲もなく、
食べたいと言うよりは、食べておかねばならぬ、
という気持ちで数切れを食べた程度。

この時の私は、突っ立って見ているだけのアサリくんに
「お茶(が飲みたいのでください。)」
と、単語で指示をするようになっていました


その後また寝室に戻って痛みと格闘しましたが、
何せ10分置きに襲われるので、
全く眠ることが出来ませんでした

病院にいつ連絡しようかと迷っていましたが、
翌日の朝6時になった時にやっと、
そろそろ連絡しても良いのではないかと思い、
思い切って電話をかけてみました。

事情を説明すると病院は慌てる素振りもなく、
「今から来てもらってもいいですよ。」
という感じでした。

アサリくんはまだこの時はリビングにいて、
huluを見たりゲームをしたり、時々ウトウトしてみたり…と、
のん気に過ごしていた様子でしたが(苦笑)、


「今から病院に行きたいんやけど、このまま入院になるかも。
車出してもらえる?お酒飲んでない?」


と聞くと、


「飲んでない!スタンバイしてたから!!」


とここぞとばかりにアピールしてきました
私としては、立ち合い出産に備えて
しっかり睡眠をとっておいてほしかったのに!
そんなわけで、6月6日の朝6時に、
入院グッズを持って病院へ向かうことになりました。

痛みの波が来たら普通に座っている姿勢では辛いので
助手席ではなく後部座席に乗り込み、
波が来たら座席にもたれかかって四つん這いになる、
を繰り返しながら病院へ。


結局私は、前日の夜21時から翌朝6時までの9時間、
自宅で10分置きの痛みに耐え、
この時にはもうすでに
結構体力を消耗してしまっていました



<続く>

** 「読んだよ!」の代わりにクリックを頂けると嬉しいです **
にほんブログ村 その他日記ブログ 30代 日々のできごとへ
にほんブログ村
2017.05.25